会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

大企業も注目!CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)について簡単解説

起業後の出資方法として代表的なのがベンチャーキャピタル(VC)ですが、近年、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を活用するベンチャー企業が増加しています。

今回は、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)について解説します。

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)とは?

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)とは、事業会社が自社の戦略及びシナジーがありそうな社外のベンチャー企業に投資を行うVC(ベンチャーキャピタル)のことです。その他、ファンド(資金を集めて得たリターンを配分する仕組み)を組成し、子会社設立での自社運営する体制やVCに運営委託を依頼する体制をとる企業もあります。

ベンチャー企業に投資を行う事業会社は、KDDIやNTTドコモ、楽天やYahooなどの通信系のCVCや、トヨタ、パナソニックといったメーカー系のCVC、三井不動産など都市開発に強いCVC、朝日メディアラボベンチャーズ(朝日新聞社)などのメディアに強いCVC、エイベックス・ベンチャーズ株式会社などのイベントやライブに強いCVC、メルカリなどのベンチャー企業が立ち上げたCVCと、様々な業界・業態の企業がCVCを立ち上げています。そしてここ最近では、テクノロジー関連のスタートアップに対する投資を行うCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)が増加しており、事業シナジーを生み出せるベンチャー企業にとっては有力な資金調達候補となります。

出資(投資)者や受け側のメリットとしては、出資(投資)を受けるベンチャー企業は、資金面や大手事業会社とのシナジー効果が見込めます。出資(投資)する側の事業会社にもメリットがあり、外部のベンチャー企業の技術を活用することで、自社で開発するコストが抑えられ、効率よく新規の事業をすることが出来ます。更に、大企業の潤沢な資金や人脈、技術などのリソースとベンチャー企業の革新的なビジネスモデルを組み合わせることにより、新しい価値が誕生する可能性があります。

VC(ベンチャーキャピタル)との違いとは?

VCとの違いは、基本的にVCでは、出資の目的がIPOやM&Aといったエグジットによる収益や、投資先が成長することによる純粋なキャピタルゲインを狙うことが一般的ですが、CVCは、自社のビジネスと掛け合わせた時にプラスとなるような技術やサービスを持ったベンチャーを育てて自社事業と組み合わせることであることがあげられます。投資先企業とのシナジーによって、自社事業を活性化させることで利益を生み出そうという意図があるためです。

CVCの出資(投資)形態とは?

  • 事業会社の本体が直接投資をする
  • 子会社としてベンチャー投資会社を設立して間接的に投資をする
  • 外部のベンチャーキャピタルに運用を委託する

上記のように、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の出資(投資)形態としては、 大きく分けて3つがあります。

まとめ

現在は、技術革新のスピードが早く、様々な革新サービスが出てきています。特に、組織の意思決定が遅く、サービスのマンネリ化をしている大企業においては、イノベーションを生み出し、成長を達成するための活路として、今後も様々な業種でCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)が利用していくでしょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事