会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【資金調達】日本政策金融公庫の審査に落ちてしまったら検討すべき5つのポイントについて解説


日本政策金融公庫からの借り入れができなかった場合でも、再チャレンジすることが可能ですが、創業融資の敷居の低い日本政策金融公庫から借入できない事は、今後、他の銀行からの借り入れの可能性が少ないと言えます。

その点を踏まえたうえで、次も失敗がない為にも、下記の5点を確認し、改善をして融資審査に臨みましょう。

日本政策金融公庫の審査に落ちてしまったら検討すべき5つのポイント

日本政策金融公庫の審査に落ちてしまったら検討すべき5つのポイントについて解説していきます。審査落ち要因分析、他の金融機関での借り入れ検討、融資専門家の助言など、色々な視点から検討、行動していきましょう。

審査落ちの原因を分析する

基本的に日本政策金融公庫は審査が落ちた理由を教えてくれません。下記の記事(【創業融資】金融機関がチェックする4つのポイント)を参考にしてもらいたいのですが、創業融資を借入する場合の金融機関のチェックポイントは「自己資金」「同業種の経歴」「事業計画」「個人の信用(借入状況とCIC情報(指定信用情報機関)」「面談」です。

日本政策金融公庫で推奨している内容と自分自身の内容を比較して、まずは審査落ちをした原因を分析しましょう。

(参考記事)【創業融資】金融機関がチェックする4つのポイント
(参考記事)日本政策金融公庫の融資面談での3つのポイント

半年経過したら再チャレンジする

日本政策金融公庫の要件にはないので、一概には言えないですが、審査に落ちてから最低半年たったあとに再チャレンジしてみましょう。理由としては、日本政策金融公庫は比較的業歴の浅い会社を審査するため、たった半年の業歴でも審査のプラスポイントとして重視するからです。

もちろん、半年経過したら必ず審査に通るというものではありませんが、審査に落ちたことある会社は、まずは最初の審査落ちの原因分析と、この半年の業績をUPさせる事により、融資を受けられる可能性は十分にありますので覚えておきましょう。

信用保証協会付融資も選択肢に入れる

信用保証協会の制度融資は日本政策金融公庫と並んで創業融資では代表的です。日本政策金融公庫の審査に落ちた人でも、信用保証協会の制度融資なら借り入れできる可能性があります。信用保証協会というのは、会社から保証料を受けることで、万が一返済ができない場合に会社に代わって銀行へ返済するという公共機関であり、保証協会付き融資は銀行にとっても審査の敷居が低いからです。

また、制度融資というのは、信用保証協会に加えて国や地方自治体という公共機関が、銀行を保証とする融資であり、銀行にとってはさらに審査の基準が下がります。

制度融資は銀行にとってリスクが少ないため、貸せる先には融資したい商品のひとつですので、日本政策金融公庫の審査に落ちた会社は、制度融資も選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

最後に、日本政策金融公庫や信用保証協会付融資以外にも、資金調達する方法はあります。クラウドファンディングや親族や友人・知人からの借り入れも検討していきましょう。

(参考記事)信用保証付き融資について
(参考記事)自社商品のファンを作ろう!クラウドファンディングの活用方法
(参考記事)【資金調達】親族や友人・知人からの借り入れについて解説

認定支援機関などの融資の専門家に相談する

融資の専門家に相談することで、何をどのように改善するべきなのか、適格なアドバイスを受けることができます。日本政策金融公庫の融資制度の中で「認定支援機関の助言」が条件の制度もあるくらい、認定支援機関を通すことにより融資の借り入れの確率があがります。

認定支援機関(正式名称は経営革新等支援機関)は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、政府が認定した公的な支援機関です。具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

但し、認定支援機関の中にも創業融資の知識や経験が豊富ではないところもありますので、相談する際には気をつけましょう。

全国の認定支援機関

自己資本比率を上げる

自己資金が少ないことが原因で融資審査に落ちてしまった場合、時間をかけてコツコツと自己資金を貯めたり、個人的に所有している自動車や会社で所有している設備機器などを資産にしたりすることで、自己資本比率を高めることが大切です。自己資本比率が高くなることで、再度融資を申し込んだ際に評価が高くなり資金調達がしやすくなります。

まとめ


日本政策金融公庫は国が出資し設立した金融機関で、基本的に、中小企業や起業家の味方です。一度落ちてしまった人でも条件を満たせば審査に通る可能性があります。

また、しっかり準備をすれば、日本政策金融公庫からの融資は受かる方が多いのが現状ですので、自分だけで行うのではなく、認定支援機関や創業融資に強い税理士などに相談しながら進めることをお勧めします。

(参考記事)創業融資に強い税理士の見分け方

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます