会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

レンタルオフィス/シェアオフィス

これから事業を行う為のオフィス選びの際、通常のテナント/オフィスを借りるのではなく、「レンタルオフィス」「シェアオフィス」などをご検討されている方も多いかと存じます。今回は各オフィス(スペース)のメリットとデメリットを紹介します。

オフィスの種類について

オフィスには主に4種類あり
「レンタルオフィス」「シェアオフィス」「コワーキングスペース」「バーチャルオフィス」があります。種類によって使用用途や価格が異なりますので、自身の用途に合わせて、決めていくことが大切です。

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、業務に必要なイス・机・執務空間・情報機器等を備えたオフィスを、自前で賃貸借契約を結んでビルオーナーなどから事務所を借りるよりも低い初期費用で借りる事ができる貸事務所の総称です。提供サービス、課金方法等の違いでいろいろなタイプに分類できます。一般的にレンタルオフィスは個室となっていることが多いです。

(参考記事)起業検討者必見!レンタルオフィスのメリットとデメリット

シェアオフィス

シェアオフィスとは自社だけではない複数の入居者がフリーアドレスタイプで使用するものです。レンタルオフィスが個別の占有スペースがあるのに対し、シェアオフィスには基本的にはありません。その為、安価で利用でき、仕事場として高い機能を持ちます。

(参考記事)シェアオフィスを探す5つのポイント

コワーキングスペース

コワーキングスペースもシェアオフィスと同じようなフリーアドレスタイプですが、シェアオフィスとの違いは、入居者同士がコミュニケーションを図り、繋がりを形成することでビジネスを後押ししている事が特徴です。

(参考記事)起業家にお勧め! コワーキングスペースとは

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは仮想の事務所のことで、主に住所貸しのオフィスとなります。オプションで、電話や郵便の転送や、秘書代行サービス、貸し会議室など、運営会社によって提供されるサービスは異なります。ここで法人の方が注意しなければならないのが、本店所在地として、契約するバーチャルオフィスの住所を使用できるかということです。

(参考記事)起業家必見! バーチャルオフィスとは?

価格帯について

一般的に下記のように、個室があるレンタルオフィスは賃料が高く、バーチャルオフィスは住所貸しの為、賃料は安くなります。また、エリアによっても価格の違いがあり、住居用の賃貸と同じ感覚で調べていくと良いかもしれません。

(賃料高) レンタルオフィス>シェアオフィス>コワーキングスペース>バーチャルオフィス (賃料低)

オフィス選びの際の確認事項

オフィスを選ぶ際、主に下記の確認が必要です。

・会社登記
・公的融資
・法人口座開設
・許認可
・社会保険/雇用保険
・荷物の受け取り
・セキュリティ対策

注意したい点は、バーチャルオフィスで、「住所貸し」という要素が強い為、上記の融資など金融機関や国が絡んでいるようなものに申請をする際は、審査する側からオフィス認定がされにくく、実態がわからない会社と判断されてしまう可能性があります。

融資などを検討している場合は、バーチャルオフィスは極力避けることをおすすめします。

その他

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事