会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

居抜き物件の4つの探し方をご紹介


居抜き物件というのは、以前のオーナーが使用していた造作や内装、そして設備などをそのまま利用できる物件のことをいいます。居抜き物件は人気の為、売りだされてから契約が決まるまでが早いので、なかなか見つけづらいと言われます。

そこで今回は、居抜き物件の4つの探し方についてご紹介していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

居抜き物件の探し方

物件探しは、様々な手段があります。それぞれに長所・短所がありますので、ご自分のスタイルにあう手段はもちろん、事情が許すなら、より多くの手段で探すほうが断然有利になります。

①知り合いからの紹介

自分の周りにいる方に、開業のために店舗物件を探していること、具体的にどんな条件で探しているかを伝えておくことで、希望の物件に巡り合うこともあります。とにかくアンテナ高く情報収集し、また情報発信しておくことが、同じ物件を探すライバルに差をつけるポイントです。

②インターネットから探す

インターネットから探す方法もあります。サイトごとに特性はさまざまで、居抜き物件・店舗物件を専門に紹介しているサイト、不動産という括りの中で一部店舗物件を紹介しているサイト、居抜き物件の中でも「飲食店」や「美容業」に特化するサイトなどがあります。

1つのサイトに絞らず、複数のサイトを見るようにしましょう。賃貸物件には、複数のサイトで紹介されているものもあれば、特定のサイトのみで取り扱われているものもあります。条件に合うものが見つからなくても、近しい物件を扱っているようであれば、サイトに登録しておきます。新着物件のお知らせや希望条件の物件が出てきた際のお知らせなどを発信するサイトであれば、受動的に情報をとることができます。なかには、新着物件お知らせのメールだけチェックする開業希望者もいるほどです。

③地域の不動産会社から探す

地域の不動産の一番の利点はなんといってもその地域に詳しいことです。かれらは地域のビルやマンションのオーナーと付き合いがあるため、ネット上にはない物件の情報を多く持っています。そのため、よい空き物件がなくても開業したい場所の不動産会社と緊密に連絡をとるようにしょう。

居抜き物件の場合は通常の不動産仲介会社よりも専門業者の方が先に情報を仕入れることが多く、基本的に居抜き専門の不動産会社をまわるべきとよく言われますが、物件探しは情報量が命なため、選択肢を多く持っておいて損はありません。また、地域の不動産会社に依頼する場合は事業計画やお店の経営をきちんと把握したうえで相談にのってくれる不動産会社を選ぶべきです。店舗の経営がきちんと成り立つかなどを厳しく確認してくる不動産会社はうざったいかもしれませんが優良な不動産会社であるといえるでしょう。一度信頼を得るといい物件を紹介してくれるはずです。反対に出店計画や事業内容をほとんど聞かず、安い物件を押し付けてくる不動産会社は避けましょう。

④歩いて探す

もうすでに出店地域が絞られているなら、実際にその地域に足を運び周辺を歩き回って「テナント募集」の張り紙を探してみましょう。また出店地域を歩くことは、競合店舗の存在や住んでいる人のライフスタイルを調べるといった現地調査も兼ねることができます。そうすればエリアに対する理解や賃料の相場観も養われますし、現地を見ないでインターネットだけで探していると見落としがちなポイント等に気付ける可能性があります。

また不動産仲介会社を通して内覧の日時調整をすると、思っていたより時間がかかります。もし出店検討地域にどうしても気になる物件がある場合は、即時に一人で現地を見に行きましょう。その結果、本当に気に入ったら内覧を申し込むというスタンスでも全く問題ありません。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

情報が出ていない「未公開物件」の探し方とは?

上記で物件の探し方をご紹介しましたが、最近はインターネットで探して、気になった物件を見に行くという方がほとんどだと思います。そのため、なんとなくネット上に出回っている情報がすべてと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

近年ネットでの物件探しが普及する反面、「未公開物件」という言葉もよく耳にするようになってきました。ネット上に公開されない未公開物件もまた、増えてきているのが現状なのです。よい立地やよい条件の物件であれば、市場に出回る前に売れてしまうことが多く、特に居抜き物件の場合はそれが顕著です。そのため、ネット情報をただ検索しているだけでは、掘り出し物はどんどん別の人にとられてしまうのです。

そもそも未公開物件とは?

そもそも未公開物件とは、主に以下のような物件になります。

  • 前テナントが営業中の段階で借り手が決まってしまう物件
  • 何らかの理由で、すべての不動産会社がみることのできる流通ネットワークや不動産会社のホームページなどに広く情報が掲載されていない物件
  • オーナーから依頼を受けた不動産会社が、個別に借り手に打診をしていくなどの物件

未公開物件の探し方

手っ取り早いのは不動産会社に足を運んで直接営業担当者と話してみることです。訪問したら、自分が求めている物件の希望条件を伝えましょう。もし運が良ければ、その場で希望に見合った仕入れたての未公開物件を紹介してくれるかもしれません。

まとめ


店舗経営は、物件次第で集客やその後のお店の経営に非常に大きな影響を与えます。いい物件と出会うコツは、できるだけ多くの物件情報に触れるということに尽きますので、一つの方法ではなく、集中して色々な方法で探すようにしましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト