会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

『パラレルワーク』という働き方について


以前までは、日本の働き方として終身雇用が一般的でしたが、最近になり、働き方改革、ワークライフバランスなど様々な働き方が増加しています。その中でパラレルワークという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

今回は、パラレルワークという新しい働き方について解説していきます。

パラレルワークとは?

パラレルワークとは同時並行でさまざまな仕事をすることを言い、複数の収入源をもって、1つのビジネスに依存しない働き方のことを指します。

従来は終身雇用が一般的で、1つの会社に定年まで勤めあげるのが普通でしたが、最近では、1社に定年まで勤め上げられる可能性は、さほど高くないのが実情です。こうした背景を受けて、最近はパラレルワークをはじめとした新しい働き方が増えているのです。

そして、パラレルワークと言っても、そのスタイルはさまざまで、複数の企業に勤めるだけに限らず、NPO法人に携わったり、個人でサービスをはじめたりするなど、いわゆる社外活動も含まれてきます。

パラレルワークは副業とは違う?

複数の仕事をすると聞くと、副業という人がいると思いますが、『副業』と『パラレルワーク』は違います。

副業とは、本業(例えば会社の仕事)があっての副業というわけで、どちらかというとお小遣い稼ぎのようなイメージが強いと思います。パラレルワークには、そもそもメイン(=本業)とサブ(=副業)のくくりがありません。つまり全てが本業になるのです。

パラレルワーク選択の背景

そもそもなぜパラレルワークに注目が集まるようになったのでしょうか。主な理由としては以下が挙げられます。

  • 収入を増加させたい
  • 新しいことにチャレンジしたい
  • ワークライフバランスを実現したい
  • 独立する為のフックにしたい

上手くパラレルワークを実践すれば収入は増加しますし、やってみたかったことにトライすることもできます。複数の収入源があることで、リスク分散を図りたいという意見もあります。またパラレルワークを通して経験を積むことで、新しいキャリアに挑戦したいという考えもあるようです。

パラレルワークのメリットデメリット

メリット

メリットは、なんといっても収入が増えることでしょう。パラレルワークでは収入面を気にしない方も多いのですが、メインの収入源をしっかり確保しつつ、収入の増加を期待できることもあるでしょう。そして、本業のがうまくいかなかった場合も、パラレルワークをしていればリスク分散ができます。安心してキャリアを積み上げることができるというのもメリットになります。

最後に、長期的な視点で活動やキャリアを描けるようになるのもメリットです。新しい取り組みや未経験の仕事についてもチャレンジできる為、いくつか収入減が確保することが出来るパラレルワークでは、目の前の利益・収益に焦ることなくじっくりと長期的に取り組む事が出来ます。

デメリット

パラレルワークを行うということは、実質的な労働時間が増えるということになります。その為、それぞれの仕事への時間のかけ方や労力など、タイムマネジメントをよりしっかり行う必要があります。

また複数の仕事を同時並行すると、どうしてもスケジュールを詰め込みがちになってしまいます。最初はハードスケジュールをこなせていたとしても、慣れないことをいくつも始めてしまうと体調を崩してしまう原因にもなります。

まとめ


パラレルワークという言葉と似ている言葉でパラレルキャリアという言葉があります。この言葉は、仕事以外に「生きがい」を見つけるという意味です。自分らしさを表現する為にも、仕事もプライベートもトータル的に考え方を見直すことが大切になります。

パラレルワークにはメリットもデメリットもありますが、まずは自分がこの働き方で幸せになれるか、目的に達することが出来るのかを考えていくことが大変重要になってきます。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事