会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

合同会社を作るメリットデメリット


合同会社(LLC)とは、新会社法によって、認められた新しい会社の形態です。合同会社(LLC)は、出資者全員が間接有限責任社員によって構成される会社形態になります。

近年、起業の形態として、株式会社や個人事業主(フリーランス)だけでなく、合同会社という形態が増えてきております。合同会社は、これから起業する人にとってとても便利な側面がありますので、参考にしてみてください。

合同会社とは?

合同会社とは、出資者の全員が有限責任社員となって構成する法人になります。 株式会社では、出資者(株主)はお金を出すだけで、経営をするのは取締役などの役員になります。しかし、合同会社では、出資した人が経営もするということです。合同会社はこういった特徴を持つ法人形態になります。

  • 有限責任社員は、出資額までの責任を負う社員
  • 無限責任社員とは、制限なく、会社の負債の責任を負う社員

会社が返済できないとしたら、無限責任社員は、自分の財産をお金に変えてでも返済する義務があります。ただし有限責任社員の場合、自分の財産にまで返済の手が及ぶことはありません。

合同会社のメリット

6万円で設立可能

合同会社は6万円で設立する事が可能です。(登録免許税6万円のみ)

株式会社の場合、登録免許税(15万円)と定款承認(5万円)で、20万円の費用が掛かりますので、合同会社のほうが、14万円も安く設立できます。

ランニングコストが安く、設立手続きが簡単

決算公告義務がないため、官報掲載費6万円が掛かりません。また役員の任期がないため、重任登記が必要ないです。

登記に必要な書類も少ないため、速く簡単に設立できます。

株式会社と比べて、経営の自由度が高い

合同会社では利益の配分を、出資比率に関係なく社員間で自由に決めることができます。

組織に複数の経営者がいるような場合には取締役会を設置する取締役設置会社となることが考えられますが、株式会社の場合には取締役会を置く場合には監査役を必ず置かなくてはならないなどの法律上のルールがあります。

合同会社の場合にはこうしたルールは基本的に存在せず、会社の根本ルールである定款に職務内容を定めることによって自由に組織運営を行うことが可能になります。

また株主総会も必要ないため、迅速かつ簡単に経営上の意思決定が行えます。

株式会社と同様に法人の節税メリットがある

税務的には、株式会社とまったく同じです。個人事業主よりも経費の範囲が広がります。

具体的には、携帯電話の通信料などが法人名義であれば、すべて、経費として認められます。

有限責任である

株式会社と同じく法人ですので、社員(株式会社の株主に当たります)は、出資の範囲内で有限責任を負います。これは株式会社と同じですが、個人事業主と比較してメリットといえます。

合同会社のデメリット

知名度が株式会社に比べて低い

日本では株式会社に比べると合同会社は知名度が低いです。
採用時に求人をする際に、合同会社だと株式会社よりも、人材が集まりにくい可能性があります。

取引先の信用度が低い

相手によってですが、合同会社とは取引しないというところもある可能性があります。
取引先がこだわらない業態かどうかで判断したほうがよいでしょう。

上場はできない

株式会社ではないので、上場することができません。
上場を見据えている人は、最初から株式会社にした方が良いです。

金融機関からの信頼性

合同会社は2006年から始まった法人種別になりますので、金融機関からの審査を受ける時には、良くも悪くも(事業を初めてまだ10年前後の新しい会社)というイメージを持たれることになります。
その為、会社の信用力を判断するための一つの要因となりますので、この点は合同会社を選択した場合には不利に働く可能性があります。

まとめ


合同会社は株式会社と同じく節税のメリットがあり、設立費用も抑えることが出来ますが、株式会社同様に、法人住民税の負担や社会保険加入が必須になりますので注意しましょう。

そして、株式会社のように、上場はできないため、高額な資金調達は期待できません。資金調達の面を踏まえると、今行っている事業規模が小さく、今後拡大する予定のない方に向いています。途中で規模を拡大したくなった場合、株式会社への変更も可能になります。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事