会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【販路開拓】新しく顧客を増やす方法とは?


新たな販売先を探す「販路開拓」は、起業後、大変重要になります。しかし販路開拓の意味は理解していても、具体的に実践する方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、販路開拓方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

新規販路開拓方法15選

販路開拓する為に、多額のお金をかけるのは得策ではありません。自社にあう販路開拓方法を見つけることが重要になります。主な販路開拓方法は以下になります。

  • ホームページ
  • ネットショップ(自社)
  • ECモール
  • ブログ
  • SNS
  • 動画共有サイトによる情報発信
  • 口コミサイトによる情報発信
  • 業界紙や専門誌の掲載
  • ネット広告
  • 広告代理店の活用
  • 紹介
  • 展示会や見本市への出展
  • ダイレクトメール
  • ビジネスコミュニティへの参加
  • 飛び込み営業

ホームページ

ホームページのコンテンツを充実させることは企業としてのイメージアップにつながります。現在、安価でホームページを作れるサービスが増えてきており、システムに詳しくない人でも手軽に作ることが出来ます。

(参考記事)【初心者でも分かりやすく解説】起業家必見!ホームページ制作について

ネットショップ(自社)

インターネット上に「商店「となる Web サイトを構築し、消費者に商品を販売する方式。システムが稼働していれば、実店舗とは異なり、24時間販売が可能になります。

(参考記事)インターネット通販で起業をしたい方必読!ネット通販サイト構築の基礎知識

ECモール

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのようにネットショップを集めた電子商店街。独自の集実が難しい小規模ネットショップにとっては、ECモールに出店することで認知度の向上や実数の増加が期待できます。集客はできる一方で、同じ商材を販売している競合が多かったり、モールの使用料がかかったりというデメリットもあります。”

(参考記事)モール型ECサイト 楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングに出店するメリットとは?

ブログ

ある特定の商品、サービス等に関する記事を公開して集客する方法。ブログを見たユーザーが問い合わせたり、商品を購入したりする効果があります。最近ではコンテンツマーケティングという、ユーザーにとって有益なコンテンツの作成、発信を通してファンを獲得し、契約や購買につなげていくという手法も注目されています。”

SNS

友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といった共通点や繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供するサービスで、パソコンやスマートフォンアプリなどで閲覧・利用することができます。サービスとしては、代表的なものとして「Facebook」(フェイスブック)や、短いつぶやきを投稿・共有するマイクロブログ型の「Twitter」(ツイッター)、写真の投稿・共有を中心とする「Instagram」(インスタグラム)、ビジネス・職業上の繋がりに絞った「LinkedIn」(リンクトイン)などが有名です。その他、チャットや音声通話などを提供する「LINE」(ライン)など、さまざまなツールがあります。

(参考記事)【起業時に使えるSNS まとめ】起業・開業時に活用した方がいいSNSの利用方法などをお伝え!

動画共有サイトによる情報発信

動画共有サイト、とくにYouTubeで情報発信を行うといった販路拡大方法も効果的です。現在、企業がYoutubeを活用して売上の向上や販路の拡大に繋げているケースも多く見られるようになりました。

YouTubeで集客を行う方法としては、「自社で動画を作成」「YouTubeで広告を出稿」「ユーチューバーに依頼して紹介してもらう」といった方法があります。動画は画像やテキストよりも多くの情報量を伝えることができるためユーザーの印象に残りやすく、上手く活用することで非常に効果の高いアピール方法になり得ます。

(参考記事)Youtuberになりたい!Youtubeに動画をアップする方法と活用術

口コミサイトによる情報発信

口コミサイトを有効活用することも、販路拡大の手段としては効果的です。

人々の購買意欲は、口コミにかなり左右されます。飲食店を探す際に、ぐるなびや食べログなどのクチコミサイトで評価の高いお店を選んだことが1度くらいはあるかと思います。自社のサービスと関連性の高い口コミサイトがあるのであれば、掲載を検討しましょう。

