会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

親子上場とは?親子上場のメリット・デメリットについて解説


企業のコーポレート・ガバナンス改革の一環として注目を集めているのが親子上場です。今回は、親子上場について解説していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営している株式会社ベクターが発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

親子上場とは?


親子上場とは、その名の通り、親会社と子会社がそれぞれ上場している状態のことになります。日本は親子上場をしている会社が多い国で、逆に海外では多くありません。日本で親子上場している例では、ソフトバンクとヤフー、NTTとNTTドコモ、日立グループ、日本郵政グループなど、有名企業の多くが親子上場しています。

親子上場には、例えば、社内の新規事業を分離し、子会社として上場させ、成長を促すという利点もあります。ただその一方で、親会社と、子会社の少数株主との間には、利益相反の関係が発生します。親会社は、子会社の総株主議決権の過半数を有し、子会社の財務および事業の方針について、決定を支配しています。そのため、親会社の利益が優先され、その結果、子会社の少数株主の利益が損なわれる恐れがあります。

親子上場をしている企業/親子上場を廃止した企業

上記でも記述しましたが、最近では、楽天グループ傘下である楽天銀行が2022年7月4日、東京証券取引所に新規上場申請を行ったと発表がありましたが、日本は親子上場している有名企業が多くあります。

親子上場をしている企業

ソフトバンクグループ

  • ソフトバンク
  • ヤフー

日立製作所

  • 日立金属
  • 日立建機

キヤノン

  • キヤノン電子
  • キヤノンマーケティングジャパン

日本郵政

  • かんぽ生命保険
  • ゆうちょ銀行

日本の親子上場はここ数年減少傾向にあるようです。また、2000年以降からは親子上場を廃止する企業が増加しています。親子上場を廃止する背景としては、親子上場を継続するための「コスト」がかかることや、上場子会社に対するガバナンスの難しさなどがあるようです。

親子上場を廃止した企業

イトーヨーカ堂

  • セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパン

松下電器産業

  • 松下寿電子工業、九州松下電器、松下通信工業、松下精工、松下電送システム

パナソニック

  • 三洋電機

トヨタ自動車

  • ダイハツ工業

ソニー

  • SME、ソニーケミカル、SPT

みずほFG

  • みずほ信託銀行
【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

親子上場のメリット・デメリット

ここからは、親子上場のメリット・デメリットについて解説します。

親会社にとってのメリット

資金調達がしやすくなる

子会社を市場で売却し資金を得ることで、親会社自身が新たな事業に投資することが可能になります。

子会社株式の市場価値向上

子会社が市場に出ることで子会社の価値が上がると同時に、親会社の価値も向上します。

管理費用の負担軽減

子会社の信用力向上により、子会社に対する資金や人材の調達がしやすくなります。

子会社にとってのメリット

経営の裁量が増える

親会社から独立することで、経営の自由度が増します。

従業員のモチベーションの向上

上場することにより上場企業としてのステータスが上がり、従業員のモチベーションアップにつながります。

親会社にとってのデメリット

子会社に対する支配力が弱まる

グループ企業としての経営判断が遅れたり、経営判断がぶれる可能性があります。

子会社の上場による情報開示

子会社の独立に伴い、これまでより詳細な情報開示が必要になります。

子会社にとってのデメリット

営業力の低下や管理コストの負担

上場企業として高いレベルでのガバナンスが要求され、内部管理体制のコストが増える可能性があります。

子会社の少数株主の利益が不当に阻害される

親会社がグループ全体の利益を最優先することで、子会社が犠牲となった結果、子会社の少数株主の利益が侵害されるという問題が発生する懸念があります。

子会社が親会社にとって不要な人材の受け皿になる可能性

親会社にとってイメージダウンになるリストラを避け、親会社から子会社への出向や転籍を行う形にすることで、子会社側で不要な人材を受け入れなければならなくなる場合があります。

親子上場の問題点

親子上場における親子それぞれのデメリット以外に、親子上場そのものに対しても、さまざまな問題点が指摘されています。主だったものをいくつか紹介します。

子会社における少数株主の利益が損なわれる

まず前提となるのが、株式会社を保有しているのはその会社における株主だということです。したがって、株式会社には、株主の利益を最大化することが常に求められます。そして、親会社を持つ完全子会社であれば、株式会社である親会社の利益を上げるために行動すればよく、また上場会社であれば、投資家などの株主に利益が出るよう事業を運営すればいいわけです。しかし、親会社を持ちながら自身も上場している会社の場合は、親会社にとって利益になる行動が、株主における利益の最大化につながらない可能性かあります。

上場維持コスト

上場維持コストの問題もあります。利益相反が構造的に存在するため、それを防ぐため、親子上場をしていない上場企業よりも厳格なガバナンス体制の構築や情報開示が必要になります。また、親会社と子会社両社が上場維持コストを支払っていますので、通常の上場企業よりも、上場に係るコストの負担が大きくなると考えられます。

資金の二重取り

親子上場により、親会社が子会社も含めた企業価値を裏づけとし、上場時に市場から資金を集め、さらに子会社上場で再び資金を得る、資金の二重取りが行われる可能性があります。東京証券取引所も、新規上場ガイドブックの中で、「親子上場は新規公開に伴う利得を二重に得ようとしているものではないかと考えられ、上場審査では慎重に対応する」と説明しています。

子会社利益の外部流出

子会社における株主の意向が経営に反映され、得た利益の一部が外部流出することで、グループ全体の利益が配当として流出してしまうことが懸念されます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、親子上場について解説しました。

親子上場は親会社が筆頭株主であるため、親会社の利益が優先されやすいというガバナンス上の問題があることは否めません。

しかし、売買や配当で利益を得たい個人の投資家であれば、必ずしもデメリットだけではなく、投資機会が増えると考えることもできますので、。メリット・デメリットをしっかりと理解し、適切な判断をもって投資に臨むことが重要だといえます。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

株式会社ベクター
電話番号:03-5333-7013

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト