会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

従業員満足度調査(ES調査)とは?目的や調査手法などについて解説


従業員満足度調査(ES調査)は職場環境の改善や教育・研修体制の見直し、福利厚生の充実などに欠かせない調査です。

今回は、従業員満足度調査(ES調査)について解説していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

従業員満足度調査(ES調査)とは?

従業員満足度調査とは、従業員が仕事内容、人間関係、職場環境などについてどの程度満足しているかを測る調査のことです。少子高齢化によって、近い将来の労働人口は大きく減少することが確実視されています。働く側のワークライフバランスの変化も著しく、さまざまな働き方が誕生している中、従業員の企業への満足度を調べる調査として、この従業員満足度調査(Employee Satisfaction調査=ES調査)がさまざまな企業で実施されています。

従業員満足度が高まれば離職率は低下し、企業業績の向上にも貢献します。企業価値を高めるためにも、従業員満足度を把握し高めることが注目されています。

従業員満足度調査を行う目的について

従業員満足度調査は、従業員の会社に対する意識や問題点を把握し、人事制度、評価、福利厚生、労務管理などのさまざまな環境改善の資料とするために活用することができます。

従業員が仕事に対するモチベーションを上げることで、会社や自社製品に対する愛着心も上がっていきます。従業員が会社や自社製品に対する愛着心を持つことで顧客に対しても満足してもらえる対応を自主的に行うようになっていきます。従業員満足度が高まることで、顧客満足度も相乗的に高くなり、業績向上が見込まれます。

自社の課題を定量的に把握できる

部署内でのチームワークの問題点や、他部署との協力体制の相互理解など対面のコミュニケーションでは明らかになりづらい従業員の生の声が数値として可視化できます。相互理解ができていないと意見対立による生産性の低下を招きます。対立を解消するためにも、未然に防ぐためにもES調査の実施は重要です。

離職率低下・採用コストダウン

仕事やキャリアなどに関する志向や希望を把握することができるので、それを活かした人事配置につなげることができます。このような人事配置を行うことは従業員に意欲を持って仕事に取り組んでもらうことができるため、従業員定着率の向上に繋がりますし、離職率を抑え、優秀な人材を確保することもできます。

福利厚生や教育体制の強化

福利厚生や教育体制についての調査をした結果、建設的な意見や要望であれば採用したり、それをヒントに福利厚生や教育体制の改善に活用したりできます。多数の従業員から同じ要望があった場合には、真摯に受け止め対応することで、従業員満足度を上げられるでしょう。また、多くの従業員が改善を求める内容は、求職者にとっても重要な項目である可能性が高いです。現従業員の不満を解消することで、採用活動の際にも自社の特色としてのアピールにもつながります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

従業員満足度(ES)を構成する要素

従業員満足度(ES)を高めるためには、構成する以下の要素を理解しましょう。また要素とは別ですが、調査には対象となる従業員の属性や年齢、部署などの基礎情報は必ず入れましょう。具体的には、「性別」「年齢」「勤続年数」「部署」「役職」のような質問になります。

企業のビジョンや理念への共感

企業がどのようなビジョンを持ち経営に当たっているか、またそのビジョンが確実に従業員へ伝わっているのか。またその方針に共感し、ポジティブに受け止め行動できているか。

マネジメントへの納得

上司の指示や指導内容、フィードバックに対して納得しているか。自身の役職に対して満足しているか。

仕事への満足度

仕事内容にやりがいや達成感を感じているか。また、自身が仕事をしていることで人や社会に貢献できると実感できているか。

職場での人間関係

仕事で関わる人々と適切な人間関係を築くことができているか。連携を取れる環境が整っているか。

快適な職場環境

社内の風通しがよく、自分の意見を率直に発言できる場所であるか。不要な残業がなく、プライベートも大切にする時間を確保できる職場環境であるか。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

調査手法について

従業員満足度調査を行う場合、インタビュー調査とアンケート調査の2種類があります。それぞれのメリットや特徴を比較しながら見ていきましょう。

アンケート調査

アンケート調査はその名の通り、従業員全員に行なってもらう調査のことです。匿名で大人数の調査を実施できるため、できるだけ率直な意見を調査でき、整合性も高まります。ただし、基本的にはこちらが用意した質問に回答してもらうだけのため、回答に至った背景までを詳しく調査することができません。

インタビュー調査

インタビュー調査は、インタビュー形式で従業員満足度を図る方法です。従業員に直接ヒアリングすることで、今どのように感じているのかやその背景なども詳しく調査できます。ただし、一人ひとりに調査するため大企業であれば、全員分の調査を行うのに時間とコストを要します。また、匿名ではないため自分の立場などを考慮して率直な意見を聞けない可能性もあります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

従業員満足度調査のポイント

少ない質問数に留める

大量の質問を投げかけてしまっては回答自体の意欲を削ぐことになります。全体を通して同じ種類の質問を省きましょう。業務が忙しいなかで、質問が多い調査に答えるのは一苦労です。できれば休憩時間などで簡単にこたえられるよう質問を絞り、回答も二択か数で答えるなど、答えやすさを重視したものにしましょう。

経営陣への報告を主目的としない

調査を行う目的を明確にすることで質問の質が変わります。もちろん経営陣への集計の報告は行うかもしれませんが、それが主目的とするのではなく、より満足度を高める改善や施策を打ち出す材料になることを意識して作成します。まずはどのようなポイントで社員満足度調査を行いたいのかよく考え、調査目的を明確化しましょう。

堅苦しい表現を使わない

堅苦しい表現では、社員の回答時の思考に制限を掛けてしまうことがあります。柔らかい表現で気軽に本音で回答できるような言い回しを使いましょう。

施策の検討とフィードバックを行う

従業員満足度調査は、調査して終わりではなく、その後の施策検討とフィードバックが重要です。集計と分析を通して課題が見えたら、その課題を解決するための施策を検討していきます。いくつも課題が見つかるはずですが、その中から優先度を決めて、解決する手段を見つけていきましょう。

まとめ


従業員満足度調査は、やって終わりではなく、その後の施策とフィードバックこそが肝となります。調査結果を分析して組織の課題が見えたら、課題を改善し、従業員の満足度を上げることが大事です。

調査結果を基に十分な分析や施策立案を行う自信がない場合は、従業員満足度調査のパッケージや、調査会社のコンサルティング調査を依頼するのがおススメになります。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト