会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

簡単なアンケートの作り方(初級編)

飲食店であったり、展示会であったり、アンケート用紙は色々な所に設置することができますが、アンケートを取ることで、サービス向上や顧客満足度の把握など、多岐にわたり分析することが可能になります。

アンケートは、運営側と利用者をつなぐ大切な検証ツールだと言っても過言ではありません。

今回は簡単なアンケートの作成方法のコツについて解説します。

アンケート調査の種類

基本的なアンケート調査の種類から解説していきます。
アンケート調査には、大きく分けて「定量調査」と「定性調査」があり、これらを上手く使い分けることが、重要になります。

定量調査

定量調査とは、調査の対象となる人々や事象からの回答を数値として集計し、分析する調査のことをいいます。全体の傾向をつかむ際に利用されることが多く、消費者アンケートなど、事前に設定された選択肢から回答を選ぶものなどがあります。

インターネット(WEB)調査が代表的で、インターネットの広まりにより、従来の調査手法に比べて安価で早くアンケートの実施及び回収が可能になりました。

定性調査

定性調査とは、対象者一人ひとりの意見や感想などを厳密に調査したいときに用いる調査方法であり、企業でいえば、提供している商品やサービスについて、数量などでは表現できない顧客の個人的な評価を得るために実施されることが多いです。企業側が見落としている改善点を発見できるなど、より質の高い回答結果を得られます。

会場調査やグループインタビューが代表的で、生の声を時下で聞くことができ、より意見の深堀をすることが出来ます。

目的とゴールを設定することが重要

しっかりと成果を出すアンケートを実施するためには、まず目的とゴールを明確に設定することが必要となります。

どんな目的があり、それはどういうデータをどれぐらい収集できれば達成されるのかを明らかにしておかなければ、いくら時間をかけてアンケート調査を実施しても意味がありません。逆に、目的やゴールが明確になっていれば、次の工程である集計方法も決定しやすくなります。

アンケート基本の選択肢種類

アンケートには大きく6つの選択肢の種類があります。

・単一回答・・・・1箇所のみの回答の場合
・複数回答・・・・2箇所以上の回答の場合
・制限付き回答・・・・「3つまで」など制限を付ける回答の場合
・自由回答(長文)・・・・フリーアンサーで自由記述での回答の場合
・自由回答(短文)・・・・数字などを自由記述での回答の場合
・マトリクス・・・・表組形式の質問の場合(※例えば、各フルーツに対し、自分が好きだと感じる5段階評価など)

調査票を作る際のポイント

最初は答えやすい質問にする

アンケートの最初から、考えさせる質問にしてしまうと、途中離脱や回答を適当に答えられてしまいます。 回答者属性質問やYES NOでこたえられる質問など、最初は答えやすい質問に設計しましょう。

回答者の属性を質問に入れる

回答者の属性質問を入れると、性別毎、性年代毎、職業別など、属性ごとの回答を得ることができ、より深い分析をすることが出来ます。

質問文は出来るだけ具体的にする

中途半端な質問だと回答内容もブレてしまいます。出来るだけ具体的に、注釈が必要でしたら「※」などをつけて正確な回答が得られるような質問文にしましょう。

アンケートの質問のボリューム(長さ)を考える

質問数が多いと回答者に負荷がかかり、途中離脱や回答を適当に答えられてしまいます。紙でのアンケートの場合、多くて10問以内、インターネットでのアンケートの場合、15~30問以内に抑えましょう。

自由回答記述の質問をうまく使う

与えられた選択肢はあくまでも、質問する側が考えた質問項目です。回答者の本心を得たい場合、自由回答記述にすると今まで見えなかった事項が見える場合もありますので、上手く自由回答記述の質問を使いましょう。上手く誘導する場合、例文なども付け加えるとよりいいでしょう。

但し、自由回答記述は回答者の負荷がかかる質問ですので、何問も入れない事を心掛けましょう。

まとめ

企業のマーケティングにとって、アンケート調査は必要不可欠なものになります。

いかに適切な調査を実施するかで、その後の企業のマーケティング施策の成果が大きく変わってきますので、目的とゴール設定をし、目的に沿った調査手法で、成果の出るアンケート調査を実施できるようにしましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます