会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店探訪日記】~高田馬場 麺匠 いし井~編

本日は高田馬場で話題の【麺匠 いし井】に伺いました。

麺匠 いし井
ラーメン専門店の激戦地として知られる高田馬場駅周辺。
「焼きあご」を使うラーメン店「麺匠いし井」。志奈そば 田中で3年修業した店主が満を持して2018年9月5日に【麺匠 いし井】をオープン。外観はラーメン店とは思えないおしゃれなガラス張りでカフェ風、内装は寿司屋の様なカウンター席でまだ木材がほのかに香りました。



写真ではわかりにくいですが、ラーメン店とは思えない女性でも気軽に入れそうな外観です。実際、お客の約3割は女性でした。



まずお店に着いたら、食券を購入しましょう。赤ポロシャツの元気のよいお姉さまが出迎えてくれました。

メニューは食券販売機に書いてある通りです。ラーメンの種類とトッピングを自販機で購入します。ライスやサイドメニューもあります。

人気は「焼きあご醤油らーめん」です。




待つこと5分弱でラーメンの到着。中細ストレート麺に合わせたあごだしスープがめちゃくちゃおいしいです!とてもあっさりしていて、女性にも人気が出そうな味でした。

お茶漬けセットは遅れて登場。あご出汁スープと絡めていただくお茶漬けは絶品です!


曜日限定のイベントも組んでいるとの事。
火曜日メンズデー水曜日レディースデー日曜日ファミリーデー毎月14日はいし井の日


インスタグラムのプロモーションも行っており、フォロー後投稿にてトッピング無料との事でした!

【飲食開業者から見た】他飲食店に取り入れてほしい所

店主がこだわった内外装

元々、高田馬場にお店を出すことを決めていたわけではなく、ガラス張りテラスと砂壁に拘りがあったそうです。

女性客や他店にはないインパクトも考えての事だと思いますが、これから長くお店を続けていくには自分がこだわった事を表現するのは大変重要です。

飲食店はお金がかかりますし、妥協も必要ですが、こういったこだわりはお店で働くモチベーションになります。

出店地域に合わせたキャンペーン


高田馬場は学生街です。その地域に合わせた施策は当然重要です。その他にも前述のインスタグラムはもちろん写真は撮れませんでしたが、携帯の充電もできます。

地域にあった施策と気遣いがあるサービスは是非取り入れてもらいたい所です。

まとめ

高田馬場はラーメン激戦区であり、早稲田大学をはじめとした学生街です。若者が多いので、「こってり・がっつり」といったお店が多い中、女性でも入りやすそうで、今までの高田馬場にはないラーメン店でした。

ラーメン店は味以外で店主のこだわりが見える所は少ないですが、お店の雰囲気も味もサービスも店主のこだわりと心遣いが見える大変共感の持てるお店ですし、取り入れてもらいたい所です。

※あくまで飲食店経営者目線で、こちらの意見ですので、お店の意図としていることに相違があるかもしれないことをご了承ください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事