会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

収入印紙は全部で何種類あるのか?種類や時間・曜日別購入場所などをご紹介


収入印紙が必要になった時、どこで購入できるかご存知でしょうか?平日や急遽必要になった深夜、土日祝日でも手に入るのかなど、収入印紙の購入の仕方について、きちんと把握しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、収入印紙の種類や間・曜日別購入場所などについてご紹介します。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

そもそも収入印紙とは?

収入印紙とは、印紙税に代表される租税・手数料その他の収納金の徴収のため、政府が発行する証票です。税金の支払いや行政関係の手数料などを支払う際に使用する切手のような素材の紙で、国が発行しています。

そして、気をつけなければならないのが、収入印紙の使用方法です。収入印紙を領収書などに貼り付けておくだけでは印紙としては無効で、割印があってはじめて印紙税を納税したと認められます印紙に押印する割印は、印鑑だけでなく署名でも有効とされます。割印を押していない領収書は税務調査で指摘を受ける材料となってしまいます。

作成した文書が金銭のやり取りに関わるものであれば、税金の徴収の対象となります。 その税金を納めたという証拠として、収入印紙を購入し文書に貼付することで、文書に対する納税が済んだことを示すことができます。

(参考記事)【起業家必見!】収入印紙は何に使うのか?購入場所はどこなのか?

収入印紙の購入場所と購入できる主な種類

収入印紙を購入できる場所は、以下のとおりです。

  • コンビニエンスストア
  • 法務局や役所
  • タバコ屋や酒屋
  • チケットショップや金券ショップ
  • インターネット上の通販ショップ

このなかでも、すべての種類を取り扱っているのは郵便局です。営業時間内であれば、郵便局での購入が間違いないでしょう。チケットショップや金券ショップであれば定価より安く購入できるので、欲しい種類がお店で取り扱われていれば節税することができます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

収入印紙は全部で何種類あるのか?

収入印紙は、実は一種類ではありません。全部で31種類もあります。以下で説明していきます。

収入印紙は全部で31種類

収入印紙は全部で31種類(1円、2円、5円、10円、20円、30円、40円、50円、60円、80円、100円、120円、200円、300円、400円、500円、600円、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、6,000円、8,000円、10,000円、20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、100,000円)あります。

そのうち200円から100,000円の印紙19種類は、偽造防止技術を施すため平成30年(2018年)に形式が改正されました。

コンビニエンスストアは基本的に200円の収入印紙だけ

領収書に貼る収入印紙の中で最も低い金額は200円です。200円の収入印紙は、5万から100万円までの領収証に貼る必要があり、最もよく使われる収入印紙だと言ってもいいでしょう。それゆえに使用頻度の高い200円の収入印紙はコンビニエンスストアでも手に入るのです。

200円以外の収入印紙は郵便局で

例えば、10億円以上の領収書は、200,000円の収入印紙が必要になります。そんな額の収入印紙を求めてコンビニに来る人が果たしてどれほどいるでしょうか。

金額の大きな収入印紙がコンビニで取り扱っていない理由も頷けますね。200円以外の使用頻度の低い収入印紙を購入する場合は、郵便局に行きましょう。小さい郵便局では大きな額は取り扱っていない場合もありますので大きな郵便局がおすすめです。

土日祝でも収入印紙を購入できるのは?

郊外や山間部、人口密集地から離れていると、土日祝日に最寄りの郵便局が空いていません。土日祝日に急遽収入印紙が必要になった場合はどのようにすればいいのでしょうか。購入できるところを知っておきましょう。

大きな郵便局は土日祝も営業している

郵政民営化以降、営業時間は大きく変わりました。大きな郵便局であれば、需要がありますので土日祝も営業しています。都内であれば24時間営業もあります。「郵便窓口」は開いてないけれど「ゆうゆう窓口」は開いているという場合もあります。

しかし、人口密集地から離れれば離れるほど、営業時間は短くなる傾向にありますのでご注意ください。営業時間は店舗ごとに問い合わせるか、郵便局のホームページで調べましょう。

深夜に収入印紙を購入する場合は?

200円の収入印紙が必要なのであれば、コンビニに駆け込みましょう。大手のコンビニであれば取り扱っています。200円以外の収入印紙が欲しい場合は、郵便局が有力です。少し遠くでも「ゆうゆう窓口」が深夜まで空いているところを探し、収入印紙獲得の旅に出ましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

まとめ


印紙税額は、課税文書の内容や記載された金額によって異なりますで、31種類ある収入印紙から税額に見合った分を購入して納税します。一般的によく使われる200円の収入印紙は、身近なコンビニエンスストアでも買うことができるので覚えておくと便利です。収入印紙とよく似た収入証紙は、貼付する文書や納税先が異なるので、間違って使用しないように気をつけましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト