会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

経営者なら知っておきたい『資金繰り表』の作成方法について解説


会社を経営をしていく上で、切っても切り離せないのが資金繰りの管理です。資金繰りを管理するためにポイントとなるのが資金繰り表の作成です。

今回は、資金繰り表の作成方法について解説していきます。

そもそも資金繰りとは?

資金繰りとは、経費などの支払いに対応できるよう会社に入ってくるお金と出ていくお金の管理を行い、資金の流れをコントロールしていくことを指します。

ここでいう資金とは、現金、預金、有価証券など、会社としてすぐに支払いに利用できるものを指します。同じ預金でも、すぐに解約する事ができない定期預金や現金化に時間のかかる不動産や設備は資金には含まれません。これらは、資産に該当します。

資金は、会社にとっての血液や空気に例えられますが、資金の流れが止まってしまうと会社は生きることができずに、倒産することになります。経営者は、仕入れ・支払いのための現金、社員の給与、売掛金の回収など、社内のお金の出入りを把握し、支払いがスムーズにできるよう資金繰りを行っていかなければなりません。

資金繰りは、経営者にとって非常に重要な業務です。 理想的な資金繰りのために、本業による売上で生み出された資金を新たな事業に投資し、将来さらなる資金を生み出すというスパイラルを作る事ができれば、理想的な資金繰りを行うことができます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

「資金繰り表」を作らない場合のデメリットとは

資金繰り表を作らない場合、以下経営上のデメリットが発生します。

  • 「いつ会社の資金がショートしてしまうのか?」わからない
  • 「いつ、どのくらいの入金があるのか?」わからない
  • 「どのくらいの資金借入が必要なのか?」わからない
  • 「資金がショートしないためにはどのくらいの売上が必要なのか?」わからない
  • 銀行の融資担当者からの資金繰りの質問に明確に答えられない
  • 銀行融資を受けるときの必要書類がない
  • 黒字倒産のリスクがある       など

資金繰り表の作成方法

実際に以下の表を参考に資金繰り表を作成してみましょう。用意するものとして、資金繰り表を作るために最低限必要となるのは、以下の2つです。

  • Excelのインストールされたパソコン
  • あなたの会社の月次試算表

現在は、資金繰り表がダウンロード出来るサイトなどありますが、とりあえずは、これだけで結構です。では具体的に表を使って作成方法を説明していきます。


1.前月繰り越し①
前月から繰り越された、現預金残高の合計額を記入。

2.営業収支④(②-③)
営業活動に直接関係するお金の出入りを記入。
営業収入②:現金での売上げ、売掛金の回収、手形の取立・割引など、営業活動で入ってきたお金を記入。
営業支出③:現金での仕入、買掛金の支払、手形の決済、人件費の支払、その他経費の支払、税金の支払など、営業活動で支払ったお金を記入。

3.財務収支
営業活動と直接関係のないお金の出入りを記入。基本的に資金調達とその返済になります。
財務収入⑤:金融機関からの借入、株式の発行、固定資産の売却収入など営業活動と直接関係のないお金の入りを記入。
財務支出⑥:借入金の返済、配当金の支払、固定資産の購入など営業活動とは直接関係のないお金の出を記入。

4.経常収支⑦(④+⑤-⑥)
営業活動からの収支に財務収支を差引したものであり、今月の収支を表しています。

5.翌月繰越⑧(①+⑦)
前月の繰越現預金残高と、今月の収支を足したものが、翌月に繰り越されていきます。翌月に繰越される現預金残高と必ず一致します。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

資金繰りの見るべきポイントとは?

これまで作成方法をお伝えしましたが、では作成した表の中で、どのポイントを確認することが重要なのでしょうか?それは「財務収支」「経常収支」です。

財務収支

まさに企業の財務上の入出金ですが、この財務収支のマスナス金額が「経常収支」を上回る状態が続くと、手元の現預金は、時間の経過と伴に減少して行きます。財務収支の主なプラス要因は社外からの資金調達で、金融機関等からの「融資借入」などが主になります。反対にマイナス要因は融資返済などです。

経常収支

企業の「入金額」から「出金額」を差し引いた金額なので、こちらが仮にマイナスで、しかもそれが続いているとしたら問題になります。「赤字」を疑ったり、「回収・支払」期間や方法の見直しが必要になるでしょう。

まずは「経常収支」と「財務収支」の意味が理解しましょう、理解できていないと、手許資金が減少して行く状況を見て「赤字で大変だ!」という感覚に襲われてしまいます。

まとめ


資金繰り表は、自社の作成方法が固まるまでは試行錯誤を繰り返す必要がありますが、ポイントを押さえたうえで、作成方法がルール化できれば、簡単に作成することが可能となります。資金の流れをきっちり管理するために、ぜひトライしてみてください。

よく詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます