会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

副業として起業するメリットデメリット

現在、パラレルワーク(副業・兼業)を政府が推進しており、会社員を続けながら、自分の特技や知識を生かして副業としてビジネスを立ち上げる人が増えています。但し、会社を辞めて起業に踏み切るのは大変不安になるかと思います。

今回は本格的に起業するリスクを回避し、副業として起業するメリットデメリットや注意点を解説します。

副業としてスタートするメリット

副業として事業をスタートする場合、下記メリットがあります。

リスク軽減

サラリーマンでも勤務先の倒産や解雇などによって突然収入がなくなるリスクがあります。副業をすることで収入源を複数にすれば、そのリスクは軽減されます。

副収入を得ることができる

副業収入を安定的に得ることに成功すれば、会社員としての給与以外に副収入を得ることができます。将来、会社を辞めて本格的に起業するときの自己資金を貯めておくことも可能です。

人脈を広げることができる

副業をしていれば、会社員としての生活では関わりのなかった人々に会う機会も増えます。そこで得られた人脈は、今後本格的に起業する際に役に立つ可能性があります。

本格的に起業するまでの間に集客できる

副業として展開する間に集客しておくことができます。会社を辞めて本格的に起業する段階で、最初は売上0円という状態を回避することが可能になります。

副業としてスタートするデメリット

逆に副業としてのスタートする場合、下記デメリットもあります。

中途半端なビジネス展開になる可能性がある

通常の営業時間は本業の仕事に従事しているので、どうしても営業時間外に副業の業務を行う為、副業ビジネスが中途半端になる可能性があります。

時間がなくなる

プライベートで遊びや旅行などに費やす時間が今までよりも少なくなります。プライベートの時間を削ってでもやり遂げたいという覚悟が必要になります。

本業への影響と肉体的・精神的負担

時間が無くなることに付随しますが、プライベートな時間が減り、肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。

副業の注意点

副業として事業をスタートする場合、特殊な環境に置かれるために注意点も多く存在します。下記のような点に注意が必要になります。

本業会社の就業規則は必ずチェックする

以前は副業を禁じている企業が多かったですが、最近では副業を解禁、なかには推奨している企業も出てきました。しかし、勤務先が副業を禁じている場合で申告する場合は注意が必要です。

副業で得た所得分の住民税は、自分で支払う普通徴税を選べば会社に知られるリスクは低くなりますが、会社が給与から天引きする分(特別徴税)にされてしまうと、会社に知られてしまいます。

創業融資は困難

副業の場合、創業融資など借り入れによる資金調達が困難な為、元手がかからない副業を選択する必要があります。

副業収入での税金がかかる場合がある

副業での所得が年間20万以下の場合、確定申告は不要ですが、年間20万以上の場合、1月1日~12月31日までの分を、翌年の2月16日~3月15日に所得税の確定申告をする必要があります。

※所得とは、売り上げなどの収入から必要経費を引いたものです。

まとめ

本業との関係性や新たに事業を行う不安は多大なものです。前述のメリットデメリットや注意点を踏まえて、本格的な起業に踏み切る前の助走期間という意味も含めて副業としての起業も検討してみてはいかがでしょうか。

(参考記事)2018年副業ランキングの徹底解剖!副業が解禁になってきている現状

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事