会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

『KPI・KGIとは?』目標達成のために知っておきたいビジネス用語を簡単解説

ビジネス用語で『KPI・KGI』という言葉が使われることがあります。

大手企業やコンサルティング会社出身の方々には馴染みのある言葉ですが、「言葉自体分からない」「聞いたことはあるが意味を知らない」などという方は結構いらっしゃるかと思います。

今回は、目標達成の為に使われるビジネス用語『KPI・KGI』について解説します。

KGI・KPIとは?

KGI(キーゴールインジゲーター)とは?

KGIは「Key Goal Indicator」の頭文字から取ったもので、「重要目標達成指標」と訳されております。簡単にいうと最終的に達成すべき成果を表した指標になります。

KPI(キーパフォーマンスインジゲーター)とは?

KPIは「Key Performance Indicator」の頭文字から取ったもので、「重要業績評価指標」と訳されております。簡単にいうとプロセスの進捗状況を評価するための指標になります。

上記のように、KGI(最終的に達成したい目標数値)があり、そのプロセスにKGIを達成するためのKPI(目標数値を達成するための短期的・中期的目標)がいくつも並んでいるようなイメージとなります。

例えば、問い合わせ件数月間30件(KGI)とした場合、その為のプロセス設定として①広告予算〇万投下②SNSのファン数を〇人増加③サイトPV数〇〇〇件(①~③までがKPI)のように目標に対する行動をより明確にする事により、目標達成に導くことが出来ます。更に目標建てをしたKPIではKGIが達成できない為、都度KPIを見直していくことも大切です。

このように、どのような状態であれば目標を達成しているか、目標を達成するためには何をクリアすればいいのかを可視化できる「 KGI ・ KPI 」の設定は、目標をクリアするための大きな助けとなります。

KPI・KGIを設定する時の注意点

ただやみくもにKPI・KGIの設定していても意味はありませんし、間違った設定をしていた場合、その目標に向かって行動する分、逆に余計な時間と労力がかかってしまいます。ここでは設定するときの注意点をお知らせします。

高すぎる目標設定にしている

高すぎるKPI・KGIを設定してしまうと、当然社員のモチベーション低下につながりますので、設定する側も実現可能、根拠のある数字の設定が必要になります。

間違った設定をしてはいけない

KPIの行動方針がKGIと同じ方向を向いていない場合には、計画どおりに進めていたのにも関わらずKGIが達成されないということになってしまいます。そうならないように、KPIを確実に遂行することで本当にKGIの達成に貢献できるのかという点には細心の注意を払いましょう。

設定を細かくしすぎない

KGIを達成する為にKPIを分解しようとすればいくらでも細かく出来ますが、あまりにKPIを細かくし過ぎると、行動する時に何故そのKPIを設定しているのかわからなくなってしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?KPI・KGIはビジネスの目標達成において大変重要な指標です。そしてKPI・KGIの設定するときには必ずToDo(行動)の選定と管理をしておきましょう。

たとえば「月間の受注数を5%増やす」というKPIを設定したとして、そのために「いつまでに何を」を決めていないといけません。「受注数を増やす為に、1週間で5件の面談をする」といったToDo(行動)を設定することによって達成につながっていくことが出来ます。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます