会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

公的融資を受けるなら起業3ヵ月以内!

起業時に資金調達を検討している起業家の方は大勢いるかと思います。

資金調達方法も多種多様あり、どこで融資したらよいか迷われれる方もいるかと思います。

主に公的融資は2つ

・日本政策金融公庫
・信用金庫・地方銀行・都市銀行から借り入れる信用保証協会融資(制度融資とも言います)

どれも金利が2~3%程度と安価で、起業家が検討する融資には最適です。

融資が通りやすい基準は色々と言われていますが、重要なのは

・自己資金
・事業計画
・経歴
・自身の借り入れ状況(キャッシュカードなど)

が主に上げられます。

何故、「公的融資を受けるなら起業3ヵ月以内」なのか。

3ヵ月以上過ぎると、それまでの事業状況が見られてしまい特に6ヵ月近く経過していて、事業計画通りいっていないとそこでマイナスポイントになってしまいます。

設立3ヵ月以内であれば、そもそも事業計画通りにいっていない会社が大多数なので売り上げの根拠を示せることが出来れば、審査に通る確率が上がってきます。

いずれにせよ、融資を受けるなら早めにを心掛けて、会社設立前に準備をしていきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます