会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

シニア人材活用のメリットとシニア雇用による助成金をご紹介


今後の日本にとって、少子高齢化が進み若い労働人口が減少する中、慢性的な人材難となっている日本において、65歳以上の高齢者をどう人材源として活用していくかは、企業にとって重要な課題となっています。しかし、特に若い起業家などは、ジェネレーションギャップも大きく、有効活用できていないのが現状です。

今回は、シニア活用のメリットとシニア雇用による助成金をご紹介します。

シニア活用のメリット

シニア世代を活用にするにあたり、どのようなメリットがあるのでしょうか?活用のメリットを5つご紹介します。

フレキシブルな勤務形態に対応できる

65歳をすぎても就業意欲のあるシニア層は、フルタイムでの仕事へのこだわりが少なく、空いた時間を有効活用することを目的としている場合も多いため、イレギュラーな曜日・時間の勤務形態も受け入れてくれやすいので、フレキシブルな勤務形態に対応できます。

即戦力としての活躍が期待できる

シニア層は、豊かなノウハウ・技能・技術・人脈を持っているため、職場の即戦力としての活躍が期待できます。

若手従業員の育成に効果が期待できる

これまでに培ってきた知識や経験、スキルなどはスペシャリストとしての役割だけでなく、豊かな社会人経験を生かして若手従業員の教育を任せることもできるでしょう。また、トラブル発生時にはリーダーシップを発揮して問題解決に導いたり、管理職に従事する中堅社員をサポートしたりと、組織のマネジメント面での効果も期待できます。

シニア層の顧客からの信頼を得られることが出来る

企業にとって、急激な高齢化は従業員だけでなく、商品やサービスの対象となるお客さまにも高齢者が多くなることを意味します。特にエンドユーザーとの対面機会があるビジネスにおいては、高齢のお客さまに対して若いスタッフが対応するよりも、同世代の高齢者スタッフの方がコミュニケーションも円滑になり、スムーズな対応が可能となるケースも多くあります。

国からの支援が受けられる

高年齢者雇用に関する助成金を活用することで、人件費を抑えることも可能です。

シニア人材活用の注意点

シニア人材の活用について、メリットもあればデメリットもあります。

まずは、シニア人材は体力・健康面での不安が否めません。そのため、身体的な負荷の高い業務がある場合、採用後の活躍が難しいという懸念があります。

そして、若手従業員との兼ね合いで、人材配置に気を使う必要があります。現在の業務・組織を吟味した上で、企業、シニア人材の双方が満足できるポジションを用意していきましょう。

シニア雇用による助成金

政府も力を入れている分野であり、様々な支援をしています。ここでは一部ではありますが、3つの助成金をご紹介します。

65歳超継続雇用促進コース

「A.65歳以上への定年引上げ」「B.定年の定めの廃止」「C.希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入」のいずれかを実施した事業主に対して助成を行うコースです。

高年齢者評価制度等雇用管理改善コース

高年齢者向けの雇用管理制度の整備等に係る措置を実施した事業主に対して、一部費用の助成を行うコースです。

高年齢者無期雇用転換コース

50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換させた事業主に対して助成を行うコースです。

①~③のシニア活用の助成金については、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のHPからご確認ください。

まとめ


これから先、生産年齢人口はますます減少し、労働力不足はさらに深刻化します。そうなる前に、助成金などを活用して、いち早くシニア活用のための知識を増やしておきましょう。

いざシニア人材を採用しようとしても、実際には採用に至らない、または採用してもスムーズに仕事が回らないなど、障害があるのも事実ですので、シニア世代雇用を検討している企業は、しっかりとした体制や準備をしましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事