会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

サブスクリプションとは?企業が導入するメリット・デメリットについて解説


現在、ビジネスモデルに変革が起こっています。従来は買い切りタイプの商品・サービスモデルが一般的でしたが、最近では「サブスクリプション(サブスク)」のサービス形態がさまざまな企業で提供されている状況です。

今回は、サブスクリプションのサービスを導入するメリット・デメリットについて解説していきます。

そもそもサブスクリプションとは?

サブスクリプション(Subscription)とは、商品やサービスを利用可能な権利を、月額や年額などで入手するビジネスモデルを指します。

現在では、製品やサービスの提供モデルの1つとして、消費財からITまで幅広いサービスが存在しています。

企業がサブスクリプションを導入するメリット

サブスクリプションでは、法人向けに特化したサービスも多く登場しています。企業がサブスクリプションを利用する際のメリットを紹介します。

初期費用を抑えられる

サブスクリプションのサービスは初期費用がかからないものが多く、購入するよりも導入コストを抑えられます。特にサービスや商品、機器を短期的・一時的に利用する場合は、月額契約のできるサブスク・サービスの利用が経済的です。

利用したいときだけ利用できる

サブスクリプションは、顧客が好きなときにサービスを開始でき、また好きなときに解約をすることができます。その場合解約金は発生しないことがほとんどです。サービスを利用してみて気に入らなかったときには、すぐにサービスの利用を停止することができます。この部分が分割払いとの大きな差になります。

会計上の手間が少ない

例えば社用車を購入する場合、「車両運搬具」と呼ばれる固定資産となり、会社の資産として計上されます。そうすると、毎年の減価償却や売却時の売却損益の計上など会計上の手間が発生します。一方、サブスク・サービスで車を利用する場合、購入時のような会計上の手間はなく、税金や自賠責保険料、車検などの費用も定額利用料の中に含まれているので、リース料として費用計上することが可能になります。

バージョンアップ・サポートが含まれている

買い切りタイプのソフトウェアだとバージョンアップをする場合に別途料金が発生したり、サポート費用として別途月額料金が発生するケースがあります。サブスクリプションならば月額、年額の定額料金の中に、ソフトウェアバージョンアップやサポートが含まれているケースがほとんどで、定期的にバージョンアップを繰り返すより最終的なコストが変わらないケースも多く見受けられます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

企業がサブスクリプションを導入するデメリット

利用しなくても料金が発生する

サブスク・サービスは一定期間利用できる権利を購入する仕組みのため、使っていなくても毎月定額の利用料が発生します。導入前に自社で定期的に利用するサービスや機器なのかを、改めて確認しましょう。導入後も利用頻度を都度見直して、頻度が低ければ解約をし、必要になったときに再度契約をするなど、定期的な見直しをするようにしましょう。

また、中途解約も考慮し、導入前に契約期間中に解約する場合の違約金や中途解約金が発生するかを確認することも大切です。

多くのサービスに加入してしまいがち

サブスクリプションは、月々に支払わなければならない料金が低額です。それは大きなメリットなのですが、料金が安いがゆえに、たくさんのサービスに加入してしまうことがあるので注意が必要です。

月々5000円程度だからと、10個のサービスに加入してしまえば、トータルで50000円の出費になります。ひとつひとつのサービスだけに注目するのではなく、サブスクリプションの加入状況を俯瞰的に把握し、利用するサービスを厳選するようにしてください。

日本で展開されているサブスクリプションビジネス

日本でも様々なジャンルがサブスクリプションビジネスを展開しています。

自動車業界

代表的なサービスはカーシェアです。さまざまな車種に乗ることができるようになるほか、車庫や維持費の心配をすることがなくなります。

ファッション業界

必要な洋服を気軽にレンタルできるサービスが登場しています。プロのスタイリストが選んだ服が届くサービスもあり、トレンドの服を着続けることができます。

音楽業界

多くの音楽を好きなだけ聞くことができ、サブスクリプションビジネスの代表的なサービスのひとつとして認知が進んでいます。

動画配信サービス

ドラマや映画、アニメなどの見放題サービスです。ラインアップはサービスにより異なり、良質なコンテンツの獲得が各社の間で加熱しています。

飲食業界

一定料金を支払うことにより、1日1回食事をとることが可能なサービスが登場し、話題となっています。

まとめ


現在、様々な企業でサブスク・サービスの導入が進んでいます。コストの試算や解約時の違約金の有無などを確認しながら、自社の業務効率化や生産性向上につながるサブスク・サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト