会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

特許出願・商標登録の時に必要な弁理士とは?

弁理士とは?

「知的財産に関する専門家」

弁理士とは、特許をはじめとした、意匠、商標などの知的財産に関する専門家です。

産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理することができる国家資格を持っている人になります。

弁理士は、産業財産権を専門としており、発明・考案・意匠・商標について、出願・審判請求手続き等の手続きを代理して、それを特許庁に登録させ、その後も権利を維持することにつとめています。

このように発明者が生み出した発明を特許となるように育て、特許庁とともに、車の両輪となって産業財産権の制度を運用しています。

主な弁理士の役割とは?

日々新たな技術や商品が発明されおり、せっかく世に出した自社の技術や商品が、簡単に他社に真似されることを防ぐため、多くの企業が特許を取得しています。

しかし、特許の出願をする際には、非常に専門的な知識と膨大な量の書類作成が必要になります。そのため、専門家である弁理士が必要とされています。

商標登録出願前のサポート

・出願内容が商標権として認められるか否かを判断
・既存の登録商標の調査範囲、類似性の判断
・調査をした結果を基に商標登録出願書類作成
・商標をどの分類に出願するかの判断

当然、弁理士は商標に詳しい為、早く質の高い商標登録出願を行うことが可能です。

商標登録出願後のサポート

・特許庁から商標登録を拒否(拒絶)された場合、登録が認められるよう新たに書類を提出
・他人に類似商標を登録された場合、意義申し立て
・他人に異議申し立てをされたときの対応
・商標権の更新登録申請手続き

出願前のノウハウだけでなく、出願後におけるサポートも非常に重要な弁理士の役割です。

まとめ

特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得したい方のために、代理して特許庁への手続きを行うのが弁理士の主な仕事ですが、知的財産の専門家として、知的財産全般について相談を受けて助言、コンサルティングを行うのも弁理士の仕事になります。

現在、知的財産に対する社会的な関心の高まり、弁理士資格の受験者、合格者ともに年々増加傾向にあります。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事