会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】飲食店開業でかかる主な費用

飲食店を開業する上で、大きく「物件取得費」「内外装工事費」「厨房機器、備品購入費」の3つの費用があります。

ここではこの3つを項目ごとに分けて細かく説明していきます。

①物件取得費

まず、物件を借りる上でかかる費用として、「物件取得費」というものがあります。これは「保証金(敷金)」「礼金」「仲介手数料」を合算したものになり、住居用と同様に発生します。通常の住居用の物件の敷金は2ヵ月が相場なのに対し、飲食店舗などのテナントの保証金は、賃料の約10カ月分が相場となります。
例えば月の賃料が30万円、保証金が10ヵ月の場合、保証金として300万円を用意する必要があります。保証金にプラスして、礼金は賃料の2ヵ月分、仲介手数料は賃料の1ヵ月分を用意することが必要です。

また「居抜き物件」という、前の借主の内外装や厨房機器などの店内設備をそのまま引き継ぐのであれば、さらに造作譲渡金を用意することが必要です。

造作費用は相場というものが無く、前借主との交渉が必要となります。

(参考記事)【飲食店開業】店舗の保証金・敷金について
(参考記事)【飲食店開業】飲食店の「店舗物件取得」に係る費用について

②内外装工事費

内外装工事費に関しては、相場というものが無く、お金をかけようとすれば数千万というようにもかけれますが、仮に「スケルトン」物件で、コンクリートむき出しの全く内装に手をつけていないものであれば、費用が掛かるものは大きく4つあり、「厨房ダクト」「厨房防水工事」「グリーストラップ」「電気工事」があります。お店の業態や規模、出店場所によって金額は大きく変わりますが、必要最低限の設備を整えるとなると目安として、1坪(3.3㎡)あたり30~50万円程となります。

また、「居抜き」物件の場合、費用は安く抑えられることが可能ですが、故障しているところを発見し、手直しすることが必要となりますので、注意が必要です。

(参考記事)飲食店の「内外装工事」に係る主な費用について

③「厨房機器、備品購入費」

最後に厨房機器などの設備です。ここで検討した方が良いことは、厨房機器を「レンタル/リース」もしくは「購入」するといったことを考えなければなりません。初期費用の観点から、厨房機器はなるべくレンタル/リースをおすすめしますが、最低契約年数というものがあり、相場で4~6年というものが一般的です。

万が一、売上不振が続き、廃業してしまうことになったとしても、最低契約年数分の料金を取られてしまう為、「閉店したいけどリース契約があと1年残っているから潰したくても潰せない」といったことが起こってしまうので、慎重に考えて、検討することをおすすめします。

また、備品について、イス、テーブルなどは「居抜き物件」でない場合は用意する必要があります。ボード、スタンド、メニュー表、清掃グッズなど、細かいものでも積み重なってくると結構な金額がかかりますので、事前の計画でリストアップなどの準備はしておきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます