会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

『開業』『起業』『創業』『設立』の違いとは? 


色々なホームページを閲覧すると「創業〇年」「設立〇年」などと記載しているのを見たことがあると思います。同じような意味合いに感じますが、実は、それらは非常に似ている言葉であるものの、それぞれ違う意味を持つ言葉になります。

今回は、『開業』『起業』『創業』『設立』の違いについて説明します。

開業とは?

開業は個人で事業を始める人が多く使っています。個人事業主を初める場合、税務署に「個人事業の開業届出」を提出することから、開業は会社では個人事業主をスタートする場合に使われる言葉になります。

また、飲食店やサロンなど、新しくお店をOPENさせた時などにも開業と言った言葉は使われます。ちなみに個人事業主を辞める場合には同じく税務署に「廃業届出等手続」を提出します。

起業とは?

新たに事業を起こす場合、起業という言葉を使います。「創業」とほぼ同じ意味になります。

ただし、起業がこれからのことを指す(「これから会社を立ち上げる」、「新しい事業にチャレンジする」など)場合に使われるのに対して、創業は「○年に創業」など過去を表す際に主に使われると言った違いがあります。

創業とは?

「起業」とほぼ同じ意味ですが、創業は事業を開始した日のことなどの開始したタイミングを指す言葉になります。個人事業主も法人も関係なく、事業を始めた日も創業になります。

また、「創業○周年」や「○年に創業した」と言ったように過去のことを表す際によく使用されます。ちなみに、最初に事業を始めた人のことを「創業者」と呼びます。

設立とは?

設立とは会社を立ち上げた日を表す言葉になります。法律に基づき、定款を作成して公証人役場で認証を受け、登記書類などを作成して商業登記をおこない、晴れて法人として正式に登記した日のことを指します。「設立○周年」「来月会社を設立する」などのように使います。

創業とは違い、会社のみに限定される言葉であるため、フリーランスや個人事業主、個人商店の経営者になった時には「設立」という言葉を使うことはありません。

まとめ


いかがでしたでしょうか?会社をつくったり、事業を始めるという事に関しては間違いありませんが、使い方に違いがあります。

言葉の意味合いを正しく把握していなくても恥をかくケースは少ないですが、会社の事業について説明するときや紹介する時に話すことがある場合には知っておいて損はありません。

  • 『開業』個人で事業を始める人が多く使う
  • 『起業』これから事業を起こす場合に使われる
  • 『創業』事業を開始した日を指す言葉
  • 『設立』会社を立ち上げた日を指す言葉
お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事