会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

コンサルタントで独立するポイントとは?


起業・開業のお手伝いをしていると、「〇〇コンサルタント」として検討している方が多いです。世の中にコンサルタントは山のように存在しますので、仕事が確保できなければ食べていくこともままならないという厳しい世界でもあります。

今回は、コンサルタントで独立するポイントをお知らせしますので、検討している方は参考にしてみてください。

コンサルタントとは?

コンサルタントは、企業からの相談に応じて、経営戦略の見直しや再建、財務や組織力の強化をお手伝いするアドバイザーのことです。

コンサルタントの種類は、経営コンサルタントをはじめ、マーケティング系コンサルタント、IT系コンサルタント、広告コンサルタント、人材コンサルタント、企画運営コンサルタント、事業開発コンサルタントなど多岐にわたりますが、「企業の経営や課題に対していかに立て直すのか」というのが最大の任務になります。

コンサルタントで独立するメリット

コンサルタントでの独立するには、以下のようなメリットがあります。

売上=ほぼ収入

コンサルタントは、在庫はもちろん、固定費や製作費等もほとんどかかりませんので、売上=ほぼ収入になります。大手企業のコンサルティング業務を行えば、報酬が数十万から数百万といったことは珍しくありませんので、大きな利益を生むことが出来ます。

働く時間や場所が自由

基本的に働く時間や場所に縛られることはありません。落ち着ける場所で新しいアイデアを考えたりすることもでき、平日も休日も関係なくプライベートも満喫できます。

初期投資がほとんどかからない

事務所は自宅でも可能ですし、パソコン、携帯電話、名刺、ホームページなどがあれば、すぐにでも仕事を始めることが出来ますので、基本的に多額の初期投資が要らない業種です。

お金の借入も不要

初期投資もほとんどかからりませんので、仕入れなどは不要です。最初から社員を雇用する必要もないため、創業融資などの資金調達が不要なケースがほとんどです。

在庫を持つ必要がない

売るのは知識・情報であって、モノを販売するのではないため、在庫を抱えるリスクがありません。

コンサルタントとして起業・独立する際のポイント

コンサルタントとして独立する際に、特に意識するべきポイントは以下になります。

専門分野をより明確にする

コンサルタントとして世の中に認知してもらうために重要なポイントのひとつが、専門分野の明確化です。世の中にはコンサルタントと呼ばれる人達は多くいます。 ざっくりとしたくくりではなく、なるべく細分化した専門分野に絞り込み、それをわかりやすく表現するのがコツです。自分が世の中で唯一の存在か、実績ナンバーワンになれるまで、思い切って絞りこむことをオススメします。

何を提供できるか

コンサルタントとしての成功に必要な要素の一つが、独自ノウハウが提供できるかどうかです。コンサルタントは知識や情報が商品ですが、日本人には情報に対してお金を支払う習慣があまりありません。お金を払ってまで手に入れたい独自ノウハウを提供できるようになることが成功のポイントです。

ブランディングを意識する

多くのコンサルタントが世の中に存在する以上、その中で埋もれないようにすることが重要です。そのためにも、どうやってブランディングを進めていくのかを意識しましょう。ただ、独立して一気にブランディングができるものではありませんので、まずは一歩一歩実績を積むこと、その実績を上手にアピールして一段上のステージに進みながら認知度を上げていくこと。このサイクルを繰り返しながら世間の認知度を上げる努力をしていきましょう。

いきなり起業に不安になる方はこれをしておきましょう!

無料でコンサルティングをしてみる

コンサル起業する前に、まずは有料ではなく無料でコンサルティングをしてみてください。当然、有料よりも無料の方がクライアントに とっては申込のハードルが低いので、多くクライアントが集まってくる可能性があります。そこであなたがコンサルタントとしての経験、実績を積んでいくことができれば有料化する自信も出てきます。

そして、数多くのコンサルティングを行う事も重要で、多くこなして、クライアントからのフィードバックを貰い、検証していけば、何を求めていて、何に対して対価を支払ってくれるのかを把握することが出来ます。

SNSやブログで発信する

自分の実績、経験、知識、ノウハウを積極的にアウトプットするのも効果があります。アウトプットしたものはSNSやブログにあげましょう。この作業を行うと、あなたの知識やノウハウが明確になるため、クライアントにも伝えやすくなり、結果、コンサルティングの成果もアップします。

ここで重要なのは「発信し続ける事」です。中途半端に行い、更新しないと相手にも中途半端にとらえられてしまい、かえって逆ブランディングになります。

副業からはじめてみる

コンサルティングで独立をしたいと思っているなら、現在、本業をお持ちだと思います。まずは、その本業のかたわら副業として、コンサルティングビジネスをスタートさせることも得策です。

全てなげうってコンサルティングで独立して収入がないのも不安になりますので、まずは副業ではじめて検証し、顧客や成功パターンを見つけてから独立すればリスクがなくなります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?コンサルタントの独立は在庫を持つ必要がなく、売上=ほぼ収入になることからリスクが少ない起業です。但し、コンサルタントを生業としている人は世の中に多く存在しますので、独自性・専門性をもって、不安な人は副業から始めることを検討していきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事