会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【資金調達】プロパー融資を受けられるタイミングとは?


起業時によく行う資金調達方法として融資がありますが、代表的なのが公的金融機関である日本政策金融公庫により融資ですが、その他にも銀行による融資も検討する事があります。

銀行の融資には大きく分けると「保証協会付融資」と「プロパー融資」の2種類がありますが、プロパー融資とは『銀行が貸し倒れリスクを銀行が負う、信用保証協会の保証をつけない融資方法』です。簡単に言うと直接銀行から融資を受ける事です。「保証協会付融資」は信用保証協会が保証人となって融資が実行されるのに対し、「プロパー融資」は保証人を付けないで直接銀行から融資を受けることになります。

今回は、プロパー融資を受けられるタイミングについて解説していきます。

銀行融資でも創業時期は「保証協会付融資」?

前述でもお知らせしましたが、民間銀行からの融資は、大きく分けて2つあります。信用保証協会の「保証協会付融資」と、その保証が無い「プロパー融資」とがあります。

信用保証協会とは、中小企業などの資金調達を円滑にすることを目的とした公的機関です。万が一、中小企業が倒産した場合に、信用保証協会が銀行に対して返済を行ってくれます。そして、この信用保証協会を活用した融資のことを「保証付融資」と言います。繰り返しになりますが、「プロパー融資」とは、信用保証協会を利用せず銀行から直接融資を受ける方法を言います。プロパー融資の場合は、企業の倒産リスクをすべて銀行が負うことになります。

よって、銀行からの融資について、創業からの年数が浅く、まだ実績がない企業がプロパー融資を受けられる可能性は低いので、保証人制度がある保証協会付融資の方が創業期に受けられる資金調達方法となります。プロパー融資については、基本的には創業から数年経緯し、安定した経営を行えるようになってから資金調達の手段のひとつとして検討することになります。

プロパー融資のメリットデメリット

プロパー融資のメリットは、信用保証協会の保証が付かない分、保証料がないので手数料を取られなくて済みます。そして、会社の規模が大きくなった際に、保証協会付きの無担保融資だと8,000万円、有担保融資だと2億8,000万円の上限がありますが、それ以上の融資を受けることが可能になります。

プロパー融資のデメリットとしては、審査が非常に厳しい事が挙げられます。そして、貸し倒れは銀行の負担に直結しますので、銀行側が経営に口を出してくる可能性があります。

プロパー融資を受けられるタイミングとは?


プロパー融資を銀行に依頼するのによいタイミングについては主に以下になります。

  • 決算書が良い状況
  • 資金繰りの安定している時
  • 自己資本あり3期以上黒字
  • 目安の年商規模を超えた時
  • 銀行から融資のセールスを受けた時
  • 現金預金の残高が多い時

決算書が良い状況

プロパー融資を受けるには「決算書が良い」のが第一条件になります。

プロパー融資では、融資先の回収不能時に、その損失のすべてを銀行が負います。信用保証協会が肩代わりしてくれる保証付き融資とは違います。よって、銀行は「より安全・より確実」な相手にのみにプロパー融資を実行します。それををはかる指標・材料が決算書になるのです。

資金繰りの安定している時

経営の要はいかに資金繰りが安定しているかに尽きます。いくら事業が順調で大きな売上高を計上していても、手元に当面の支払いに充てる現金がなければ、会社はすぐに倒産してアウトです。どれぐらい手元に当面の支払える現預金があるか、あるいは必要な場合、何らかの方法ですぐに準備ができるか、銀行はそれ等の点を厳しくチェックしています。一般的に、その事業の月商3ケ月分程度の現預金があれば、資金繰りは問題ありません。

自己資本あり3期以上黒字

債務超過がなく、営業利益を継続的に出し続けていることが必須になります。最低限3期以上営業黒字を続け、内部留保も充実しているような企業がプロパー融資を受けるタイミングになります。

目安の年商規模を超えた時

民間銀行は、大きく分けて3つあります。都市銀行、地方銀行、信用金庫・信用組合に分かれます。プロパー融資を受けるにあたっては、これら3つの銀行それぞれに目安の年商規模があります。

  • 都市銀行     :融資先の年商 10億円超
  • 地方銀行     :融資先の年商 3億円超
  • 信用金庫・信用組合:融資先の年商 1億円超

上記の目安をクリアしないと融資が受けられないわけではないですが、より確実にプロパー融資を受けたいのであれば、目安として覚えておきましょう。

銀行から融資のセールスを受けた時

決算書が良い会社などは銀行から「融資を受けないか」というセールスを受けることがあります。基本的に銀行はお金を貸すことが仕事になりますので、銀行も融資する先を探しているのです。

セールスをする銀行は「貸したい」ので、こちらの要求をいつもよりのんでくれる可能性が高くなります。自社の資金調達のタイミング次第ではありますが、セールスを受けたときには簡単には断らず、交渉のチャンスだと考えましょう。

現金預金の残高が多い時

銀行は、現金預金の残高が多い会社を、安心・安全と見ています。決算書や試算表の現金預金の残高がどれくらいあるかを見ています。利益や自己資本なども当然大事ですが、返済をしてもらうのにもっとも確実なモノは「現金預金」だからです。

仮に少々赤字であったとしても、現金預金がたっぷりあるということであれば、しばらくは返済に不安はありません。反対に、どんなに黒字が出ていようと、手元の現金預金が少なければ資金ショートが不安になります。これらをふまえて、銀行融資をより確実に受けるのであれば、現金預金の残高が多いとき。これがひとつのタイミングです。

まとめ


プロパー融資は銀行にとってリスクが高い融資ですので、銀行にとってよほど信用できる会社に対してのみ行う融資です。創業時期で検討する場合には、保証協会付融資を検討・借り入れをし、会社が安定してきて、これから事業を拡大したいという時期にプロパー融資を検討・借り入れする流れが良いでしょう。

もし銀行からプロパー融資の打診があれば検討するタイミングではありますが、結局、返済しないといけませんので、必要でもない融資を受けることはやめておきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事