会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

「法人口座開設」を断られる3つ理由


法人口座開設銀行として、大手メガバンクを中心とした都市銀行、地方銀行、ネット銀行などありますが、法人口座の悪用による犯罪被害(振り込め詐欺など)やマネーロンダリングの防止等のために、現在審査が厳しくなってきています。

会社設立後に、資金調達や振込先として使いたいのに、法人口座をスムーズに作れずに困っている経営者の方は少なくありません。何度も銀行に通ったり、書類を準備したりという手間をかけずに済むように、口座開設を断られる原因を確認しておきましょう。

「法人口座開設」を断られる3つ理由とは?

1.資本金の額が少ない

現在、1円でも株式会社の設立が出来るようになっていますが、資本金の額が低すぎると、法人口座開設を断られるリスクがあります。資本金が少なすぎる会社は不信感をもたれてしまい、口座開設を断られることにつながる可能性があります。資本金の最低額は銀行によって基準が違いますので、あらかじめ口座開設したい銀行に確認しておくことをよいでしょう。

2.会社登記場所がバーチャルオフィス

大手メガバンクでは、通常、オフィスの賃貸契約書の提出が求められます。

オフィススペース自体がないケース(バーチャルオフィス)の法人や、固定電話がないなど、事務所の実態が不明であればあるほど、口座開設を断られる確率が増えてしまいます。過去に、振込詐欺などの犯罪に使われる法人口座が、バーチャルオフィスを本店として登記した会社というケースが多いためです。特に大手メガバンクなどの都市銀行や地方銀行で法人口座を開設したい場合は、オフィスをしっかりと整えておくことが必要です。

3.会社の事業内容や事業目的が不明確

会社の事業内容や事業目的(定款に記載している項目)が不明確だと、銀行の担当者に不審がられてしまいます。

会社定款の事業目的を整理したものにすることはもちろん、ちゃんと会社の事業内容などが分かる資料を用意しておきましょう。
例)ホームページ、顧客との契約書、サービスの具体的な資料など。

金融機関に対し口座開設する為の説明準備資料とは?

口座開設時には会社印鑑や登記簿謄本、印鑑証明など必要ですが、金融機関に口座開設する為に説明する資料などについて解説します。

全てに言えることは、会社の実態の明確化と今後の取引がある、契約するという証拠があるという事が大切になります。

名刺を作っておく

会社代表の名刺は作っておきましょう。100枚数千円で作ることも出来ますし、口座開設以外にも名刺が必要な場面はたくさんあります。

会社のHPを作っておく

金融機関は会社の実態を気にします。ホームページをしっかりと作り込んでいれば、それを会社が存在する証拠だとして出すのも良いでしょう。

会社パンフレットを作っておく

会社のパンフレットも、設立したばかりの会社の実態を証明するものとしていいかもしれません。名刺同様に口座開設だけではなく、他にも必要な場面がたくさんあります。

取引先との契約書を準備しておく

銀行としては会社としての実体があり、ちゃんと事業が動くことでお金が入金されてその口座が動くことに意味があります。ですから、取引先との契約書があればそれを一緒に持っていくといいでしょう。その事業が実際に存在し、売上がちゃんと発生する確たる証拠になります。

請求書や見積もりなどの書類を準備しておく

実際に入金をしてもらうための請求書を発行していれば、その請求書などもあるといいでしょう。他に、現在提案中の案件の見積書などもあればよしです。

事業計画書

会社がどんな事業を展開していくか事業計画書をもとに説明すると担当者に明確に伝えることが出来ます。出来れば、数字的根拠のある計画だとなおよしです。

実際の口座開設に必要な書類について

金融機関によって必要な資料は、異なりますが、事前に必ず、金融機関のホームページを確認しておきましょう。

履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

所謂、会社の会社の謄本と呼ばれる書類で、会社名や住所などの基本的な会社の情報を記載したものです。

代表者の身分証明書

代表者自身の本人確認ができる書類(運転免許証など本人であることを証明できるもの)を用意しましょう。

会社実印

法務局へ提出する会社の代表印として重要な印鑑です。

銀行届印(必須)

銀行に届け出る印鑑です。会社実印や認印など分けておきましょう。

その他、金融機関によって、法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書、会社定款、法人番号通知書、法人設立届、オフィス賃貸契約書などが必要になる可能性がありますので、事前に金融機関に確認しておきましょう。

ちなみにHAJIMERU01.com運営会社のスタートゼロワンでは?

スタートゼロワンは資本金が少なく、すぐに利益の出しにくい事業にも拘わらず、大手メガバンクでの口座開設が出来ました。

その理由は「銀行とのパイプがある税理士からの紹介」でした。税理士はお金廻りをみていますので、銀行とのかかわりが強いです。顧問契約をすると費用が発生しますが、今後の資金調達や決算なども見越して、銀行とパイプのある税理士からの紹介というのもよい考え方だと思います。

(関連記事)【起業家必見!】法人口座を開設する銀行(金融機関)の特徴について
(関連記事)起業時に銀行口座は複数あった方がいいのか?

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事