会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店探訪日記】~人気タピオカ店の特徴と違い 新宿 編~


まず、タピオカミルクティーの発祥は1980年代の台湾とされています。ミルクティーに大粒のタピオカと氷を入れて混ぜ、太めのストローで飲むのが一般的で1990年代には台湾を代表する国民的飲料水となり、のちに世界にも広く浸透していきました。徐々に、日本にもその名が、美味しさが広まるようになり、近年日本でタピオカミルクティーのちょっとしたムーブメントが起きているのをご存知だと思います。

今回は、その人気の秘密に迫るべく都内人気タピオカ店の特徴と違いを考察しました。

カップのサイズが小さめで飲みやすい「春水堂」

春水堂
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエストB1F
営業時間:10:00~22:00(土日祝〜21:30)
定休日:不定休
春水堂 HP

まず、最初の店舗はタピオカミルクティーの発祥の店と言われている「春水堂(チュンスイタン)」現在日本国内では都内を中心に9店舗を展開しております。タピオカミルクティーの発祥店としても知られる台湾茶店の代表的なお店です。1983年に誕生し、その後タピオカミルクティーのブームを台湾に巻き起こしたタピオカ界のパイオニアです。


春水堂の店構えはどの店舗も落ち着いており、麺類等の食べ物も豊富なのが特徴で、タピオカは、他の店舗と比べるとサイズが少し小さめだからこそ飲みやすく、じんわり甘い味が癖になります。客層は25~50代まで幅広いみたいです。

味わいが柔らかく、のどごし爽やかで何杯でもいける「Gong Cha」

Gong Cha新宿東南口店
住所   東京都新宿区新宿3-35-6新宿AUNビル1階
営業時間 11:00〜22:00
店休日 不定休
Gong Cha(ゴンチャ)HP

台湾ティー専門店の「Gong Cha(ゴンチャ)」。2006年に台湾で誕生したゴンチャは世界に1400店舗以上展開するティーブランドです。日本には2015年に上陸を果たし表参道や中央線沿線に店舗を出してましたが、本格参戦をしたのは2017年末の渋谷と新宿出店です。そこから世間のタピオカブームの波に乗っかり出店数を増やし続け、今では日本のタピオカブームを代表するお店となりました。現在日本国内では都内を中心に15店舗程を展開しており、店舗数は著しく増え続けております。


Gong Chaの店構えはどの店舗も華やかで一見するだけでタピオカ店だと分かるような見せ方をしてあります。間口が広くガラス張りなのも特徴の一つと言えるでしょう。客層は20代~50代まで幅広く万人受けしている印象が有ります。他の店舗のタピオカは芯がありハードな食感が多いですが、ゴンチャのタピオカはやわらかく、芯の固さを感じさせません!

安価でたっぷり飲める事で若年層に人気!味変更や氷の量が自由に調整できる「CoCo都可」

CoCo都可
住所: 東京都新宿区西新宿1丁目16-10
電話: 03-6861-9191
営業時間:平日11:00〜22:00 土日祝 11:00〜22:00
CoCo都可 HP

世界で人気のタピオカドリンク専門店 ”CoCo都可”1997年に台北に第一号店をオープンさせ、20年の月日を経て現在は世界各国に2000店舗以上展開する老舗チェーン店です。日本に第一号店となる渋谷センター街店が誕生したのは2017年2月のことで、店舗数は著しく増え続けております。


店構えはポップなイメージでとても愛嬌のあるロゴを冠しています。客層は他のタピオカ店と違い若年層を中心としています。

日本発のタピオカドリンク専門店 「Pearl Lady」

Pearl Lady
住所: 東京都新宿区新宿3-27-10
電話: 03-3355-6885
営業時間:11:00~23:00
Pearl Lady HP

今回ご紹介するお店の中で唯一の日本発のお店となるPearl Lady。東京に多くのお店を構えるPearl Ladyですが、日本全国各地に幅広くチェーン展開しております。


飲みやすいサイズで、お手頃価格、さらにデザート感覚でいただけるドリンクといったイメージです。カラフルでキャッチーなキャラクターが印象的なお店は、10代の若い女性を中心に根強い支持を集めています。

【飲食開業者から見た】他飲食店に取り入れてほしい所

他店との違いと付加価値

大人気のタピオカですが、ブームに乗じて開店すると非常に危険です。ブームの渦中にあるにも関わらず、お客の入らないお店も中には有ります。一過性のブームに頼りすぎず、他店との違いや付加価値を明確にし、適切な広報活動が人気店に通ずるので是非参考にしてください。

立地

上記でご紹介したお店には共通しているものが抜群のアクセスと一等地の路面店です。小売店舗では単価を上げるのが難しい為、回転数が必要となります。やはり、人口の母数がないと、継続して利益を確保するのが難しい為、物件取得は何より重要でタピオカ店営業の肝になる部分です。

仕入れが難しい

想定外のブームによりタピオカの原材料が需要に対し供給できていない現状が有ります。原価高騰により、採算が取れなくなる可能性がある為、開業前に仕入れルートを確認しておくことが必須になります。

まとめ

同じタピオカミルクティーでもお店ごとに特徴があり、そのお店でしか飲むことのできないドリンクもたくさんありますので、是非一押しのお店を見つけてください!開業を検討されている方は海外人気店の日本上陸店舗が増えてきていますのでマメにウォッチして人気の理由を探りつつ、参考にできる部分は取り入れてみてはいかがでしょうか?人気店のメニュー戦略や販促を見習うことは、繁盛店への近道となるかもしれません。

※あくまで飲食店経営者目線で、こちらの意見ですので、お店の意図としていることに相違があるかもしれないことをご了承ください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事