会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

モール型ECサイト 楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングに出店するメリットとは?

モール型ECサイトってどこに出店したら良いの?

ECサイト運営において重要なことは、まずはユーザーにお店に来てもらい、自社の商品の魅力を知ってもらうことです。

しかし、立ち上げたばかりのブランドではいかに魅力的な商品を作っていたとしても、アクセス数では有名ブランドや大手のECサイトには敵いません。

そこで、既に知名度があるモール型のECサイトに出店をすることで、弱点である集客力をカバー売上を効果的に上げていくことができます。

誰しも一度は利用したことのある「Amazon」や「楽天」などのモール型ECサイト。いざ自分がお店を出す立場になるとどこに出店をしたら良いか迷ってしまいませんか?

そんな方に向け今回は、最大手である「Amazon」と「楽天」に今急成長中の「Yahoo!ショッピング」を加えた3つのサイトの特徴をわかりやすく解説します!

抜群の知名度・集客力を誇る世界の「Amazon」

Amazon

Amazonは、世界中で利用されているモール型ECサイトです。
ネットで商品を購入する際、まずAmazonを見るという方も多いのではないでしょうか。
世界規模に広がるその知名度や集客力から、商品を売る側としても第一の選択肢に入ってきます。

Amazonは「出品型」のモール型ECサイト

Amazon出品画面

Amazonの最大の特徴は、自身の店舗を出店するのではなく商品を「出品」するシステムにあります。1品の商品登録からスタートできるため、販売開始までのハードルが非常に低いです。在庫管理や商品の発送・梱包までAmazonに委託することができ、運営の手軽さという面では最も優れているといえるでしょう。

独自性を出すことが難しく、価格競争に陥りがち

手軽に商品を出品できるという反面、出品型のサイトではユーザーはどこまでいっても「Amazonで商品を購入している」という認識です。

そのため、店舗独自の特色を出しにくく、リピーターの獲得は難しいです。また、同ジャンルの商品で最安値を獲得できなかった場合、売上がガクッと落ちてしまうので単純な価格競争になってしまいがちな点は注意が必要です。

国内発のモール型ECサイトといえば「楽天」

楽天

楽天は国内発モール型ECサイトで、運営会社がプロ野球チームの球団を所有していることからも幅広い層に対して知名度が高いです。

世界的なシェアではAmazonに分がありますが、日本では楽天とAmazonの2強状態です。
楽天カードや楽天スーパーポイントなど自社の提携サービスも豊富で、その会員数の多さから国内では抜群の集客力を誇ります。

「出店型」で自社のファンを増やす

楽天出店画面

https://www.rakuten.co.jp/ec/compare/?l-id=PC_merit_fotterbtn_to_compare より

楽天は「出店型」のモール型ECサイトです。出店型というのは、楽天というショッピングモールに場所を借りて営業するテナントのようなイメージになります。

楽天の知名度を活用して集客力をカバーしながら自らの店舗を持つことができるため、自社のファンを作りやすいというメリットがあります。

また、予め指定されたシンプルなフォーマットに商品を掲載しなければならないAmazonなどと異なり、自社商品のランディングページのような商品ページを作ることができます。
これは、商品の知名度が低い場合にもユーザーに対して効果的にアプローチすることができるので非常に有効です。

ランニングコストは高くなる傾向にある

自身の店舗を持つということで、1商品からはじめることのできる出品型のECモールと比べると月額費用や手数料など、毎月のコストは高くなりがちです。コストパフォーマンスという面では他サイトに軍配があがるでしょう。

店舗数No.1、今急成長中の「Yahoo!ショッピング」

Yahoo!ショッピング

楽天、Amazonの2強に続き急速にシェアを拡大しているのがYahoo!ショッピングです。
単純に店舗数だけを見れば3社の中で一番多く、その勢いを感じられます。

ソフトバンクユーザーを対象にしたキャンペーンを頻繁に行なっていたり、Tポイントが使えることが特徴です。

初期費用・月額費用無料で自身の店舗を持つことができる

Yahoo!ショッピングの一番の特徴は、何と言っても店舗型ECモールでありながら初期費用・月額費用無料ではじめられることでしょう。

Yahoo!ショッピング費用

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/cost/

ECサイトをはじめようと考えた場合、一番の障壁となるのは初期費用です。

初期費用を抑えることで、事業が十分に軌道に乗ってから自社ECに切り替えるなど、柔軟な対応を取ることができます。

当然利用手数料などは発生しますが、月額固定費がかからないという点だけを見ても、上記2社と比べ出店するメリットは大きいです。

店舗数が多く集客力に不安

出店のハードルが低いことから店舗数が圧倒的に多く、商品によっては他社と競合する場合があります。

そのため、出店をするだけで売れる!という訳ではなく、価格や商品開発、集客数を上げる為のSEO対策など、他社に負けないための施作をより積極的に行う必要があります。

モール型ECサイトを上手く活用して、更なる販路の拡大を!

いかがでしょうか。

モール型ECサイトの大手3社を比較した結果、それぞれにメリット・デメリットがあり、自社の状況に照らして適切な出店(出品)先を選択する必要があることがわかりました。

初期費用を抑えられ知名度や集客力といった面をカバーできるモール型ECサイトは、これからECサイトをはじめたいという方にとってメリットが大きいです。上手に利用することで売上アップを目指しましょう!

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事