業界紙や専門誌の掲載

業界で注目される情報誌への掲載はターゲット層へのアプローチに最適です。客観的な内容のため信頼度があがります。しかし、広告費が高い割にはリーチできる人数が少ないという点では起業時にはおすすめできません。

ネット広告

Web広告は、インターネット広告、オンライン広告、デジタル広告ともよばれ、Webサイトやメールなどに掲載される広告のことです。ユーザーの年齢・性別や行動履歴、居住地域などを限定して出し分けられる「ターゲティング性」と、表示した広告に対し、ユーザーがクリックなどの行動で反応する「インタラクティブ性」がWeb広告の特徴です。従来のリスティング広告やディスプレイ広告はもちろん、動画やSNS広告など様々な手法があります。

(参考記事)【販路拡大】ソーシャル広告を企業が活用するメリットは?使い分けのコツはこれだ!
(参考記事)リスティングだけじゃない!Web広告の種類についてわかりやすく解説

広告代理店の活用

広告のプロである広告代理店を活用する方法もあります。当然、広告効果を上げる為の仕事を生業としている為、最適な広告手法を提案してもらえます。但し、内部ではない為、要件が伝わりにくかったり、掲載料の何%か負担する必要があります。

紹介

友人や知人に紹介を依頼することでの販路開拓は、縁故ある人同士のつながりをもとに、ある程度の信頼の元で話を進められます。

展示会や見本市への出展

販路開拓の手段として展示会や見本市への出展も効果的です。展示会や見本市は、メーカーや製造業者が集まり、新商品や定番商品など「売りたい商品」を展示やデモンストレーションを行うイベントです。各販売チャネルのバイヤーが仕入れを行うために訪れるため、商談が前提になっています。そのため、面識の無い企業同士が販路開拓を行う手段として活用されています。

ダイレクトメール

ダイレクトメールを送るのも、新しい販路になり得ます。郵送する費用や印刷する費用などコストがかかってしまいますが、工夫次第ではその分読んでもらえる可能性が上がります。ダイレクトメールの内容が重要なのはもちろんですが、実は封筒もかなり重要です。そもそも読んでもらえなければどれだけ良い広告を書いても意味がありません。そのため、できるだけ社長の手に渡りやすい形式で郵送することが重要になります。

ビジネスコミュニティへの参加

ビジネスコミュニティへ参加することで販路を拡大することもできます。色々な企業と繋がる機会にもなりますので、思いもよらないところから仕事に繋がることもあります。

費用が発生しますが、世界的に大規模で有名なのがBNIです。BNIは正確にはビジネスリファーラル組織で、コミュニティ内での紹介をメインの活動としています。そのため、全員が自分のための営業をしてくれて、自分もほかの人のための営業するといった関係を築くことができるのです。

飛び込み営業

飛び込み営業での販路開拓はインターネットが普及した今、相手の顔が見えるという点で安心感を与えられるというメリットがあります。しかし、初対面の相手に不信感を与えることや1社あたりにかける時間やコストは最も大きくなるなどのデメリットもあります。相手と直接対話をして商品の良さを分かっていただきたいという方は飛び込みでの販路開拓に向いています。

関連団体の会合に積極的に参加するのも検討しよう

大企業であれば経団連などの団体があるように、中小企業であれば地域の商工会や商工会議所などに属している事業者も多いでしょう。また、個人商店なら、商工会などの団体だけでなく、取引先やお客様との個別のコミュニティが出来上がっているでしょう。そういった関係のある団体から、仕事を貰ったり、課題などを話し合ったりすることができます。

しかし、起業して間もない時期には、関係が構築できた団体に加入していないことがほとんどではないでしょうか。そんな時は、各都道府県の中小企業連盟に加入してみるのも一つの方法かもしれません。また異業種交流会などにも積極的に参加をして、取引先を開拓していくことも大切です。中小企業同士での異業種交流であれば、お互いにメリットのある取引が出来る可能性も大いにあります。

まとめ


起業後、販路開拓は企業の売り上げを伸ばしていくために、必要不可欠です。これから新しく販路の開拓をしようと考えている方は、ぜひ今回紹介した手法の中から、自社にあう販路を見つけてみてください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事