会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

会社の印鑑を作ろう!会社実印、銀行印、角印の役割について

会社印とは、会社で使う印鑑の総称です。大きく分けて「会社実印」、「会社銀行印」、「角印」3つに分けられます。

経営者が会社の代表者として契約を結ぶときなどに使われる「会社実印(代表者印)」や金融機関に届ける「会社銀行印」、 認印として利用される「角印」など様々な会社印について解説していきます。

会社実印(代表者印)とは

法務局へ「商業登記」の届け時、登録した印鑑です。登録することにより「実印(登記印)」としての役割を持ちます。会社の代表者としての役割を果たす印鑑ですので、「代表者印」とも言われています。

この印鑑は会社を登記する際に作る為、会社とともに生まれてくる大事なものになってきます。使い方として、契約書や公正文書等に使用されます。形態に決まりはありませんが、丸印が使われることが多く、印鑑の断面は二重丸の構造になっており外枠に会社名・団体名、内枠に役職名が入ります。法人の事業形態によって代表者の役職名の表記は変わります、

会社実印の内枠文字の例
外枠には「会社名(商号)」又は「屋号」、内枠には「役職名」が入ります。

・利用場所:契約書、公正文書など

会社銀行印とは

会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するため、銀行に届ける印鑑のことです。

会社及び商店が取引銀行へ登録する際に使用する金銭関係で最も重要な印鑑となります。会社銀行印を会社実印と併用することも可能ですが、偽造や盗用、紛失や破損等のリスクを考慮する必要があります。銀行印についても形態に決まりはありませんが、丸印が使われることが多く、法人実印(代表者印)と区別するために一回り小さいサイズで作ることが多いです。

外枠には「会社名」または「屋号」、内枠には「銀行之印」が入ります。

・利用場所:銀行の法人口座開設、預金の入出金、手形・小切手、銀行振替の申請書類など

会社角印とは

会社実印よりやや大きめの会社名だけを彫った四角い印鑑です。

角印は、請求書や会社の契約書、領収書等に社名と共に捺印する際に確認印として用いられます。主に会社や各種法人、事業所、店舗等の認め印としても利用されます。

・利用場所:見積書、請求書、領収書、検収書、注文書などの書類

まとめ


設立登記の際、管轄法務局に代表者印(法人実印)の届出義務があるため、最低でも一つは印鑑が必要になります。

但し、会社の実印(代表印)を銀行印として届出をしてしまうと、一つの印鑑にリスクが集中してしまうため、会社の実印代表印と銀行印は分けるケースが多いのです。

3本セットでも安価で購入できますので、出来れば、会社実印(代表者印)、会社銀行印、角印の3本を揃えておきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます