会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

カードローンとは?カードローン選びで押さえておきたいポイントについて解説


カードローンに興味はあるものの、具体的にどのようなサービスか分からない、負担が大きいイメージがあって怖いなどといった理由で、利用をためらっている方もいるのではないでしょうか。

今回は、カードローンについてやカードローン選びで押さえておきたいポイントを解説していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営している株式会社ベクターが発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

そもそもカードローンとは?

カードローンとは、消費者金融をはじめ、銀行やクレジットカード会社などが提供している借入専用のサービスで、担保や保証人などが不要で利用できる融資のことです。基本的に使い道を問われることはなく、どのような目的で使うかは、利用者が自由に決められます。急にまとまったお金が必要になったときに重宝するでしょう。

法人向けのカードローンを提供しているカード会社や金融機関もありますが、多くは個人を対象にしたサービスになります。

カードローンとクレジットカードは違う?

クレジットカードとカードローンは、主な利用目的が大きく異なります。前者はショッピング機能、後者はローン機能を主目的とします。

例えば、クレジットカードをショッピングで利用する場合、購入商品の代金をカード会社が立て替えます。そのため、カードで支払う代わりに、現金払いしなくてもよいです。また、キャッシング(ローン)機能の付いたクレジットカードを選ぶと、現金を借り入れできます。ただし、クレジットカードのキャッシング(ローン)枠はショッピング枠の限度額内に含まれるため、高額な借り入れはできません。金利もカードローンより高い傾向にあるので注意しましょう。

一方、カードローンは、ショッピングの際にカードを使って直接的に何かを購入できません。ショッピングでカードローンを利用する場合は、ATMなどでお金を借り入れ、そのお金で購入代金を支払います。現金で借り入れできるため、利用目的が制限されない点が特徴です。また、クレジットカードとカードローンでは、適用される法律が異なります。クレジットカードには「銀行法」がカードローンには「賃金業法」が適用されることも押さえておきましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

カードローン選びで押さえておきたいポイントとは?

カードローンは、「銀行系」「ノンバンク系」に大別されます。それぞれ特徴が異なるので、カードローンを利用する際は、まずどちらにするかという視点で選ぶ必要があります。

一般的に、銀行系は都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信用組合などが提供しているカードローンのことを指します。一方、ノンバンク系は文字通り銀行以外の金融機関を指し、消費者金融業者、クレジットカード会社、信販会社などが該当します。

銀行系カードローンはノンバンク系に比べ、適用される金利が低めに設定されているのが特徴です。同じ金額を借りるのであれば、銀行系の方が利息負担を抑えることができます。また、銀行が運営しているという安心感もメリットとして挙げられます。ただし、融資までに比較的長い時間がかかる傾向があるため、急いで資金を調達したいというニーズに対してはノンバンク系に劣ります。

ノンバンク系カードローンの最大のメリットは、融資までのスピードの速さです。中でも消費者金融業者はその傾向が強く、審査が数分から数十分程度で完了し、最短で即日に現金を手にできるところもあります。また、ノンバンク系は利用目的に制限がないことが多く、使い勝手が良いのも魅力です。一方、金利に関しては銀行系よりもやや高い傾向にある他、貸金業法で定められた総量規制により、年収の3分の1を超える金額の借り入れができません。

銀行系とノンバンク系は双方にメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとはいえません。そのため、利用者のニーズに適した方のカードローンを選ぶことが大切です。例えば、「長期の借り入れや繰り返しの借り入れを想定しているなら金利の低い銀行系」「今日、明日中にまとまった資金が必要になったらノンバンク系」という具合に、目的や利用シーンに合わせて比較・検討した上で選ぶと良いでしょう。

カードローンの返済方法

カードローンは、振替口座からの自動引落やインターネット返済、店頭窓口、指定のATMなどから返済することができます。特に、インターネット返済は、外出が困難なときや近くに指定のATMがないときにも、24時間返済できる点が安心です。自動引落の返済期日は月末に設定されているケースが多いですが、複数の日から選択できるカードローンもあります。期日に遅れずに無理なく返済を進めるには、選択肢が多いほうがいいでしょう。

なお、返済方法には、あらかじめ決めた金額を毎月返済するリボ払いと、まとめて借入額を返済する一括返済があります。一括返済のほうが利息は少なくなるため、希望する場合は利用申込の前に、一括返済に対応したカードローンか確認してください。

カードローンを完済したら契約はどうなるのか?

一時利用が目的でカードローンを契約した場合、その後に使う予定がない場合もあるでしょう。カードローンは、借入したお金を完済しただけでは解約したことにはなりません。解約したい場合は、完済後にカードローンを発行している消費者金融に連絡をして、解約手続が必要です。解約の場合は、原則として端数の利息まで返済が必要です。完済日まで利息が加算されるため、自分では完済したつもりでも1円単位で返済金が残っていることがあります。知らずに遅延が発生していることもありますので、注意してください。

なお、完済した後もカードローンで借入する予定があるなら、契約はそのままで問題ありません。完済によって利用限度額が元に戻るだけで、引き続き利用できます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

まとめ


カードローンは、無担保でお申し込みが可能、使い道が自由、何度でも借入をすることができるというメリットがあります。しかし便利であるがゆえに、つい借りすぎてしまうといったケースもあるでしょう。

返済額には利息が加算されていきます。まとまったお金を借入れる際は、後で返済に困ることのないようにしてください。カードローンは、契約条件や返済スケジュールなどをきちんと検討したうえで、無理なく上手に利用しましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

株式会社ベクター
電話番号:03-5333-7013

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト