会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店】売上拡大の一役!事前注文や決済ができるおススメの「テイクアウト予約アプリ」をご紹介


新型コロナウイルスの影響で、気軽に飲食店に行けない関係で、テイクアウトを導入する店舗も増えてきました。電話での予約も可能ですが、つながりにくかったり、店頭で支払いをしたりとデメリットもあります。そこで、おすすめなのがテイクアウト予約アプリです。

今後もますます需要が高まるとみられているテイクアウト運営に役立つおススメの「テイクアウト予約アプリ」をご紹介します。

テイクアウト予約アプリとは?

テイクアウトアプリは、モバイルオーダーアプリとも呼ばれており、飲食店のメニューをテイクアウトしたいときに予約ができるアプリです。これを利用すれば、客は来店せずにテイクアウト商品の注文予約や決済をおこなうことができます。顧客にとって便利なサービスなのは言うまでもないですが、飲食店にとっても集客や売上アップなどが期待できます。

また、テイクアウト予約アプリの多くは事前決済制をとっているため、顧客との直接のやり取りは商品の受け渡しだけになります。店頭での注文のやり取りやレジ対応など、テイクアウトにかかるオペレーションを削減することも可能になります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

おススメのテイクアウト予約アプリ5選

ここからは、おススメのテイクアウト予約アプリを5つご紹介します。

LINEポケオ

2019年4月にスタートした、LINEが手掛けるテイクアウトサービス。LINEアプリ上で店舗の検索や注文をおこなうことが可能で、店内が混雑した際には受付を一時的に止めることもできるなど、店舗側に配慮した機能もついています。

menu

「menu」は、集客・注文受付・決済をおこなえるテイクアウトアプリです。店舗側は、直観的な操作ができる受注管理タブレットを利用し、注文を受け付けます。またリリース当初は、テイクアウトアプリとして運営されていましたが、フードデリバリーの需要の波に乗り2020年4月より、デリバリーサービスもスタートしました。

TakeEats

2020年6月にリリースされたテイクアウトサービスで、シンプルで使いやすく、店舗ごとにオリジナルページの作成を行い、管理画面から商品を登録することで受注を管理できます。初期導入費・月額利用料は無料で、利用ユーザーから任意の支援金を受け取ることができる「お気持ちオプション」をはじめとしたオプションも利用できます。

Uber Eats

Uber Eatsはデリバリーの印象が強いですが、2019年6月からテイクアウトも可能になりました。テイクアウトであれば、デリバリーの範囲外の方でも利用できます。フィルター機能で「食事制限あり」が選択でき、アレルギー対応の店舗では、「この食材に気を付けてほしい」というリクエストも可能になります。

PICKS

25~45歳の男女がメインユーザーとなっているテイクアウトアプリで、店側はスマホさえあれば注文の受付から決済、受け渡しまで対応可能になります。ポイント制度や現在地情報を活用した店舗検索など、集客効果が期待できるサービスも導入されています。

まとめ


ポストコロナ時代の飲食店は、テイクアウトの需要が高まっています。売り上げを上げる為にもテイクアウトサービスの強化は必須です。まずはテイクアウトアプリをダウンロードしてみるところから始めてみましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト