会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業家必見!クラウド会計ソフトとは?


クラウドとは?


「cloud(クラウド)=雲」。ビジネスではクラウドコンピューティングを略して「クラウド」と呼ぶことが多いです。

クラウドは、パソコンにインストールした従来型と異なり、インターネット経由で利用できるサービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方のことです。

クラウドサービスでないサービス
今までは、OutlookやBecky!などのメールソフトをパソコンにインストールして、メールを送ったりしていました。利用できるようになるまでに、インストール作業やメールサーバーの構築などが必要になります。

クラウドサービス
クラウドサービスとして提供されている代表的なメールサービスは、GoogleのGmailやMSNのHotmailなどがあげられます。

パソコンにソフトウェアをインストールしていなくても、クラウドサービスのアカウントさえ持っていれば、Google ChromeやInternet Explorer(IE)などのブラウザを通してメールを利用することができます。

過去、利用者は手元のパソコンの中にあるソフトウェアやデータを利用していました。最近はネットワークを経由して、「クラウド」の中にあるソフトウェアやデータをサービスで利用する形態にシフトしてきています。

クラウド会計ソフトとは

従来までの会計ソフトは、ソフトウェアを購入して、それを会社のパソコンにインストールすることで利用ができました。

これに対しクラウド型会計ソフトは、パソコンにソフトをインストールする必要はありません。サービス提供会社に対して使用料を支払い、IDとパスワードを入力して、ログインして使用します。もちろんパスワードは保存も可能です。毎回入力する必要はありません。

インストール型は、ソフトをインストールしたパソコンでのみ会計ソフトを操作できますが、クラウド型はネット環境さえあれば、パソコンやスマホ、タブレットでも利用可能です。

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトには、様々なメリットがあります。

初心者でも始めやすい

知識が全くないという事では難しいですが、経理の実務経験がなくても大変分かりやすく入力できる仕組みになっています。

どのクラウド会計ソフトもヘルプ機能やサポート機能が充実しているので、初心者でも使い勝手がいいです。

場所にとらわれない

インターネットが繋がる場所であれば、自宅でなくても、外出先でパソコンやスマホから操作できますので、とても便利です。

銀行口座やクレジットカード明細は自動連携できる

ネットバンキング対応の銀行口座の入出金明細や、クレジットカード明細を自動で取得できるので、入力の手間が削減できます。

他にも、請求書と連携できたり、仕訳がスムーズになるような補助機能が充実してますので、作業量を減らすことが出来ます。

常に最新のソフトが利用できる

パソコンにインストールして使うソフトは更新すると再インストール&コストも余分にかかっていましたが、ブラウザ経由でサービスにアクセスするので、利用するのは常に最新のシステムになります。

データバックアップで安心

従来までの会計ソフトは、一度インストールしてもその後バージョンアップがされるとその都度ソフトを購入してインストールする必要があり、手間とコストが余分にかかっていました。会計データは、会社のパソコンではなく、クラウドサーバー上に保管されます。パソコンの不具合などで大切な会計データが消失するリスクを減らすことができます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

クラウド会計ソフトのデメリット

クラウド会計ソフトは多くのメリットがありますが、下記のようなデメリットもあります。

情報漏れ

クラウド型ではユーザーIDとパスワードさえあれば見ることができてしまいますので、利便性という面ではメリットでもあるのですが、セキュリティの面では逆にデメリットになります。

ランニングコスト

大体のクラウド会計ソフト会社は月額で利用料を払います。使い続けている限り、コストが永続的にかかる事になります。基本的に、一度会計ソフトを入れたら永続的に使用する為、長期的に考えれば、合計コストが大きくなってしまいます。

代表的なクラウド会計ソフト

弥生株式会社「弥生会計オンライン」

・業界大手「やよい」のクラウド版
・会計最大手ならではの充実したサポート体制
・無料体験(60日間)※起業家応援キャンペーンで初年度0円で提供

【利用料金(法人向け)】
セルフプラン 年間28,080円(月額2,340円)、ベーシックプラン 年間32,400円(月額2,700円)
※いずれも税込

株式会社マネーフォワード「MFクラウド」

・始まりは「家計簿アプリ」使いやすいと評判
・電話、メール、チャット、訪問サポートあり
・無料体験(30日間)

【利用料金】
ライトプラン 月額1,980円+税、ベーシックプラン 月額2,980円+税

freee株式会社「freee(フリー)」

・クラウド会計ソフト シェアNo.1
・請求書作成ソフトは無料
・無料体験(30日間)

【利用料金(法人向け)】
ミニマムプラン 月額2,380円円+税、ベーシックプラン 月額4,780円+税

まとめ

クラウド会計ソフトを導入した方がいい人として、ネットバンキングや、クレジットカードでの決済が多い人や手軽に始めたい人、複数のデバイスで作業をすることが多い人など、特に起業家には向いているかと思います。

まずはメリットとデメリットをよく理解した上で、導入に向けて検討するのがいいでしょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト