会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

会社設立の際に必要になるもの

下記のものを事前に用意しておくと、会社設立はスムーズに進みます。

資本金を用意する

法人(株式会社)を設立する際には、必ず必要になります。

重要事項を決める(会社の名前・本店所在地・事業内容・役員)

定款を作成するときに必要になります。重要事項を決めておかないと、会社設立できませんので、予め決めておきましょう。

身分証のコピー

融資を検討される方や法人携帯、法人口座など、身分証のコピーが必要になりますので、複数枚、裏表をコピーをしておきましょう。

個人(発起人)の実印と印鑑証明書

個人の方が、その住所の市町村で登録している印鑑のことで実印と言われます。

印鑑証明書は、その印鑑が登録された実印であることを市区町村役場が証明する証書です。 印鑑証明書は会社を設立していく過程の様々な場所で要求されます。会社設立の手続きでは、発起人や役員予定者の実印と印鑑証明書が必要になります。 発起人や役員予定者で実印登録されていない方がいる場合は、速やかに住所地の市町村で印鑑登録をしておくことをお勧めします。

法人の印鑑(実印、銀行印、角印)

会社の設立登記を行う際に、法務局へ届出を行う印鑑になります。代表者印などと呼ばれます。 契約書など会社として重要な場面で使用する印鑑になります。個人の実印と意味合い的には変わりません。 

他にも、会社として作成しておくと良いと思われる印鑑に、銀行印と角印があります。 設立においては必要ということはありませんが、会社実印を作成される場合に一緒に作成しておくと手間がありません。

会社設立

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事