会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

助成金

助成金とは

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取扱っている給付金のことを助成金と呼び、給付の条件を満たしていれば誰でも貰うことができ、融資などとは違って、返済の必要がありません。基本的には従業員を雇用する上で社会保険に加入していることが条件となっています。
種類としては約50種類ほどもあり、現在の自社の状況をみて、該当するものを申請していくことで、給付を受けられます。

起業時に役立つ助成金「キャリアアップ助成金」

キャリアアップ助成金とは、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、正社員化、人材育成、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度で、助成金の中で一番メジャーなものとなります。
下記に2018年現在のキャリアアップ助成金の基本的な3種類についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

(参考記事)平成30年以降の「キャリアアップ助成金」制度が変更します

①正社員化コース

※対象:有期契約労働者等を、正規雇用労働者等に転換又は直接雇用した場合。
助成額:
(1)有期→正規:1人当たり57万円
(2)有期→無期:1人当たり28.5万円
(3)無期→正規:1人当たり28.5万円

②人材育成コース

※対象:有期契約労働者等に次のいずれかの訓練を実施した場合
(1) 一般職業訓練(OFFJT)
(2)有期実習型訓練

助成額:
※OFF-JTの場合:賃金助成:1h当たり760円

経費助成:実費助成 ※訓練時間数に応じて1人当たり次の額を限度とする
100時間未満、10万円
100時間以上200時間未満、20万円
200時間以上、30万円

※OJTの場合:実施助成:1h当たり760円

③賃金規定等改定コース

対象:全て又は一部の有期契約労働者等の基本給の賃金規定等を、増額改定した場合

助成額:

(1)全ての賃金規定等を2%以上増額改定した場合

対象労働者数:
1人~3人:9.5万円
4人~6人:19万円
7人~10人:28.5万円
11人~100人:1人当たり2.85万円

(2)雇用形態別、職種別等の賃金規定等を2%以上増額改定した場合

対象労働者数:
1人~3人:4.75万円
4人~6人:9.5万円
7人~10人:14.25万円
11人~100人:1人当たり1.425万円

給付までの流れ

助成金の活用に当たっては、事前に「キャリアアップ計画」(労働組合等の意見を聴いて作成)等を 作成し、提出することが必要になります。
詳細なパンフレットは、厚生労働省ホームページに掲載してあり、その他の支給要件等もありますので、まずは最寄りの都道府県労働局、ハローワークで確認してみてください。

①人材育成コース以外

(1)労働局、ハローワークへキャリアアップ計画の作成・提出
(2)取組の実施
(3)支給申請

②人材育成コース

(1)労働局、ハローワークへキャリアアップ計画の作成・提出
(2)訓練計画届の作成
(3)訓練計画届の提出
(4)訓練の実施
(5)支給申請

最新の助成金情報

HAJIMERU01.comではリアルタイムで助成金の情報をお届けしておりますので、下記よりご確認ください。

助成金 新着情報

補助金/助成金

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事