会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

法人の出資金(資本金)の払い込みについて

法人(株式会社や合同会社)を設立する際には、必ず出資金の払込みをする必要があります。

資本金の払込のタイミングを間違えてしまうと、会社設立ができなくなるリスクがありますので、今回は「出資金(資本金)払込み)」について解説します。

出資金(資本金)の払込みについて

定款が無事に認証されると、資本金を払い込みを行います。定款には、一株がいくらで、各発起人が何株分を出資するかなどを記載しなければいけません。これに基づいて資本金を払い込みを行います。

払込みの口座と方法

会社が設立する前なので、当然会社名義の銀行口座はありません。発起人の口座に払い込みを行います。

発起人が一人だと、自分の口座から一度出資金を引き出し、その後自分の口座に入金することで出資金を払い込んだことになります。たまに勘違いしている方がいますが、口座に出資金(資本金)の金額が入っているから大丈夫と思われている方がいますが、それでは出資金(資本金)が払い込まれたことになりませんので注意が必要です。

発起人が複数人いる場合は、発起人のなかの誰か1人の個人口座に入金・振り込みします。発起人であればだれの口座でも大丈夫です。

当然ですが、「発起人以外」の第三者の口座に入金しても、資本金の払い込みとして認められません。振り込む際には、出資者の氏名が通帳に記載されるように行うことで、誰がいくら振り込んだのか分かるようになります。

個人事業から法人成りする場合、個人事業時代の屋号名義の口座では認められないことがありますので、必ず発起人の個人名義の口座をつかいましょう。払込みをする口座は、普段お使いになっている金融機関のもので大丈夫です。(銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行、ネット銀行など)

払込みの時期

定款で「発起人が引受ける株式数を定める」ため、払込み(入金・振り込み)の時期は「定款の作成日の後」であれば大丈夫です。(定款の作成日とは、定款に記載した日付。認証日の前)定款の作成日が資本金の払込日より前に設定することができないということになります。

定款作成の日よりも前に払込みをしてしまうと、登記の際に認められないということになりますので、出資金の払い込みは定款の認証を受けた後に手続きをしましょう。

証明書の作成


全ての払い込みが完了したら、払込みがあったことを証する書面(払込証明書)を作成します。

払い込み証明書は、出資金の払い込みがあったことを証明する書類です。 払込みの額、払込みのあった日付などを記載します。代表社員が会社代表印で押印します。

払込証明書の作成には、出資金の払い込みのあった預金口座の通帳のコピーを用意します。 コピーは、通帳の表紙、金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人が記載されたページ(通常は通帳の表紙を1枚めくったところ)、払い込みがあったことが分かるページの最低3枚を用意します。

ネット銀行の口座の場合は、どの部分をプリントアウトすればよいか事前に、法務局にご確認ください。

作成した払込証明書を上にして左端を2箇所ホチキスでとじて、払込証明書に押印した会社代表印で各ページに割印(契印)して完成です。

まとめ

最後に基本的な流れをおさらいすると、以下の4つの手順を踏んで払込んでください。

  • 発起人の銀行口座の準備
  • 公証役場にて定款認証後、資本金の振込
  • 通帳のコピー
  • 払込証明書の作成と通帳コピーを合わせて綴じる

単純な作業になりますが、出資金(資本金)の仕方や払込のタイミングを間違えてしまうと、会社設立ができなくなるリスクがありますので、前述を参考にしてください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事