会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

独立開業に『資格』は有利に働くのか?

よく起業を検討する際に資格は必要なのか?どの資格を取得すれば良いのかという質問を受けます。実際に資格を取得することによって、起業の成功率が上がるのかは疑問ですが、資格を取得していると対顧客、対外的な信用力のアップにはなります。

今回は、独立開業に資格は有利に働くのか?について解説します。

そもそも起業するために資格を取得するのか?

そもそも資格を取得するという事は、「資格を取得しないとその業務をすることができない」という理由で資格を取るというものです。一般的に、起業することに対しては資格は必要ありません。起業するために資格を取るのではなく、「その業務、その職業や業種で起業したいから資格取得を目指す」という方が正しい考え方です。

まずは「起業後にやりたい仕事に資格が必要か」ということを考え、そしてその仕事に資格が必要であれば、それを取得しましょう。資格を取得する為には勉強する時間も必要です。もしあなたのやりたい仕事に資格が必要とされないのであれば、忙しい中、わざわざ資格を取得する必要はありません。

起業・開業後に資格は有利に働くのか?

前述でも記した通り、「資格を取得しないとその業務をすることができない」という理由で資格を取るというものですが、それ以外では中小企業診断士やファイナンシャル・プランナーなど業務の質のあがる資格はありますが、取得していたからと言って事業が安泰という事はありません。多少、有利は働く可能性はありますが、資格に期待しすぎた起業は、起業前に想定した売上計画と誤差が生じやすく、初めから躓く傾向にありますので注意が必要です。

クライアントは資格保有は見ていない?

基本的にクライアントは資格を保有していることにそれほど価値を認めてくれません。その仕事をする以上、資格を保有しているのは当然であり、最低条件にすぎないのです。

たとえば多くの士業(税理士、行政書士、司法書士、社会労務士など)の中で、どの業者に仕事を頼むかというと、コミュニケーション能力だったり、その人の人柄であったり、実績だったり、あるいは誰かの紹介であったり、資格以外で選ぶケースがほとんどです。

資格がないと独立開業できないものはあるのか?

世の中には「資格」がないと、開業できない仕事もあります。弁護士、公認会計士、医師、歯科医師、税理士、行政書士、司法書士、不動産鑑定士、医師、美容師、獣医師などがそれにあたります。「業務独占資格」と呼ばれるもので、これらの事業で開業する場合には「資格」の取得は必須になります。

※独占業務資格とは
ある特定の業務において、特定の資格(免許)を取得している者だけが従事可能な業務のことで、その資格を取得していなければ、該当する業務を行うことが禁止されている資格の事です。

まとめ

資格を取得するには時間と労力が必要です。そして、資格を取得をしたからといって起業・開業して成功するとは限りません。まずは「やりたい仕事に資格は必要か」ということを考え、本当に必要であれば資格を取得しましょう。

あと、税理士の資格を取れば行政書士の登録も可能になりますし、社会保険労務士とファイナンシャル・プランナーの資格を持っていれば、企業の社会保険、労務関連の仕事以外に、個人の顧客に向けても、より積極的なライフプランニングの提案が可能になってきます。資格を複数取得すると、ビジネスチャンスが広がってくるものもありますので、資格を有効的に活用できるように検討していきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事