会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】これから物件選定をする方が知っておきたい『商圏調査』について解説


飲食店を開業するにあたり物件選びは大変重要です。飲食店は約7割が立地で決まるともいわれています。そして物件選びで重要になってくるのが商圏調査です。

今回は、これから物件選定をする方が知っておきたい『商圏調査』について解説していきます。

商圏とは?

商圏とは、お店の利用者やターゲット層が生活や仕事をしている範囲のことです。基本的に飲食店商売の主要な範囲ということになります。業種や業態が異なれば、商圏も異なります。例えば、コーヒーショップ・カフェなどは極めて商圏は狭く、レストランなどであれば商圏は非常に広いと考えることができます。

目安として、住宅地のコーヒーショップ・カフェであれば徒歩5~10分以内、駅前商店街にあるレストランであれば3駅隣まで、郊外の駐車場付きのファミリーレストランならば車で20分圏内というように、立地や業態によって商圏の範囲は大きく変化します。そして、お店の業態や出店する場所が、乗り換えができるターミナル駅なのかビジネス街なのか住宅街なのかなどの街の特性によって商圏が変わってきます。

商圏とは単純に店からの距離だけで決まるものではありません。しっかりと商圏を理解、正確に見極めることができれば、様々な戦略を練りやすくなります。

商圏調査の方法

情報を調べる

ただ漠然と物件の周りを見たり、周辺の競合店を確認するだけではなく、まずは商圏エリアを知ることから始めましょう。パソコンや紙の地図で山・坂、河川、幹線道路、線路などを確認し、来店者が来ないであろう要素を探しましょう。そして、駅、大型の施設(工場、公園、商業施設等)など人が集まる場所をチェックします。更にターゲット層(例えば主婦がターゲットであれば幼稚園や学校など)が集まりそうな場所をチェックします。

次に、人口の特性を調整する為に、総務省統計局が整備し、独立行政法人統計センターが運用管理を行っているe-Statなどを使ってターゲット顧客層がどこに住んでいるかを大まかに把握しましょう。

実際に商圏に行ってみる

次に、実際に商圏に行ってみましょう。業態が似ている店舗や多店舗など、客単価、客層、店舗の宣伝の仕方などを調査しましょう。更に、商圏内の「通行の流れ」を確認することも大切です。実際に徒歩や自動車などで移動しながら調査することもお勧めします。

最後に、事前に調べている情報と、商圏に行ってみた生の情報を合わせてみて判断することが得策です。

商圏調査の注意点

商圏の範囲は常に変化しています。近隣にショッピングセンターができたり、幹線道路が整備されたり、個人単位のレベルでは引っ越しや出生、死亡等があり、町自体を考えると20年から30年の期間で世代交代が行われ、子どもの世代が転居、独立をしていきます。このような理由で、商圏は広くなることも狭くなることもあります。常に商圏内の情報を収集し、柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。また、競合店等が閉店していないかの確認も定期的に行うべきです。突然売上が増え、原材料の欠品やオペレーションの混乱を防ぐこともできます。

特に、商圏を広く設定している場合は、同業種だけでなく異業種やインターネットサービスの影響も受けやすくなり、競合が多くなることも。広い視野でリサーチを継続しましょう。反対に商圏を狭く設定している場合には、商圏外の影響を受けにくいものの、悪い評判が広がりやすいというデメリットがあります。地域に根ざしたサービスの提供がカギになるでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?商圏調査は細かく調べようとするとかなり時間がかかりますが、前述でもお知らせしましたが、飲食店は約7割が立地で決まるともいわれていますので、時間が許す限り綿密に調べておく事をおススメします。

そして、自分だけで調べていると偏ったデータになってしまう可能性がありますので、他の飲食店経営者等に話を聞いてみましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事