会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

『SDGs』とは?基礎知識について解説


『SDGs』は2015 年国連サミットで採択されて以来、産業界や教育界を中心に広く知られるようになってきました。

今回は、『SDGs』について基礎知識について解説していきます。

SDGsとは?

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されました、

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsの17の目標


SDGsの17の目標は、以下の通りです。

  • 目標1:あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
  • 目標2:飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
  • 目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
  • 目標4:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
  • 目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
  • 目標6:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
  • 目標7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
  • 目標8:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセントワーク)を促進する
  • 目標9:強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
  • 目標10:各国内及び各国間の不平等を是正する
  • 目標11:包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
  • 目標12:持続可能な生産消費形態を確保する
  • 目標13:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
  • 目標14:持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
  • 目標15:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の防止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
  • 目標16:持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
  • 目標17:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsは環境問題にのみフォーカスを与えているという誤解を得る場合も少なくありませんが、そのような事はありません。むしろ、現在、世界の人々が生活していく中で抱えている課題全般に取り組む姿勢を見せています。中でも持続可能性という面が最重要な側面となっており、いかなる課題も持続可能性を考えたアプローチで健康や教育、経済や環境、全てのことをより豊かにしていくという目標を掲げております。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

3つの視点で見る目標解説

上記17の目標は大きく分けて、3つの視点で分類できます。

目標1~6

貧困や飢餓、健康や教育、水の衛生など。開発途上国の基礎的な目標が中心であると考えられます。目標5のジェンダー平等については先進国でも多くの課題があります。実際には、日本の子どもの6人から7人に1人が貧困だと言われていたり、ジェンダー平等に関しても2020年12月に世界経済フォーラムで発表された数字によると153カ国のうち121位と、とても低い数字になっていて、これらの目標は先進国である日本国内でも当てはまることだと言えます。

目標7~12

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう10 人や国の不平等をなくそう11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任つかう責任働きがい、経済成長、技術革新、クリーンエネルギーなどの言葉が並びます。先進国や企業にとっても取り組むべき課題が多くあります。また、つかう責任では一人ひとりの消費者にも持続可能な世界のために責任があることがわかります。この辺りがSDGsの特徴であり、これだけ大きな社会の流れとなっている要因です。

目標13~17

13 気候変動に具体的な対策を14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう16 平和と公正をすべての人に17 パートナーシップで目標を達成しよう気候変動、海洋資源、生物多様性などグローバルな課題です。そして目標16では世界平和、目標17では国や企業や人々の協力を呼びかけています。

SDGsに取り組むメリット

SDGsに取り組むと、どのようなメリットがあるのでしょうか?以下で説明していきます。

ビジネスチャンスの創出

Business & Sustainable Development Commissionが2017年に発表したところによれば、SDGsによって年間に12兆ドル(約1,260兆円)の市場規模、また2030年までに3億8,000万人の雇用を創出するという試算が出ています。このように、SDGsは将来的に大きな市場になると想定されています。また、SDGsによって、ビジネス環境が大きく変わり、もしかしたら事業の方向転換や再構築などを検討しなければいけなくなるかもしれません。短期的に見ればマイナスですが、長期的に見れば自社の利益につながります。裏を返せば、いずれ直面するかもしれないリスクを回避できることとも言い換えることができます。

また、SDGsに取り組むことが一般的になれば、取引条件として検討する企業が今後増えてくることが見込まれるため、販路の面においても有利に働くことは間違いなさそうです。

資金調達の面で有利になる

「ESG投資」とは、業績や企業規模だけではなく、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの指標を重視し、将来性などを分析する投資方法のことです。「ESG投資」の起源は、2006年に、当時の国連事務総長だったコフィー・アナン氏が提唱した国連責任投資原則(PRI)にさかのぼります。国連責任投資原則(PRI)とは、投資の意思決定にESGの観点を盛り込み、長期的な事業投資を促すルールを指します。Global Sustainable Investment Allianceのデータによれば、ESG投資の規模は、2016年に22.9兆ドルだったのが、2020年には35兆ドルまで到達すると見込まれています。

企業のブランディング向上

あらためて、SDGsと絡めた自社のコンセプトやビジョンを世間に発信することができ、企業の認知度向上にもつなげることができます。また、社会貢献性の高いイメージが定着することで、優秀な人材の確保、SDGsなどを通して製品や商品などに付加価値がつき、競合他社との差別化・独自化もはかれます。

まとめ


個人でも食品ロスを減らす、環境問題に関して知識をつけるなど、私たちの身近にもSDGsへの貢献の仕方はたくさんありますが、まずは知識をつけるところから、1つずつステップアップして実際にアクションを起こすことも可能です。

自分がしている事業でどうその問題を解決できるか、上記で説明した事を参考に、自社の事業にも取り入れてみてください。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト