会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【資金調達】日本政策金融公庫で融資面談に関して知っておきたい知識


日本政策金融公庫で創業融資を受けるために必ず通らなければならないのは、融資審査担当者との面談です。しかし面談と言っても、初めての人(融資面談担当者)に自分の事業計画を説得させられるか不安な方がほとんどだと思います。

今回は、日本政策金融公庫で創業融資面談について、知っておきたい知識を解説します。

実は積極的に融資したい!?

起業家からしたら、金融機関に対してお金を借りに行くのは大変ハードルが高いと思っている人が多いです。当然、金融機関も返済能力がない人にお金を貸すことはありませんが、日本政策金融公庫の審査担当者の立場からすると、起業家にお金を貸していきたいというのが本音です。

政府100%出資の日本政策金融公庫は融資以外の業務は基本的にしておりません。融資先がないと公庫自体も果たされる機能がなくなってしまいます。意外に思った方もいるかもしれませんが、日本政策金融公庫は融資をすること以外の業務はしていません。闇雲に借りにいく事はお勧めしませんが、このような内情があるので、起業家は遠慮なく融資を受ける審査にチャレンジしていきましょう。

融資面談の持ち物について

下記が面談に行くときに必要になる主な持ち物になります。

  • 事業計画書
  • 創業計画書
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  • 過去1年分の源泉徴収票
  • 預金通帳(過去6ヵ月以上の履歴印字が必要)
  • 事業用の通帳
    資本金が入っている通帳
    その他事業用資金を貯めてきた経緯が分かる通帳

  • ご自宅が賃貸の場合は、賃貸借契約書
  • ご自宅が持ち家の場合は、固定資産税の領収書、住宅ローンなどある場合は、返済予定表
  • 公共料金や家賃が引落でなく振込支払いの場合はその領収書(上記の通帳で確認できる場合は不要)
  • 資格(営業許可証、調理師免許など※ある場合)

その他の持ち物は、日本政策金融公庫で借入申込書を提出した後に届く資料を参考にしてください。すべて揃えておく必要はないですが、最終的に審査するときまでには揃えておかなくてはいけないものなので、あらかじめ揃えておいて、万全な状態で面談に臨むようにしましょう。

その他、知っておきたい知識

面談理由や持ち物以外の豆知識として、まずは面談時間についてですが、おおよそ1時間程度になります。そして、面談時の服装については、制限はないのですが、基本的にスーツで臨むようにしましょう。

スーツがない人はジャケパン(ジャケット、ワイシャツ、チノパン)でも構わないです。わざわざ面談のために新品のスーツを購入しなくてもいいですが、最低限の身だしなみとしてスーツを着用して清潔感がある印象を与えましょう。

まとめ

日本政策金融公庫の面談のポイントやよくある質問事項については以下よりご確認ください。
(参考記事)日本政策金融公庫の融資面談での3つのポイント

審査担当者は、提出した事業計画書の内容をベースに質問します。そのため事業計画書を自力で作成していれば、極論答えられない質問はないはずです。出来れば、質問にはシンプルかつ明確に答えましょう。また審査担当者に好印象を与えようと思って、質問の答え以外のことを長々と語り続けるのもよくありません。逆に墓穴を掘ってしまう可能性がありますので注意しましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事