会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業家必見! バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは

バーチャル(仮想・実体を伴わない)オフィス(事務所)

起業したばかりの方やフリーランス、中小企業などが、実際に仕事をする場所としては自宅だったり、クライアント先であるため、仕事をするためのスペースの利用ニーズがほとんどなく、法人または個人事業主としての住所が必要という方のために住所だけ借りるというものです。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

一般的なオフィスと違って業務を行うスペースはありません。基本的には住所、郵便受、電話番号、会議室などを借りることができ、これらは、自動で設定した住所や電話番号に転送されるようになります。
レンタルオフィスは住所や電話番号だけではなく業務を行う部屋がついたものになります。

バーチャルオフィス3つのメリット

オフィス経費を抑えられる

通常のシェアオフィスに比べ、敷金や保証料がかからない為、コストを安く抑えることが出来ます。

一等地の住所を会社住所に出来る

バーチャルオフィスを運営しているリージャスやサーブコープなど、一等地の住所を会社住所にする事が可能です。

通常のシェアオフィスと同等のサービスが受けられる

郵便物の受け取り転送、電話番号やFAX番号が利用可、会議室を利用する事が可能など、通常のシェアオフィスと同等のサービスが受けられます。
※利用するサービスによって費用が変動するので、要確認してください。

バーチャルオフィスのデメリット

法人銀行口座開設の審査が厳しい

基本的に紹介などのコネクションがない限り、銀行口座開設の審査が通らない可能性が大きいです。

許認可が取れない

古物商や派遣業などの許認可を取得できない可能性がありますので、予め確認しておきましょう。

創業融資が受けにくい

事業の実態がないとみなされてしまい、創業融資の審査が通らない可能性があります。

取引先によっては契約できない場合がある

大手企業など、取引先によっては実体のないものととられ、契約できない可能性があるので、事前の確認が必要です。

法人登記できない場合がある

運営会社によって、法人登記利用が出来ない場合があります。

バーチャルオフィスのお勧めの運営会社

・リージャス

・サーブコープ

どちらも一等地にあり、付帯サービスが充実しています。

まとめ

バーチャルオフィスがお勧めの方として下記が挙げられます。

・基本的に営業に出回ることが仕事のメインの方
・自宅や外での作業することがほとんどの方
・自宅で登記することが出来ない方
・一等地の住所が欲しい方
・起業時に費用をかけたくない方

バーチャルオフィスは最近トレンドになってきていますが、資金がショートして創業融資でお金を借りようとしたが、借りられなかった例も多く見てきております。事前にメリットデメリットを踏まえて検討しましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます