会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

2022年4月1日から成年年齢が引き下げられること(18歳成人)による起業の可能性とメリットについて解説


2022年3月時点で、民法第4条に「年齢20歳をもって成年とする」と定められているところ、2022年4月1日からは「年齢18歳をもって成年とする」とその内容が変更されました。つまり、2022年4月1日以降、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることになります。

そこで今回は、2022年4月1日から成年年齢が引き下げられること(18歳成人)による起業の可能性とメリットについて解説していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

成年年齢が引き下げられることによって変わることと変わらないこと

まずは、成年年齢が引き下げられることによって変わることと変わらないことを説明します。

成年年齢が引き下げられることによって変わること

成年年齢が18歳に引き下げられることによって、一例として、2022年4月1日から次の事項が変わります。

  • 18歳から契約をすることができます。
  • 18歳から有効期間が10年のパスポートを取得することができます。
  • 18歳から公認会計士・司法書士等の国家資格に基づく職業に就くことができます。
  • 18歳から性別の取扱いの変更審判を受けることができます。
  • 女性の結婚可能年齢が18歳に引き上げられます。

それぞれについて以下で説明していきます。

18歳から契約行為が可能になる

2022年4月以降、18歳から成年となりますので、18歳・19歳の方は1人で契約をすることができるようになります。高額な商品を購入する、ローンを組む、クレジットカードを作る、不動産の購入や不動産の賃貸に関する契約も、2022年4月以降、18歳・19歳の方は親権者の同意を得ることなく行うことができます。18歳から成年となり様々な契約行為ができるようになりますので、詐欺あるいは相当不利な契約を締結しないよう注意が必要かもしれません。

なお、2022年3月以前に18歳・19歳の方が親の同意を得ずにした契約は、2022年4月以降も、引き続き取り消すことが可能です。

18歳から有効期間が10年のパスポートの取得が可能になる

2022年3月現在、18歳・19歳の方が取得できるパスポートの有効期間は5年であるところ、2022年4月以降は、18歳・19歳の方でも有効期間が10年のパスポートを取得することができるようになります。

18歳の方が2022年3月31日までに有効期間5年のパスポートを申請している場合、2022年4月1日以降、当該申請につきその受け取り前に有効期間を10年に切り替えることはできない可能性があるためご注意ください。

18歳から国家資格に基づく職業に就ける

18歳から公認会計士、社会保険労務士、司法書士、行政書士等の国家資格の登録ができるようになります。司法書士登録は、司法書士試験に合格した人が行うことができますが(他のルートもあります)、未成年者は登録することができませんでした。2022年4月1日以降は、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることにより、例えば司法書士試験に合格している方は18歳から司法書士登録をすることができるようになります。

18歳から性別の取扱いの変更審判を受けることが可能になる

性同一性障害者であって、一定の条件を満たしている人は、家庭裁判所に対して性別の取扱いの変更の審判の申立てをすることができます。この条件の一つに「20歳以上であること」がありますが、2022年4月1日以降は、これが18歳に引き下げられます。

男女ともに結婚可能年齢が18歳になる

2022年3月までは、男性は18歳、女性は16歳になるまで婚姻をすることはできませんが(民法第731条)、2022年4月以降は、男女ともに18歳以降でないと婚姻することができなくなります。なお、2022年4月1日時点で既に16歳以上の女性は、2022年4月以降、18歳未満でも結婚することができるとされています。

成年年齢が引き下げられることによって変わらないこと

成年年齢が18歳に引き下げられた後も変わらないこともあります。一例として次の事項は、2022年4月以降も20歳にならないと行うことができません。

  • 飲酒、喫煙をする。
  • 競馬、競輪、オートレース、競艇の投票券を買う。
  • 養子を迎える。
  • 大型、中型自動車運転免許を取得する。
【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

若者の起業の可能性やメリットとは?

18歳で成人とされることは、多くの方面に影響を与えそうです。とくに、今まで未成年とされていた10代での起業に大きなメリットがある反面で、懸念や新たに必要とされる支援もあります。日本政策金融公庫総合研究所の調査によると、18歳から29歳までの36%が「起業経験がある」もしくは「起業に興味がある」と答えています。若者の安定志向が度々報道される中、36%という数字は想像以上に大きく、大変驚かされました。自立心があり、経済的にも社会的にも組織に依存しないバイタリティをもった若者が増えているとすれば、今後の日本にも期待できそうです。

以前の20歳成人では、10代で起業するためには、必要な諸契約の度に親権者の同意書が必要であり、起業したくても本人だけでは自由にできない現実がありました。今回、18歳成人となったことで、その辺りの状況が変わってきます。

メリットについては、18歳になれば、自分の意志で起業できることです。「親への迷惑」という心の負担がなくなりました。そして進路選択の幅が増えたことです。より早く起業に挑戦できることで、進学か就職かという二択ではなく、独立、あるいは「進学しながら起業」という進学と就職の中間点も選べるようになりました。また経済的に自立しやすくなったことです。賃貸契約や奨学金の契約も本人の意志のみで進められるようになりました。経済的な理由から学業や起業を諦めていた若者にも、自分で人生を選択できる機会が増えたのです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、2022年4月1日から成年年齢が引き下げられること(18歳成人)による起業の可能性とメリットについて解説しました。

18歳成人の引き下げによって、行動力と意志をもっている若者にチャンスが増えたことは喜ばしいことですが、その輝かしい芽を伸ばすためには、型通りの行政からの支援だけでなく、行政と若者の橋渡し役、孤立している若者の発見など、様々なサポートが必要になります。成年年齢の引き下げは、幅広い層に起業の機会を与えてくれたのかもしれません。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト