会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【金融機関目線】財務に強い税理士の見分け方

事業を始める方にとって、どんな税理士さんとお付き合いしていくかはとても重要なポイントになります。元銀行員の中小企業診断士である筆者が財務に強い税理士の見分け方を解説します。

税理士の主な役割とは?

税理士さんの主な役割は以下の通りです。

  • 税金の申告や申請の代理業務
  • 税務書類の作成業務
  • 税務に関する相談業務
  • 税金に関する措置に対して不服審査請求をする場合の手続き代行業務
  • 税務調査に立ち会う業務
  • 財務書類を作成業務
  • 記帳代行業務

その中でも特に税務申告の際に必要となる「決算書」の作成は大きなポイントになります。決算書の主な使い道は資金調達です。多くの中小企業にとってメインとなるのは金融機関からの借入です。

決算書はどの税理士でも同じ数字になる??

決算書とは企業の1年間の成績や資産状況を現わすものです。そうであれば、誰が作っても同じ決算書になると思いがちです。しかしながら、少しでも税金を安くしたり、逆に利益が出ているように見せたりと税理士さんが調整をしてくれます。ですので、決算書を見れば税理士さんの腕が分かると言っても過言ではありません。

税理士さんは財務の専門家ではない??

一般に誤解されがちですが税理士さんは財務や会計・経理の専門家ではありません。税金を正しく計算する専門家です。しかしながら、創業したての企業が財務コンサルタントを雇うのは現実的ではありません。そのため、税理士さんに資金調達を見越した決算書作りまで担当していただくことが現実的です。

財務に強い税理士の見分け方とは??

財務に詳しい税理士さんとお付き合いするに越したことはありません。それでは財務に強いかどうかを見分けるにはどのような点に注意すればよいでしょうか。

①BS(バランスシート)とPL(損益計算書)のどちらを注目するか

金融機関は融資判断の際には決算書とその内訳を記した勘定科目内訳書を隈なく見ます。その中でも注意深く見なくてはいけないのはBS(貸借対照表)です。それは何故かといえば、これまでのお金の使い方の積み重ねの数字であるというのが一点です。

金融機関は貸したお金がどう使われるかに注目します。ここで是非考えてください。あなたが友人にお金を貸す際にどんなことを気にしますか?必ず「何に使うの?」と聞きたくなりますよね?そして、その人が言ったとおりのお金の使い方をする人かどうかを過去の実績から見極めようとします。実は金融機関も全く同じことを考えます。これまで、お金がしっかりと企業の成長に必要な目的に使われていたかを気にします。そのためにBSをしっかりと見ていきます。

多くの税理士はPL(損益計算書)に注目します。税務申告にはPLが直結するからです。そのため、PLだけを考えて決算を重ねた結果、金融機関に嫌がられるBSが作られてしまいます。金融機関からの融資や、もっと将来、投資会社から投資受けることを視野に入れた決算書を作っていくためにはBSをしっかり意識できる税理士とお付き合いをしていきましょう。

貸借対照表(B/S)とは
会社が持っている現金や土地・建物などの資産、そして借金がどれだけあるのか、それらの財政状態を報告するためにまとめられるものが貸借対照表です。
損益計算書(P/L)とは
会社がどのくらいのお金を使ってどのくらい儲けたのか、または損したのか、その経営成績を報告するためにまとめられるものが損益計算書です。

②金融機関が決算書の数字をどう分析をするかを知っているか

金融機関は決算書の数字をそのまま見ることはしません。決算書に自己資本1000万円とか利益500万円と書いてあってもその数字をそのまま返済能力の算定には使いません。実はそのことを知らない税理士が大変多いです。ですので、税理士によっては利益を増やすとお金を借りやすいとか平気で言う方が多いです。金融機関が決算書の数字をどのように修正して、返済能力をはじき出すのかをしっかりと理解している税理士とお付き合いしていきましょう。

まとめ


いかがだったでしょうか。税理士は多くの士業の中でも極めて身近な存在です。ほとんどすべての企業・個人事業主が利用しています。その腕前があなたの事業の成否に大きな営業を与えます。金融機関や認定支援機関などの意見をよく聞いたうえで優れた税理士を選びましょう。また、さきほどの①②の質問をしてみてみるのもいいかもしれません。

(執筆者:認定経営コンサルタント(中小企業診断士) 鈴木 崇史
(編集:HAJIMERU01.com編集部)

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事