会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業家の救世主!低コスト高品質な仕事はクラウドソーシングサービスで!

起業の際、コーポレートサイトやロゴ、名刺、オウンドメディアへの記事執筆など、制作すべきものって意外にたくさんありますよね。資金調達や登記などで忙しい中、制作も同時に行うのは骨が折れませんか?
そんな忙しい起業家の皆様の救世主は、クラウドソーシングサービスです。

インターネットを使って不特定多数の方々から募集を募り、必要な仕事を行ってもらうサービスです。
直接企業や個人に仕事を依頼するより価格が低いことが多いので、起業したての方にはぴったりですよね。
クラウドソーシングだけで生計を立てている人もいるくらいなので、仕事の依頼の仕方や人の募集の仕方をしっかりすれば、品質もかなり期待できます。

今回はそんなクラウドソーシングサービスについてご紹介します。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、先述の通り、インターネットを使って不特定多数の人に業務を発注することです。
ランサーズやクラウドワークスなどが有名ですね。

クラウドソーシングのはじまり

始まりは企業が他の企業に小さな単位で仕事を依頼するアウトソーシングからでした。
アウトソーシングは細かい業務一つのためというよりある程度長い期間の仕事をしてもらうために人を外部から派遣してもらう仕組みです。安心感もあり、質の高い仕事が期待できるのですが、そのぶんコストが高くなりがちです。また、短い納期の仕事や短期間の仕事はアウトソーシングを依頼しにくい傾向があり、今日の働き方の多様化もあってクラウドソーシングが生まれました。

クラウドソーシングは対面で打ち合わせしたり雇用する必要もなく、仕事(案件)ベースでその仕事に対応する能力のある人に依頼できるため、低コスト高品質な仕事が期待できます。

どんな人が登録しているのか?

クラウドソーシングは子育て中の母親のほか、厳しい就職環境から自由な働き方を希望するようになった若者や、リストラされた中高年層、第二の人生の充実を求めるシニア層などこれまで企業が活用しきれなかった多種多様な人たちが仕事を請け負っています。

一方企業としても、開発やデザインなどの専門的な業務や、企業間では受発注しづらい少額な業務などに関し、高コストになりやすい労働力を必要な時に必要なだけ、比較的低コストで調達することが出来るクラウドソーシングが、使い勝手の良いサービスとして利用されるようになってきています。

起業家がクラウドソーシングを活用するメリット

メリット

打ち合わせの手間や諸経費がかからない

仕事を依頼する人に会社まで来てもらって打ち合わせしたりする必要がなくすべてオンラインで行うため、諸経費がかかりません。仕事に対する報酬だけで済みます。そもそもの報酬も直接企業やフリーランスの方などにお願いするより低価格のことがほとんどなので全体を通しても低コストで済みます。

 

人数以上の業務をこなせる

起業したばかりだったりすると、会社のメンバーはご自身一人もしくは限られた少ない人数のことが多いの得、その限られた人数で起業の準備を全て行うことは難しいでしょう。クラウドソーシングで仕事を外注することで、人数以上の業務をこなすことが出来ます。

 

効率的に低コストでも高品質な仕事

クラウドソーシングは、今も現役でその仕事をされていて空き時間にクラウドソーシングで仕事を請け負っている人もいれば、今は違う仕事をしていたり子育て中で仕事をしていなくても以前にその道のプロだった人などが多く登録しています。価格が低いからと行って決して質が悪いとは一概に言えません。仕事の募集や指示の仕方さえ慣れてしまえば、効率的に低コストなのに高品質な仕事をしてくれる人と出会うことができるのです。

 

起業家がクラウドソーシングを活用する際のデメリット

デメリット

依頼するのに慣れるまでは非効率なことも

クラウドソーシングで仕事を依頼する際、依頼文や応募してきてくれた人への指示の出し方に注意が必要です。また、一つの仕事に不特定多数が応募してくれ、その中からスキルが見合った人を選び依頼する仕組みのため、顔の見えない限られたやりとりから、依頼したい仕事に合った人を探すまではコツも必要です。その点慣れれれば慣れるほど少ないやり取りで最適な人を選出できるようになります

 

コミュニケーションが取りにくい

やはり顔の見えないやり取りなので、なかなかうまく伝えられないこともあるでしょう。例えば海外在住の方に仕事を依頼する場合は、時差など気をつけるべきポイントも増え、慣れないうちは時間がかかってしまうかもしれません。

セキュリティーの心配も

クラウドソーシングサービスなどでセキュリティについては注意喚起されていますし基本的には心配いらないのですが、とはいえやはりどんな人かわからない以上、仕事の依頼の際は注意が必要です。
起業にとって重要な情報まで一緒にデータ送信してしまうことのないよう気をつけましょう。
そういった意味でも、仕事へのスキルに加え、モラルのある方を選出するようにしましょう。

おすすめクラウドソーシング3大サービス

1.ランサーズ

ランサーズ
ランサーズは、日本におけるクラウドソーシングサイトの老舗であるとともに国内でトップクラスの規模を持っています。すでに多くのユーザーが登録しており、案件も常に多数掲載されています。発注者と受注者が匿名で、Webサイト制作やシステム開発、ロゴ、ライティングなどさまざまな仕事のやりとりができます。

また、フリーランス向けの総合情報ポータルサイト「Lancersマガジン」も運営されています。事例や体験談が数多く掲載されており、これからクラウドソーシングで仕事を始める方には非常に参考になるでしょう。また他にも、「こんな時、どうするの?」という情報が載っているハウツー記事もあり、中でも、気になるお金の話や契約の話などは必読です。

2.クラウドワークス

クラウドワークス
クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの大手であり、現在最もメジャーなサイトの1つです。実際に使った人からも、使い勝手や、発注者・受注者双方の質、コミュニケーションのしやすさなど、多くの面において評価が高いです。プロ向けの仕事から、スキル不問の初心者向けの仕事まで一通りそろっていますので、どなたにもおすすめできるサイトです。

実際にクラウドワークスを利用した個人・法人のインタビューや体験談が「クライアントインタビュー」「クライアントアンケート」としてまとめられているため、初めてクラウドソーシングを使って仕事をする方は、一度見ておくと雰囲気や感覚をつかめるでしょう。

3.シュフティ

シュフティ
シュフティは手軽なクラウドソーシング、在宅ワークとして人気のサービスです。2007年スタートで、登録者はシュフの方や副業の方メインです。プロに頼みたい専門的な仕事より、未経験や初心者、主婦の方でもできる仕事を安価に頼むのに向いています。もちろん、現在主婦でお仕事をセーブしているけれど過去にその道のプロだったという方も登録されているので、そういったお宝ワーカーさんに出会えればラッキーです。

ランサーズ、クラウドワークスに比べ手数料も安く、気軽に使うことが出来ます。

 

クラウドソーシングのまとめ

少ないリソースで・低コスト、コツを掴めば高品質な仕事を依頼できるクラウドソーシングサービス。
忙しくリソースも限られた起業家の皆様、ぜひ一度クラウドソーシングサービスを利用してみてください!
コツを掴むまで時間がかかることもありますが、慣れてしまえば救世主となり得るでしょう。

クラウドソーシングサービスについてもっと詳しくお知りになりたい場合は、HAJIMERU01.comに是非ご相談ください!

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます