会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【会社設立】印鑑カードを発行しよう


会社登記を行い、会社設立の手続きが完了し、数日後、法務局で登記事項証明書(謄本)の交付申請し、無事に登記ができていることを確認します。その確認の際に一緒に済ませておくべき手続きが、印鑑カード交付申請です。

今回は、設立後に色々と必要になる印鑑カードについて解説します。

印鑑カードとは?


出典:法務省ウェブサイト

印鑑カードは上記画像のカードで、簡単にいうと、個人で所有している市町村発行の印鑑証明書カードに似たようなものです。設立登記時に代表者の印鑑を登録した際に、発行手続きを行って取得します。

法人の銀行口座開設、お金の借り入れ、事務所を借りる時などに使う「法人の印鑑証明書」を取得したいときは、このカードを申請用紙に添えて提出することになります。会社の実印の証明書を取得する際に必要なカードですので、無くさないように、また、他人の手に渡らないように厳重に保管してください。

(参考記事)法人の印鑑証明書が必要なシーンと取得する方法をご紹介

印鑑カードを発行手続きの流れ


出来れば、会社の登記簿謄本の取得と共に、会社の印鑑カードの発行手続も済ませておきましょう。

印鑑カードの交付申請手続きができる法務局(登記所)は、「本店所在地の管轄登記所」のみに限られます。そこで上記画像「印鑑カード交付申請書」という用紙が用意されています。窓口で会社の印鑑カードを作成する旨を申し出て、用紙をもらいます。印鑑カードの発行には会社実印が必要になりますので、忘れずに持っていくようにしましょう。

印鑑カード交付申請書に必要事項を記載し、会社設立登記の時に提出した「印鑑届書」に押印した印鑑を押せば、印鑑カードが取得できます。印鑑カードの発行料は無料です。

受付時間は月~金の8:30~17:15までで、おおよそ窓口に提出してから5~10分で受け取ることができます。また代理人が申請する場合には、委任状に関する書類が必要になりますので、注意してください。

印鑑カードの取得で用意するもの

印鑑カードの取得で用意するものとして、「印鑑カード交付申請書」「会社の実印」「登記時の会社法人番号」が必要になります。登記時の会社法人番号とは、会社の登記をした時に付与される番号です。履歴事項全部証明書に記載されています。

まとめ

様々な公的機関や会社間の手続きの中で、印鑑証明書を求められることは多くなります。そのため、会社の設立登記が完了した後は、印鑑証明書を取得するときに必要な印鑑カードを早めに作成しておくことをお勧めします。

そして、会社にとって印鑑カードは大事なものですので、出来るだけ代表者本人が申請するに越したことはありません。防犯上からも、代表者本人が申請するのであれば、実印を持参し、提出前に押印した方が安心・安全です。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事