会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業検討者必見!レンタルオフィスのメリットとデメリット

会社のオフィス選びは大変重要ですが、今回は「レンタルオフィス」について解説します。

レンタルオフィスのメリットとデメリットをしっかり把握して、起業成功に活用しましょう。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスは一般的な貸事務所に比べて遥かに低予算で借りることができるレンタルによって利用できるオフィスの事です。

スペース内にはデスクや椅子など必要最低限のオフィス家具が設置されており、初期投資が抑えられることから、起業家のスタートアップオフィスとして利用者が増えています。

その他、共用のミーティングスペースやOA機器などを備えている施設が多く、受付スタッフが常駐している施設では来客時の対応などもおこなってくれます。

よく、レンタルオフィスとシェアオフィスとの違いについて聞かれますが、電話・受付サービス、郵便受けサービスなどは共通してますが、シェアオフィスは、作業場自体を共同で使ったりする形式のものを指す場合が多いですが、レンタルオフィスは通常のオフィスのように仕切られた空間で毎日仕事ができる環境になります。

レンタルオフィスのメリット

立地がいい場所にある

顧客を多く招く場合、一等地がいいですが、起業時だと料金などの問題で、一等地で場所を借りるハードルが高くなります。

レンタルオフィスの場合、都心の一等地に立っている場合が多いため、起業初期からビジネスに適した環境の中で仕事をすることが可能です。

初期費用を軽減できる

貸事務所の場合は、一般的に賃料の6~12ヶ月分を保証金として支払う必要がありますが、レンタルオフィスの場合は、賃料の1~3ヶ月分程度の保証金で良いため、初期費用を安くすることができます。

また、レンタルオフィスは、一般的にデスクや椅子などが常設されているので、備品購入などの費用も抑えることが出来ます。

セキュリティを保てる

個室の為、一定レベルのセキュリティは保つことが出来ます。

付属サービスも充実

電話・受付サービス、郵便受け、会議室など仕事をする上で必要なサービスも充実しています。

起業時に必要な登記や口座開設が比較的容易

レンタルオフィスの場合は、法人登記が可能な場合が多く、比較的簡易的に法人口座を開設することができます。

事務所サイズを変更出来る

起業時であれば小さい空間でいいですが、余裕ができたら大きなスペースに変更できるなど、事業拡大や縮小によって、同所在地内でスペースの変更ができる場合が多いのも特徴です。

レンタルオフィスのデメリット

情報管理

レンタルオフィスには、隣の会社(人)とのスペースが、パーテイションで仕切られただけの所もありますので、話し声が聞こえてきたりなどの情報管理が難しい場合があります。

付属サービスで料金が割高になる可能性がある

レンタルオフィスは様々な付加サービスがありますので、色々なオプションを追加していくと料金が必要以上に割高になることがあります。

改装や備え付けの家具や備品は取り替えられない

レンタルオフィスはあくまで、レンタルになりますので、自分の好きなように改装することや、家具や備品を入れ替えることもできません。

また、スペースも限られているため、広い在庫スペースが必要なビジネスには向いていません。

まとめ

レンタルオフィスには前述のようなメリット・デメリットがあります。ランニングコストを抑えられる事はもちろん、ビジネス一等地の住所や大きなオフィスビルが仕事場になることは対外的にもかなり有効的です。

但し、小さな会社がやっているレンタルオフィスの場合、廃業してしまう恐れがありますので、検討する際には注意しましょう。

オフィス 関連記事

シェアオフィスを探す5つのポイント

起業家にお勧め! コワーキングスペースとは

起業家必見! バーチャルオフィスとは?

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事