会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

メルマガの開封率をUPさせる方法とは?テクニックを使って成果を上げよう!


メルマガ配信やメールマーケティングを行う上で、メールの開封率を知ることは非常に重要です。闇雲にメールを送るのではなく、どんな内容だと読者は読んでくれるのかを知り、対策を練る事で、読者の反応が良いメールを作成する事ができるようになります。

今回は、メルマガの開封率をUPさせる方法について解説していきます。

メルマガの「開封率」開封率の算出方法について

開封率とは、一斉配信したメルマガを「どの程度の割合のユーザーが開封しているのか」を表した指標です。開封率は(開封数÷メール到達数)×100(%)という計算式で算出します。

例えば、メール到達数が1,000件、開封数が200なら、(200÷1,000)×100(%)で開封率は20%となります。但し、開封率は読者のもとに確実に届いたものだけを計算に入れ、配信先に届かずに戻ってきたものは除外します。

メルマガの平均開封率はどのくらい?

調査した会社によっても異なりますが、メルマガの開封率は平均で20%前後といわれています。PCかスマホかというように、受信する環境によっても異なり、一般的にはPCに比べるとスマホは開封率が高い傾向があります。

更に、メルマガの開封率・クリック率は、コンテンツの内容やユーザーの傾向に左右されるため、業種によって開封率の高さは大きく変わることに注意が必要です。例として、ユーザーの興味と直結しやすい趣味関連のメルマガは、開封率が高い傾向があります。一方で、頻繁に配信され対象も多岐にわたるクーポン配信のメルマガは低くなりやすい傾向があるなど業種によって様々です。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

メルマガの開封率を底上げする9つのテクニック

続いて、メルマガの開封率を底上げするための具体的なテクニックについて、いくつか解説していきます。

①A/Bテストをする

メルマガの開封率や反応率を定量的に把握する手法としてA/Bテストがおすすめです。A/Bテストとは、メルマガでいえば2つ以上の件名や内容のパターンのメールサンプルを用意し、実際に配信してみて、どちらがより高いを反応を得られたか評価する手法のことです。

②件名

メルマガの反響に大きく影響を与えているのが件名です。多くの人はメールが来たときに、まず件名を見て自分に必要なメールか否かを瞬時に判断します。このときに興味が無いと判断されればそのメールは読まれることはありません。メールに興味を持ってもらうためにも件名は重要です。読みたくなる件名をつける上で重要なことは、重要なことは先に書くということです。普段、自分に送信されてくるメールを見ていただければわかりますが、メールの件名が長すぎるとメールソフトの画面では後半が省略されてしまいます。

また、ユーザーは、そもそも前半の14文字位で自分にとって必要なメールか否かを判断しています。重要なことは一目でわかるようにはじめの14文字分位までに書くことが必要です。そしてユーザーにとってのメリットを提示する事も重要になります。例えば「半額セール開催中」「応募者全員プレゼント」などのようにメールやメール内で紹介している商品がどのようにユーザーの役に立つのかを示す必要があります。

最後に件名にメリハリをつけるのも重要です。メールを開いてもらうためには、メールの一覧の中で目立つ必要があります。文字だけが羅列されてるメールは一覧の中で目立つことはありません。メールを目立たせるためには【】で重要な部分を括ったり、★や▼などで件名を装飾した方が良いでしょう。

③ターゲットのセグメンテーションを細かく

属性や注文履歴などを参考に、できるだけセグメンテーションをしてメルマガで配信する情報を絞り込む方が、結果としてよい反応を引き出すことにつながります。配信するターゲット(顧客)が曖昧なままだと、良い反応を引き出せません。たとえ自社のもつ顧客リストにメルマガを配信する場合でも、顧客ごとに興味を惹かれる話題や情報は違ってくるので注意しましょう。

④開封されやすい曜日や時間帯に配信する

メルマガの開封は、配信から1~2時間後に集中します。そのため、開封されやすい曜日・時間帯を目安にして配信することが大切です。例えば、サラリーマンの通勤中である8:00前後やランチライムの12:00前後、主婦(夫)層であれば一旦家事の落ち着く15:00前後や、21:00~22:00頃が狙い目になります。

また配信頻度も重要で、あまりにも頻度が高いと飽きられてしまったり、最悪の場合、配信停止されたりする場合もあります。しかし、間隔が空き過ぎても忘れられてしまいます。ユーザーがどのような時にメールを開くのか、その目線に立った配信が必要なのです。

⑤差出人名

差出人名が開封率に大きく影響する場合もあります。一般的にBtoBのメールマーケティングの場合、個人名でメールを出した方が開封率は高いと言われています。メールの差出人がサービス名やサイト名だと営業だと思われて避けられてしまいますが、個人名で送っていると、何か仕事のメールかもしれないと思われて一応開封してもらえるからです。

BtoCの場合は知らない個人からメールをもらうと気味悪がられるかもしれないので、開封率が上がるか否かはケースバイケースですが、試してみても良いでしょう。

⑥具体的な数字を使用する

具体的な数字を用いてメリットを強調したり、インパクトを与えたりすることは、短い文字数で訴求する必要のある媒体では、非常に効果的です。例えば「大幅値引き」とするよりも、具体的に「30%値引き」とした方が読者に与えるお得感は大きくなり、それが反応率の高さにつながってきます。

メールの件名で具体的な数字を用いると開封率が高くなるというテクニックは積極的に活用していきたいところです。

⑦コピーライティングの技術を積極的に取り入れる

メルマガの件名づけや内容の執筆において、コピーライティングの技術を取り入れることは非常に効果的です。コピーライティングとは、簡単にいえば読み手に何らかの行動を起こしてもらいやすくするための文章術のことをいい、ネットでの商品紹介や広告、セミナーのトークスクリプトといった分野で頻繁に活用されている技術です。

これをメルマガに活用することで、読み手に紹介する商品やサービスの購買意欲の向上や、クリック先のサイトへの訪問率を高められます。メルマガを使ったマーケティングでは非常に強力な技術ですから、そういったスキルをもつスタッフがいない場合は、プロのセールスライターに外注してもよいでしょう。

⑧画像を積極的に活用する

テキストよりも画像の方が読者の目を惹きやすい傾向があります。そのため、文章だけのメルマガよりも画像を積極的に活用することで開封率を高められるでしょう。メルマガの位置づけやコンセプトにもよりますが、画像を活用してメルマガを魅力的に見せられるか工夫してみるのも有効です。

但し、画像のないメルマガの開封率が悪くなるかといえば、必ずしもそうではありません。テキストのみのメルマガでも高い開封率を維持しているものはたくさんあるので、自社のメルマガがどういう位置づけにあるのか、配信先の読者はどういう情報を求めているのかをリサーチし、どのようなコンテンツが彼らの琴線に触れるかという視点を重視してください。

⑨配信リストを整理・迷惑メールと認識されない工夫

読者のもとに確実に届けるという視点も重要になります。例えどんなに工夫を凝らしてメルマガを作成しても、読者に届かない数が増えてしまうと、当然反応は悪くなってしまいます。

配信リストを定期的に見直し、整理することで上述の不達率を下げ、提供したい情報を確実に読者のもとに届けられます。メール配信ソフトには、配信先のリストを詳細に管理できたり、開封率を計測できたりする仕組みがあるものが多いです。こういった機能を有効に活用することで効率的で確実なメルマガ配信が可能になります。

まとめ


メルマガは日頃のコツコツとした改善作業がメルマガの開封率をあげます。メルマガを送って効果が無くても、うちの業界や客層はメルマガに向いていないと諦めるのではなく、どうすればメルマガで開封率や問合せを獲得できるのか試行錯誤していきましょう。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト