会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【人事評価システムとは?】導入するメリットやおすすめの人事評価システム5選をご紹介


会社が成長する為には「人」は大変重要です。社員の成長は企業の成長に直結するため、会社にとって社員教育はとても重要な要素となっています。そして人事評価は社員のモチベーションを左右する極めて重要な業務です。同時に、公平な判断や評価に悩む難しい分野でもあります。この人事評価を科学的な手法で支援するのが「人事評価システム」です。

今回、人事評価システムについてや導入するメリット、おすすめの人事評価システムをご紹介していきます。

人事評価システムとは?

人事評価システムとは、人材に関するデータ(経歴、実績、等級、給与など)を一元管理するとともに、給与や等級、組織体制を決めるための評価・分析を行うシステムのことです。

人事評価システムを利用することで、評価制度の標準化、目標管理の適正化、そして社員間の評価の公平性を実現することができます。また、評価に必要な間接業務のコストを下げることができ、効率的な運用ができるようになります。

人事評価システムを導入するメリットとは?

人事評価システムを導入することで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。人事評価システムを導入するメリットについてご紹介します。

従業員の情報を一元管理する事ができる

人事評価のために、従業員の経歴や個々の目標を立てたり、資格経験情報を申告・管理するケースは良くあることですが、それぞれの情報が別々の資料で管理されているケースが少なくありません。人事評価システムを導入することで、より明確に従業員一人一人のプロフィールが把握できるようになります。

明確な評価設定が出来る

評価項目を詳細に設定することができます。また、詳細で具体的な評価項目は、緻密で正確な社員の評価を実現します。これによって、従来では実現が難しかった公正で平等な評価を下すことができるようになったのです。ハロー効果などの人的エラーを防ぐだけでなく、業績の良いハイパフォーマーとの相対評価を防ぐことで、従業員により良いインセンティブを与えることができます。

目標管理が容易になる

社員の目標がどのくらい進捗しているのかを上司がチェックしやすくなります。人事評価システムを利用すれば、社員の目標をすぐに確認することができ、仕事と目標をリンクさせた指示の出し方ができるようになるのです。社員にとっては、立てた目標を自分で定期的に確認できるのもメリットとなります。

社員のモチベーション向上

評価の透明性を保つことができます。社員間の評価を俯瞰的に確認することができるため、上司による評価の不公平さをなくすことができます。社員から「なぜあの人は評価されているのか?」と問いただされても、論理的に回答することができるようになります。

複雑な人事評価業務を自動化

正確で実用的な考課シートの作成及び運用には、多大な労力と時間を要します。また、詳細な評価項目を設定すればするほど、担当者の工数も増加していきます。多岐にわたる評価項目の設定から集計、分析といった人事制度の運用を容易に実現することができます。また、人事評価システムによって作成された考課シートは、従来の人によるものよりも精度が向上するため、従業員のステータスをより正確に視覚化することが可能となります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

おすすめの人事評価システム5選

① HRBrain


HRBrainは、⽬標・評価管理のプロセスを⼀気通貫で効率化する人事評価システムです。定番のMBOやOKR、その他⽬標管理⽅法にあった豊富なテンプレートを搭載しています。

目標シートとあわせて1on1のフィードバックを残すことで、育成やコミュニケーションを促進します。データは評価者別、スコア別などさまざまな切り口で分析可能。⼀⼈ひとりの評価が“見える化”されるので、納得感のある評価を実現します。

② あしたのクラウド


業種業態を問わず、トータル3,000社以上のクライアントに導入されています。目標設定、面談、評価、査定など評価フローの全てを一元管理できるのはもちろんのこと、評価データの分析機能も充実しています。

大きな魅力な所は、クライアントに寄り添う中長期的なサポートを選べる点です。フルプランでは、クライアント自身が評価制度を運用できるようになることを念頭に置き、目標シート案の作成から報酬体系の設計、社員への説明会実施、面談まで定期ミーティングでトータルにサポートします。システムサポートでは、活用のための無料の勉強会やヘルプデスクを用意しています。

③ Talent Palette


特徴は国内トップクラスの豊富な機能です。ドラッグ&ドロップで操作できる人事異動シミュレーターやリアルタイムフィードバックのための評価設定・ワークフロー、組織分析などを標準搭載しており、人事労務のあらゆるニーズをカバーします。

中でも分析機能はユーザーの間でも評価が高く、独自のテキストマイニング技術によってアンケート回答などから社員のモチベーションやキャリア志向を多角的に捉え、人事異動が事業全体に与える影響を視覚化して表示します。より戦略的なHRマネジメントに取り組んでいきたい企業にとっては非常に頼れるツールになるはずです。

④ カオナビ


カオナビは、顔写真を用いて直感的に社員情報を把握できる人事評価システムです。顔写真を見ながら管理できるのが特徴です。紙やエクセルでの煩雑な評価管理から脱却し、効率的な評価運用が可能になります。

目標管理や360度評価、OKRなどさまざまな評価制度に対応しており、項目もドラックアンドドロップで簡単にカスタマイズできます。また評価の進捗管理・一覧確認も可能。顔写真を軸に、過去の評価履歴やスキル・能力などの人材情報の一元管理できる点も特徴です。

⑤ jinjer人事


何より大きな魅力はコストパフォーマンスの高さです。社員1人あたり月額500円からの料金で、人材データベース、ダッシュボード、入社処理といった機能を利用できます。サーバー代などの初期費用・追加費用は一切かかりません。加えて、スピーディーに導入できるのも特徴の1つです。公式サービスサイトの登録フォームに会社名やメールアドレスといった必要最小限の情報を入力するだけで、最短その日のうちから利用スタートできます。

人事評価システムの選定ポイントとは?

費用対効果を十分に検討する

人事評価システムの料金は概ね月額数万円~となっており、他サービスの料金と比較すると比較的高価なものが多いため、導入前に費用対効果を十分検討する必要があります。できれば複数システムについて無料トライアル期間等で実際の操作感を確認した後、しっかりと一度運営会社に見積を依頼することが大事になってきます。

使い勝手を確認する

人事評価システムとして必須となるのは、従業員一人一人のプロフィールを人事担当者が正しく共有・把握できることです。そのため、プロフィール情報の表示内容と検索機能については、その性能と使い勝手を事前に十分確認することが重要になります。システム導入前には運営会社に、強力なセキュリティ管理の中で運用可能かを確認しておきましょう。

自社の課題に合った機能が搭載されている

人事評価システムの運用方法は企業によって異なり、昇格審査や人事配置など重視するポイントで必要となる機能は違ってきます。ツールを選ぶ前に企業として重視したいポイントを明確にすることが重要です。

セキュリティ面に強く、サポート体制が充実している

クラウド人事評価システムは外部サーバーのクラウドで個人情報を管理しているので、セキュリティ面でも安心できるか確認しておきましょう。具体的な確認方法は、サービス運営会社がISO27001(情報セキュリティマネジメント)やプライバシーマークの認証を取得しているかを見るといいです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、事評価システムについてや導入するメリット、おすすめの人事評価システムをご紹介しました。

会社の従業員にとって、きちっとした評価を貰う事が仕事に対するモチベーションの1つでもあります。社員の人数が多くなり、ある程度組織になってくると1人1人を見ることが出来なくなり、評価が疎かになってしまいます。会社は「人財」です。モチベーションを上げ、正当な評価をする為にも、人事評価システムの導入を検討してみることをおすすめします

よく詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます