会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

店舗管理システムとは?店舗管理システム導入のメリット・デメリットやおススメの店舗管理システムをご紹介


店舗管理システムは、売り上げの管理や仕入れ・在庫の管理などを店舗単位で行えるシステムです。中には勤怠や顧客管理までカバーできる製品も登場しており、業務効率化や円滑な情報共有などを実現したい企業の方には必見のシステムです。

そこで今回は、店舗管理システムについてや、店舗管理システム導入のメリット・デメリット、おススメの店舗管理システムをご紹介していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

そもそも店舗管理システムとは?

従来まで人が行っていた「店舗を管理する」という業務をITテクノロジーを使って簡単に行うのが、店舗管理システムです。

売り上げの報告や、在庫の把握・仕入れの発注、店舗で起きたことの報告など、店舗経営を行ううえですべきことは膨大にあります。すべてを人が行うとなると、多くの時間がかかってしまい、業務効率が下がってしまうかもしれません。店舗管理システムを導入すれば、効率を落とさず、一連の管理業務の質の向上も見込めるでしょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

店舗管理システム導入のメリット

店舗管理システムを導入することにより、効率的な店舗運営が可能になるといわれます。具体的には、導入によりどのようなメリットを享受できるのでしょうか。店舗管理システム導入のメリットを紹介します。

情報を一元管理できる

店舗管理システムを導入すれば、店舗運営に必要な情報を本部・店舗側それぞれで一元管理できます。また店舗・本部とも共通したシステムでつながれば、各店舗の売上状況が「リアルタイム」でわかります。データを遡ってみたり比較したりが容易になり、適切な経営戦略を立てることができます。

情報を共有できる

店舗管理システムがあれば、本部側は管理するすべての店舗の状況を容易に把握することが可能です。有益な施策を行っている店舗があるならば、その情報を多店舗にも共有できます。また、店舗側も共有した情報に対し疑問や要望を訴えやすくなります。双方のやりとりが密になれば、本部側と店舗側の信頼関係も深まります。

店舗運営の効率化・利益率アップ

店舗管理システムの導入によりPCDAサイクルが回りやすくなります。というのも、在庫管理や売上管理を一元的に行えば、店舗にあった経営計画をたてられます。現実的な数値に基づいて経営計画を立てられるので、無理や無駄がありません。計画に基づいて店舗経営を行えば、その結果も数値で評価できます。売上や在庫の数値を見て改善点が見つかれば、次の経営計画に盛り込むこともできるでしょう。こうして適切にPCDAが回り出すようになれば、やがては店舗運営の効率化・利益率アップにつながっていくのです。

店舗管理システム導入のデメリット

店舗管理システムを導入した場合、少なからずデメリットとよべるものもあります。店舗管理システムの導入では、どのような点に注意しておくべきなのでしょうか。

導入研修が必要

どのようなシステムであれ、それは正しく使わなければ意味がありません。システム導入時にはシステムに携わる全ての従業員に対し、使い方や注意点を指導する必要があるでしょう。また、導入後しばらくはシステムの誤作動や稼働方法への疑問などが出てくることは覚悟しておかねばなりません。

導入コストがかかる

店舗管理システムは、近年「クラウド型」が主流です。これは、クラウド上のサーバーを利用するシステムで、自社にサーバーを設置する必要がありません。いわゆる「オンプレミス型」と比較すると導入コストは抑えられますが、月々のクラウド使用料やイニシャル費用などは必要です。どのようなシステムを導入するかで、運用コストも大きく変わります。システムの適用範囲や機能などよく考え、費用対高価がよいと思われるものを選びましょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

業種別店舗管理システムの選び方

ここまでは、店舗管理システムについてやメリット・デメリットを紹介しました。ここからは、具体的な業種ごとに、店舗管理システムの選び方を紹介していきます。

飲食店向け店舗管理システム

飲食店は、「発注・仕入れが多い」「従業員の入れ替わりが激しい」という特徴がある業種です。そのため、原価計算・仕入れ値・仕入先の詳細な設定や勤怠管理への柔軟な対応ができる店舗管理システムがおすすめです。

アパレル業向け店舗管理システム

アパレル業には、「商品のサイズ・色が多岐にわたる」「特売価格の販売頻度が多い」という特徴があります。それゆえに、カラー・サイズまでの正確な管理やセール価格の一括設定をできる店舗管理システムの導入が求められます。

EC業向け店舗管理システム

EC業については、出店モールが複数にわたることが多いという特徴があります。そのため、複数ネットショップの一元管理に対応しているのが必須条件です。また、楽天やAmazonなど、国内の主要なネットショップへ対応しているかも忘れずにチェックしましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

おススメの店舗管理システム5選

ここからは、おススメの店舗管理システムを5つご紹介していきます。

アラジンオフィス

株式会社アイルが提供する「アラジンオフィス」は、カスタマイズ開発もおまかせの小売業向け店舗管理システムです。EC・ネットショップ管理、実店舗管理、本部・物流管理すべてを網羅し、一部卸業を行う企業にも対応できるなど、柔軟性の高さが強みでしょう。なお、関東・関西・東海が対象地域になります。

まかせてネットEX

「まかせてネットEX」は、「株式会社ジャストプランニング」の飲食店用店舗管理システムです。パッケージ型ではなくオーダーメイド型のクラウドシステムなので、導入時のミスマッチの心配はありません。さらに、店舗管理システムを導入した後も、カスタマイズは可能です。導入効果を検証しながらカスタマイズできるので、無駄のない使いやすいシステムとなるでしょう。その他、もしもの時のサポートや担当者のサポートも充実しています。店舗管理システムがよくわからない、導入に不安があるという人には、心強い体制といえるのではないでしょうか。

店舗Linkle(リンクル)

北都システム株式会社が提供する「店舗Linkle(リンクル)」は、本部からの業務指示を一つに集約化できるため指示ミスや漏れを防ぐほか、指示に対する行動や状況把握にも役立てられます。SNS機能を備えており、遠方店舗であっても横のつながりを構築でき、ナレッジやノウハウ共有にも有用でしょう。画像により的確な指示出しをサポートする店舗ディスプレイ機能なども搭載しております。

はたluck

「はたluck」はナレッジ・マーチャントワークス株式会社が提供する、チェーンストア経営のための店舗運営マネジメントツールです。iOS、Android対応のアプリには、情報共有を目的とした連絡ノート機能や動画マニュアルを確認できるストレージ機能、さらにはシフト管理機能など、店舗運営の生産性改善に役立つ機能が集約されています。気軽にシステムにアクセスできる点も魅力でしょう。

TEMPOSTAR(テンポスター)

「TEMPOSTAR(テンポスター)」はあらゆる業務の効率化の他に個別にカスタマイズできる点があり、欲しい機能だけを持ち合わせた独自のシステムを作成することが可能となります。店舗管理システムの中にはいらない機能が入っている場合もありますので独自に組み合わせて使用できる点はありがたいです。また新サービスを定期的に配信していますので相性が良いと更なる業務の効率化を実現することができます。

まとめ


店舗管理システムは様々な業務を効率化することが可能で、今までは面倒だったという管理面の問題を解決してくれるシステムです。アナログの方法で十分だという店舗もあるかもしれませんが、少しでも業務の効率化を目指すのであれば顧客データ・売上管理を一元管理は必須となります。

自社にあった店舗管理システムを見極め、バックオフィス業務を効率化しましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト