会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【起業検討者必見!】シェアオフィスのメリットについて解説


近年、働き方が多様化しており、様々なスポットで仕事する人が増えてきました。そんな中で注目を集めているのはシェアオフィスです。

今回は、シェアオフィスのメリットについて解説していきます。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは文字通り、「第三者と共有して使用するオフィススペース」のことです。通常のオフィスのように、社内の人間だけが作業しているわけではなく、社外の人と一緒に使います。一般的には個室のオフィススペースを囲むように共有スペースなどが配置されておりその共有スペースで入居者同士の交流などが行えます。

また、物件によってはミーティングスペースなども設置されている場所もありクライアントとの打ち合わせ等に使う事ができたり、会議室や喫煙スペースがあったり、設備としてフリードリンクや無料WiFiが付随する物件も増えてきています。現在では会社登記が出来るシェアオフィスもあり、本格的なビジネスの拠点としての使い方も可能となってきています。

レンタルオフィスやコワーキングスペースとの違いは?

レンタルオフィスとシェアオフィスの違い

レンタルオフィスとシェアオフィスの主な違いは、専用の個室の有無です。レンタルオフィスでは原則的に企業ごとに専用の個室があり、デスクなどの備品も備え付けられていることが一般的です。鍵などのセキュリティも充実しています。備品を持ち込んで保管できるため、利用者は自分で固定電話やPCを持ち込み仕事します。普通の貸事務所と比較してもかなり安い値段で借りることができるメリットがあります。

対して、シェアオフィスは基本的にデスクを共用し、個室完備の場所であってもたいてい専用の固定電話は無く、PCや書類などをその都度持ち込む必要があります。ただし、運営会社によってはPCなどを保管するロッカーを設置している場合もあるので、その場合は重たい荷物を持ち運びする必要はありません。

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペースもシェアオフィスも、複数の人が同じスペースをシェアして仕事をするという意味では同じですが、異なるのは、シェアオフィスやレンタルオフィスが施設ありきなのに対して、人の参加を軸に運営されるのがコワーキングスペースであるという点です。コワーキング=協働の意味合いを持つので、原理的なコワーキングスペースの定義は「コミュニティが中心にある」ということになります。シェアオフィスをワークスペースとして利用しようとするとき、「どんな施設か?どんなサービスが利用できるか?」が検討のポイントになりますが、コワーキングスペースを選ぶ場合はそこに集う人たちがどんな志向を持っているか、どんなつながりを作っているかという部分になります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

シェアオフィスのメリットとは?

では、シェアオフィスにはどんなメリットがあるのでしょうか?

オフィス賃料が格安になる

最大のメリットは、オフィス賃料が格安に抑えられることになります。特に首都圏(東京都23区など)のオフィス賃料が高いエリアでは顕著です。

オフィス用賃貸マンションやビル、個室のあるレンタルオフィスは、自分だけのスペースを占有する為、月額料金が高くなってしまいますが、シェアオフィスであれば月額料金もお得に契約できます。

ランニングコストが削減できる

インターネット回線、水道光熱費、書籍代、などのランニングコストも毎月負担することを考えると結構な金額になりますが、シェアオフィスではこれらが利用料に含まれているということが一般的です。そうなると賃料の差額以上の金銭的なメリットがあります。

好立地の場所を借りやすい

自分でオフィスを契約する場合、費用面を考慮すると都心や駅から近い所などに借りるのは難しくなってしまいます。月額料金や初期費用を抑えると、どうしても立地条件が悪くなってしまいます。しかし、シェアオフィスの場合は立地の良いスペースを低価格で利用可能で、なかには駅直結のビルに入っているシェアオフィスもあります。

ネットワーク構築・人脈を広げられる

シェアオフィスも利用者間でのコミュニケーションがとられる場所になりますので、ビジネスの幅を広げていきたいと考えている方には大変メリットになります。

共有スペースを自由に使える

シェアオフィスは、共有スペースが充実している場合も多く、休憩スペースやミーティングルームを自由に利用できるメリットがあります。仕事に煮詰まったときにも、クライアントとの打ち合わせにも、まさにPC一つ持ち歩いてどこででも仕事が出来ます。

シェアオフィスのデメリットとは?

低価格で作業スペースを契約できるシェアオフィスは魅力的ですが、利用する際にはデメリットもあります。

セキュリティが弱くなる

個室や鍵付きのスペースがないシェアオフィスは、どうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。データや個人情報の漏洩を防ぐためには、離席するたびにパソコンや書類を持ち歩かなければなりません。

あなたのビジネスが多額の現金を扱う仕事だったり重大な個人情報を扱う仕事であればシェアオフィスを選ぶという選択肢は事業のリスクヘッジの観点から賢い選択とは言えません。

雑音が聞こえる可能性がある

個室スペースがないシェアオフィスでは、電話や会話が他の利用者に聞こえてしまいます。作業スペースでは大きな声で話せない場合も多く、電話のたびにオープンスペースに移動しなければなりません。まずは内覧で、雰囲気を確認してみることをお勧めします。

シェアオフィスに『オススメ』な入居者

ここまでシェアオフィスのメリットデメリットをご紹介してきましたが、ではどんな入居者にお勧めなのでしょうか?

起業直後の人

起業時のまだまだ事業の規模や掛かる経費が固まっていないステージの人にお勧めします。起業時には出来れば余計なお金をかけたくないところですし、シェアオフィスであればビジネスの規模に合わせて引っ越しをする事も容易ですので起業時・スタートアップの方にはシェアオフィス最適な選択と言えます。

様々な業種や職種の人と積極的にコミュニケーションを取りたい方

シェアオフィスという特性上常に様々な人が出入りをします。そこで様々な業種の人とコミュニケーションを取り新たな事を生み出したいというモチベーションが高い方にもシェアオフィスには向いています。

シェアオフィスに『向いていない』入居者

対面で販売を行う業種や、作業に比較的広いスペースを必要とする業種、特殊な設備や機材をオフィス内に設置する必要がある業種、営業で外回りが多い業種の場合は、不向きといえます。

まとめ


いかがでしたでしょうか?起業時にシェアオフィスで業務開始するメリットは沢山あります。シェアオフィスのデメリットが気にならない方は、ぜひシェアオフィスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト