会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

美容室やサロンがキャッシュレス決済システムを導入するメリット・デメリットやおススメのキャッシュレス決済システムをご紹介


美容室・サロンでのキャッシュレス決済は、顧客ニーズや新型コロナウイルスの存在により、導入する店舗が増加しています。また経済産業省は日本のキャッシュレス決済比率を2025年までに4割程度、将来的には世界最高水準の80%を目指すことを目標に掲げています。その一方で、初期費用や手数料を支払ってまで、導入する意味があるのかとお悩みの経営者の方も少なくありません。

そこで今回は、美容室・サロンがキャッシュレス決済システムを導入するメリット・デメリットや、おすすめのキャッシュレス決済システムについて紹介していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

そもそもキャッシュレス決済システムとは?

そもそもキャッシュレス決済システムとは、現金を使わない支払い方法のことです。身近な例でいえば、クレジットカードや電子マネー、デビットカードなどが当てはまります。最近よく耳にするスマホ決済、QR決済もキャッシュレス決済の一つです。

まずは美容室におけるキャッシュレス決済システム導入のメリット・デメリットについて説明します。

キャッシュレス決済システム導入のメリット

会計時間・作業コストの削減

キャッシュレス決済は決済処理がスムーズで、会計時間が短縮されます。お札や釣り銭を数える必要もなく、会計ミスの防止やレジ締め作業時間の短縮につながります。

リスク回避

現金管理を行うと、どうしても人的ミスが避けられないもの。システムで管理することで、そういったリスクを回避できます。また感染予防対策の一つとしてキャッシュレス決済を導入することでお客様への安心感を与えます。

顧客単価が上がりやすい

来店時にメニュー追加やシャンプー購入などで会計額が上がっても、キャッシュレス対応しておくと手持ちの現金を気にすることなく購入でき、顧客単価UPにつながります。

顧客の獲得

各カード会社や決済サービスごとにポイント還元を受けられるため、最近ではキャッシュレス決済可能なことを基準にお店を選ぶ利用者も増加中。キャッシュレス決済を導入することで、顧客獲得の可能性が広がります。

キャッシュレス決済システム導入のデメリット

導入コスト、手数料が発生する

キャッシュレス決済を利用する場合、導入コストや利用時の手数料が発生します。導入コストや手数料は事業者によって異なりますが、決済端末購入に2万円程度から、決済手数料は1決済あたり3.24%からの手数料が発生します。

通信障害等による不具合

災害時に関わらず、通信障害が発生した場合はキャッシュレス決済を使用することができません。予め、緊急時を想定した準備をしておくことも必要です。

操作方法の教育

新しいシステムを導入する場合は、スタッフ全員が操作方法を習得する必要があります。また、お客様がキャッシュレス決済に慣れていない場合があるため、正しく説明できる体制をとる必要があります。

決済から入金までの時間差

以前よりはその時間差は短縮されていますが、決済から実際に入金されるまでにはどうしても時間差が発生してしまいます。

キャッシュレス決済システム導入費用について

ここからは、一般的なキャッシュレス決済システム導入費用についてお知らせします。

初期費用&月額費用

サービス会社や契約内容にもよりますが、初期費用&月額費用が実質無料で導入できる場合が多く、ここのコストは気にしなくて問題ないと言えるでしょう。

決済端末

決済端末は無料のものから、多くの機能が搭載されていると数万円になるものも。会社によっては端末無料キャンペーンを実施している場合もあるので、導入検討の際は各社のホームページをこまめにチェックすることをおすすめします。

決済手数料

決済システム・カード会社によって幅はありますが、現在主要決済システムでは3.24%~3.95%のところが多いようです。

通信費

決済システムはネット通信を介しているため、安定したネット環境が必要となります。最近ではwi-fi環境が整った店舗も多いですが、ネット環境が無い場合は通信設備の費用も含めて検討する必要があります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

美容室・サロンにおススメのキャッシュレス決済システム

現在はさまざまなキャッシュレスシステムが登場しています。その中でも美容室やサロンにおススメのシステムを6つ紹介します。

Pay Pay

QRコード決済シェア率No.1を誇るのが「Pay Pay」です。サロンで用意したQRコードやバーコードをお客様のスマホで読み取っていただくだけで簡単に決済ができるキャッシュレス決済サービスで、ポイントの還元率も高いため利用しているお客様も増加しているようです。店舗側のメリットとしては、スマホやパソコンさえあれば、0円から導入可能です。支払いはお客様のスマホにQRコードを読み取ってもらうだけなので、会計にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。入金は売上金額に関わらず、最短で翌日には自動入金されます。QR決済の利用率が非常に高いシステムなので、集客アップも期待できます。さらにPayPay加盟店でPayPayユーザーが決済すると、最大20~30%還元されるキャンペーンが全国で開催されています。

楽天ペイ

「楽天ペイ」は、店舗導入率・顧客利用率が共に高いシステムです。支払い方法は、店舗側が提示したQRコードをお客様がアプリで読み取り、決済を行うことになります。導入費用は無料で、振込登録口座を楽天銀行にすれば、365日いつでも翌日自動で入金してくれます。入金は最短で翌日には自動入金されるので、安心して利用できます。楽天ペイは、楽天市場や楽天トラベルで貯めた楽天ポイントを利用できます。そのため全国約1億人の楽天会員の人に訴求できる可能性があり、高い集客効果が期待できるでしょう。

Square

「Square」はアメリカのキャッシュレス決済サービスで、2013年から日本にも上陸して利用されるようになりました。導入スピードや入金スピードが早く、パソコンやiOSなどの端末に専用のICカードリーダーを接続するだけで簡単に導入できます。対応プリンターを購入すれば、紙のレシートを発行することも可能です。申し込みはオンラインで行えて、初期費用・月額使用料などの固定費は無料となっています。さらに売上情報や在庫情報を一元管理できるので、効率的に業務が進められます。お店でもECサイトでも、どちらで決済しても最短で翌営業日に入金されます。入金依頼は不要、振込手数料や事務手数料などの負担もありません。

Airペイ

CMでおなじみの「Airペイ」は、リクルート社が運営しているキャッシュレス決済サービスです。取り扱い可能な決済ブランドが多く、サポート体制も充実しているのが大きな特徴と言えるでしょう。iOSとカードリーダー1台があれば、さまざまな決済に対応してくれます。たとえばクレジットカード、交通系電子マネーの他にも、「iD」「QUICPay」「Apple Pay」といった決済に対応しています。振込手数料はすべての銀行で0円なので、新たな銀行口座を開設する必要がありません。月額固定費も発生せず、申し込み審査が完了すれば、すぐに利用をスタートできます。

LINE Pay

LINEが展開している「LINE Pay」は、他のQRコード決済サービスよりもお客様のアプリ内決済の方法が豊富なので、クレジットカードを所有していない方でも手軽にキャッシュレス決済を利用できるのが特徴です。他のQRコード決済サービスと比べても、アプリ内決済の方法が豊富なのが特徴的です。加盟店の状況に合わせて、さまざまな決済方法が選択できるでしょう。店舗側は、機器の設置や専用アプリの導入が必要ありません。申し込み手続きから審査が完了すれば、すぐに利用を開始できます。またLINE Payで確定済みの売上金は、入金申請機能を利用すれば、すぐに受け取りが可能です。

STORES

「STORES」は簡単操作でスピーディーな支払いが行えるキャッシュレス決済システムです。シンプルで分かりやすく、素早い決済処理によって、お客様を待たせることがありません。クレジットカードでは1回払い・2回払い・リボ払いに対応。交通系電子マネーはタッチするだけで決済でき、Suicaをはじめとした交通系電子マネーが利用可能です。交通系電子マネーの場合、決済端末にICカードをタッチするだけで決済が完了します。さらにオンライン請求書を簡単に作成することも可能です。決済用のウェブページを作成してURLを送信するだけで、支払い場所がお客様に届けられます。手間のかかる請求書作成や、口座入金の確認作業から解放されるでしょう。

まとめ


これからの時代、美容室・サロンにキャッシュレス決済は必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。今回ご紹介したメリット・デメリットやサービス内容を踏まえて、キャッシュレスシステムの導入を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト