会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】最適な飲食店開業するタイミングとは?

飲食店開業するにあたり、様々な準備や手続きが必要になってきます。飲食店を開業する決意をしてから開業まで1年位かけて準備をするのが一般的です。開業を決意した段階で一刻も早くお店を開店したいという思うのは当然ですが、まずは開業のタイミングを見定め、準備段階から繊密な計画を立てることが重要になります。

今回は、飲食店開業のタイミングについて解説します。

まずは自己資金が重要

開業後に一番苦労することとして、運転資金の問題があります。自己資金が不足していると、運転資金にも影響が出るうえ、金融機関からの融資も受けづらくなってきます。一般的には、開業資金の3分の1は自己資金で補えると良いとされています。勢いや熱意だけで開業しても、長続きしなくては意味がありません。経験を積みながら自己資金の貯まるタイミングを見極めて、開業日の設定をしてみましょう。

(参考記事)融資の「自己資金」と認められる定義について

飲食店開業のベストタイミングとは?

飲食店を開業するにあたって、時期的に最適なタイミングがあります。当然業態や出すメニューによって異なってきますが、一般的には9月~10月です。

理由として、クリスマスや忘年会、新年会などのイベントにより、12月~1月は飲食店が最も忙しくなる時期です。お客さまの立場からも予約が取りにくく、宴会やパーティーができる飲食店を探すのに苦労する時期で、お店にとっては繁忙期になります。繁忙期に不慣れな接客でお客さまをお迎えするのは避ける事を考え、最初の2~3か月はお店を周知させ軌道に乗せる期間、仕事に慣れるのに必要な期間として考えて逆算すると、開店時期は9月~10月に向けて準備を進めるのがベストと言えるでしょう。

飲食店開業の準備について

前述で飲食店開業のタイミングについてお知らせしましたが、開業までには物件探し、資金調達、内外装、許認可・届出、従業員採用と多岐にわたり行うことがありますので、抜け漏れのないように準備する事は重要です。

飲食店は開業しても1年未満で約35%、2年以内で約15%、約半数の飲食店が2年以内に廃業している現状があります。最適な準備と開業するタイミングを意識して行動していきましょう。

(参考記事)飲食店開業 情報一覧

まとめ


タイミングを見極めて飲食店を開業したとしても、すぐに繁盛するとは限りません。実は最も重要なのは前向きな気持ち(気力)と体力です。タイミングを待つばかりに、気力や体力が衰えてしまってからの開業では、営業に支障が出る可能性もあります。開業当初は一日も休めない日が続くでしょう。精神面や体力面においてもも不安のない状態での飲食店の開業を目指していきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事