会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【経営の基礎知識】ビジネスシーンにおける送付状(送り状/添え状)の書き方について解説


ビジネスシーンで物品や書類を郵送するときに、送付状(送り状/添え状)を同封して送付する必要があります。企業に勤めていた方は、会社のフォーマットが用意されていて、そこに記入、印刷、送付をしていたかと思いますが、自分で起業・開業する際には自身で作成しなければいけません。

今回は、ビジネスシーンにおける送付状(送り状/添え状)の書き方を解説していきます。

送付状(送り状/添え状)とは?

送付状(送り状/添え状)とは、請求書や書類、物品を郵送するときに同封しておくる案内状のことで、送付状、添え状、送り状、挨拶状などの呼び方があります。送付状をつけて送る時には、郵送やFAXなどありますが、送付状テンプレートは基本的に一つ用意しておけば十分です。

送付状の紙は「無地・白・A4サイズ」で、手書きにする必要はなく、MicrosoftのWordやExcelなどで作成して印刷しましょう。印刷するときの色はカラー・白黒のどちらでも大丈夫です。そして、書類と送付状の紙は、配送時に水漏れやしわくちゃにならないように出来るだけA4クリアファイルに入れたうえで封筒に入れましょう。

最後に、送付状の封筒は、A4サイズの紙が折りたたまずに入るように「無地・白or茶・角形2号」を使います。封筒はコンビニエンスストアや文具店であればどこでも入手可能です。封筒はA4サイズの添え状が折りたたまずに入るサイズであれば、なんでも構いません。また封筒の色は白・茶封筒のどちらでも構いません。

送付状(送り状/添え状)の役割

ビジネス文書を送付する時は、送る書類の内容や送付者の名前などを書いた送付状や添え状を書類に添えることで、内容がすぐにわかるとともに丁寧な挨拶も行うことができます。逆に送付状を添えずに書類だけ送付することは、失礼にあたりますので注意しましょう。

送付状(送り状/添え状)の基本的な書き方

  • ①日付:書類を作成した日付を入れます。
  • ②宛名:誰に宛てる書類なのか?送り先の会社名(個人)を入れます。
  • ③件名:どんな目的で送るのかを記入します。
  • ④署名:誰が書いたのか?自社(自分)の社名・住所・電話番号・メールアドレスなどを記入します。
  • ⑤本文:頭語~本文~結語。拝啓~本文~敬具が好ましいです。
  • ⑥別記:「記」とします。
  • ⑦別記主文:内容物と部数を箇条書きで記入します。
  • ⑧結び:「以上」で結びます。

上記が基本的な送付状(送り状/添え状)の基本的な書き方になります。色々と応用できますので、参考にしてください。

まとめ


昨今、ビジネスのやり取りはメールやSNSで済ませることが多いですが、請求書や納品書など重要な書類については、基本的に現在も郵便で送るのが必須になります。書類を送る場合は送付状(送り状/添え状)を同封するのがマナーです。予め基本のテンプレートを作成しておき、季節にあわせて時候の挨拶をアレンジできるとさらにマナー力がアップし、顧客の信用力もアップします。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事